アンデパンダン展とは?

アンデパンダン展

読み】:アンデパンダンテン
【英】:SALON DES ARTISTES INDEPENDANTS

1884年の春、スーラシニャックルドンギヨーマンなどを含むフランスの反アカデミズム画家サロン落選画家たちが独立芸術家集団組織同年夏に改組独立芸術家協会(Societes des Artistes Independants)を結成し、年末に第1回展を開催。その目的は、所定会費を払えば誰でも出品できる鑑査機構なしの展覧会組織することにあった。アンリ・ルソーゴッホロートレックセザンヌマティス等もしばしば出品するなど、印象派より若い世代画家多くがこの展覧会関連し、20世紀初めまで重要な美術動向舞台となった。我が国においても、第2次大戦前に童心芸術社と二科展主催のものがあったが、1946年日本美術会設立され、民主的立場に立った日本アンデパンダン展を開催。これとは別に1949年読売新聞社主催同名展覧会開始され、しばらくは並例して進んだが読売アンデパンダン改め63年ダダ化が進むなかで中止に至る。

アンデパンダン展

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/29 02:15 UTC 版)

アンデパンダン展(アンデパンダンてん、Salon des indépendants)は、無審査・無賞・自由出品を原則とする美術展であり[1][2][3]1884年フランスパリで初めて開催され、その後、世界中に広がった。各国にも影響を与えており、パリの同展の形態を理想とした、別組織による同じアンデパンダンの名を冠した独自の展覧会が日本など世界各国で開催されるようになった。現在は、それら他国の展覧会と区別するため、パリのアンデパンダン展についてはパリ・アンデパンダン展と表記されている。パリ・アンデパンダン展は、現在世界中で開催されている諸派の垣根を越えたアーティスト達によって行われる無審査大型展としては最も早く誕生した歴史的な美術展覧会。


  1. ^ a b Histoire du Salon des Indépendants” (フランス語). Salon des Indépendants. 2020年3月29日閲覧。
  2. ^ 日本美術会ホーム”. www.nihonbijyutukai.com. 日本美術会. 2020年3月29日閲覧。
  3. ^ アンデパンダン展” (日本語). コトバンク. 2020年3月29日閲覧。


「アンデパンダン展」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アンデパンダン展」の関連用語

アンデパンダン展のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アンデパンダン展のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2020
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアンデパンダン展 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS