花と蛇とは?

花と蛇

原題:
製作国:日本
製作年:1974
配給:日活
スタッフ
監督:小沼勝 コヌママサル
製作:松岡明 マツオカアキラ
原作:団鬼六 ダンオニロク
脚本:田中陽造 タナカヨウゾウ
企画:五味春雄 ゴミハルオ
撮影:安藤庄平 アンドウショウヘイ
音楽:真鍋理一郎 マナベリイチロウ
美術:横尾嘉良 ヨコオヨシナガ
編集:鈴木晄 スズキアキラ
録音:片桐登司美 カタギリトシミ
スチール:浅石靖 
助監督:鴨田好史 カモダコウジ
照明:木村誠作 キムラセイサク
キャスト(役名
谷ナオミ タニナオミ (遠山静子)
坂本長利 サカモトチョウリ (遠山千造)
石津康彦 イシヅヤスヒコ (片桐誠)
藤ひろ子 フジヒロコ (片桐美代)
あべ聖  (ハル)
八代康二 ヤシロコウジ (課長
高橋明 タカハシアキラ (緊縛師
解説
SM作家団鬼六同名小説映画化したもので、性倒錯妖しい世界アブノーマルSEXを描く。脚本は「実録エロ事師たち・巡業花電車」の田中陽造監督は「ロスト・ラブ/あぶら地獄」の小沼勝撮影は「巡業花電車」の小沼勝それぞれ担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
大人の玩具店を経営している美代は、終戦当時G・Iたちを相手肉体を売って、一人息子の誠を育てあげた。今では一流会社勤務している誠だが、幼い頃、母を抱いていたG・I拳銃殺し以来勃起不能になり、わずかに女の緊縛写真眺めては自慰でまぎらわせていた。ある日、誠は社長遠山千造の自宅に呼ばれた。千造は誠母子のことを調べていて、最近千造の欲求拒む妻の静子を縛って教育してくれ、というのだった数日後手筈通り、誠は悪酔いした静子を自分部屋に連れ込みベッド縛りつけた。眼を覚ました静子は抗議するが、千造のいいつけだと聞いて呆然とする。彼女の着物を剥ぎ取った誠は執拗に責め始めた。初め悲鳴上げていた静子だが、次第恍惚にのたうちはじめていた。興奮した誠は思わず彼女を抱いてしまった。誠の不能回復したのだ。こうして誠の飼育によってマゾの快感覚えた静子を、誠は千造に返そうとはせず、自分玩具のように可愛いがるのだった

花と蛇

原題:
製作国:日本
製作年:2003
配給:東映
スタッフ
監督:石井隆 イシイタカシ
プロデューサー:清水一夫 シミズカズオ
原作:団鬼六 ダンオニロク
脚本:石井隆 イシイタカシ
企画:石井隆 イシイタカシ

松田仁 マツダヒトシ
撮影:佐藤和人 サトウカズト

小松高志 コマツタカシ

柳田裕男 ヤナギダヒロオ
音楽:安川午朗 ヤスカワゴロウ
音楽プロデューサー:石川光 イシカワコウ
美術:山崎輝 ヤマザキヒカル

高橋俊秋 タカハシトシアキ

鈴木隆之 スズキタカユキ

宮原啓輔 ミヤヒラケイスケ
編集:村山勇二 ムラヤマユウジ
衣装(デザイン):南啓太 ミナミケイタ

春原香代 ハルハラカヨ
録音:北村峰晴 キタムラミネハル
スクリプター:田中小鈴 タナカコスズ
スチール:寺川真嗣 テラカワシンジ
音響効果:中村佳央 

勝亦さくら カツマタサクラ
その他:橋本寛 ハシモトヒロシ

守屋丈人 モリヤタケヒト

佐藤隆彦 サトウタカヒコ

G―スタジオ ジースタジオ

鹿角剛 シカヅノツヨシ

有末剛 アリスエツヨシ

早乙女宏美 サオトメヒロミ
照明:安河内央之 ヤスコウチヒロユキ
キャスト(役名
杉本彩 スギモトアヤ (遠山静子)
野村宏伸 ノムラヒロノブ (遠山隆義)
石橋蓮司 イシバシレンジ (田代一平
遠藤憲一 エンドウケンイチ (森田幹造)
未向 ミサキ (野島京子
伊藤洋三郎 イトウヨウザブロウ (ピエロの男)
山口祥行 ヤマグチヨシユキ (江口亮
中山俊 ナカヤマシュン (川田一夫
小林滋央 コバヤシ
松田直樹 マツダナオキ
八下田智生 ヤゲタトモキ
寺島進 テラジマススム
飯島大介 イイジマダイスケ
有末剛 アリスエツヨシ
卯月妙子 ウヅキタエコ
川原京 カワハラミヤコ
ブレイク クロフォード ブレイク クロフォード 
ミスターブッタマン ミスターブッタマン
解説
夫の裏切りによって、SMショウ生贄にされてしまった美貌令夫人の姿を描いた官能ドラマ監督は「TOKYO G.P.」の石井隆。5回目の映画化となる団鬼六同名長篇を基に、石井監督自ら脚本執筆撮影を「行動隊長伝 血盟」の佐藤和人小松高志、「白い船」の柳田裕男担当している。主演は「ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET ムサシ 13少年編」の杉本彩
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
遠山ビルディング社長遠山隆義の妻にして、世界的タンゴ・ダンサーでもある静子は、彼女を我が物にしようと企むフィクサー田代奸計まんまとはめられた夫の裏切りで、各界セレブ会員集う円形コロシアム生贄として差し出される。そこで、夜な夜な繰り広げられるSM殺人ショウスタア仕立て上げられるべく、様々な地獄責めを受けることとなる静子。しかし、初めこそ抵抗試みるも、ボディガード京子が彼らの毒牙かかったと知ると、流石の彼女も屈服するほかなかった。客の前で辱められ、その客たちにも凌辱されていく。そして、ショウ締めくくりは田代自ら彼女の肉体堪能するのだ。だが、齢95田代腹上死。隙を見てコロシアム逃げ出した静子は、迎えに来た夫に向けて銃爪を引く。悪い夢終止符を打つ為に

花と蛇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/04 05:47 UTC 版)

花と蛇』(はなとへび)は、団鬼六によるSM小説官能小説)。幾度となく映画化されている。


  1. ^ 龍之巣参照







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「花と蛇」の関連用語

花と蛇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



花と蛇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの花と蛇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS