整備事業とは? わかりやすく解説

整備事業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/06 00:47 UTC 版)

栃木県道31号栃木小山線」の記事における「整備事業」の解説

路線小山市内はほぼ全線都市計画道路 3・3・3小山栃木都賀線となっており、現在高規格化に向けて整備事業が進められている。このうち小山市立木4車線化工事進められており、当初2009年平成21年春に開通予定であったが、用地買収難航等により立木工区完成2012年平成24年3月21日へと大幅に遅れた。なお、立木工区以北栃木県道33号小山環状線までのバイパス部(卒島工区:L=1,100m)が平成21年度着工し2016年平成28年3月開通予定である

※この「整備事業」の解説は、「栃木県道31号栃木小山線」の解説の一部です。
「整備事業」を含む「栃木県道31号栃木小山線」の記事については、「栃木県道31号栃木小山線」の概要を参照ください。


整備事業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/10 16:26 UTC 版)

自転車道」の記事における「整備事業」の解説

1973年大規模自転車道整備事業が始まり一般にサイクリングロード呼ばれる道路の建設緒につく。翌1974年には、建設省都市局長・道局長通達自転車道等の設計基準」が出され詳し仕様が固まる。 道路交通法1970年1978年改正自転車歩道通行認められうやむやのうちに一般化する一方歩行者との共用でない自転車道などの通行空間整備は、「我が国道路状況において……容易ではない」ことを理由に「十分と言い難い状況今日まで続いている

※この「整備事業」の解説は、「自転車道」の解説の一部です。
「整備事業」を含む「自転車道」の記事については、「自転車道」の概要を参照ください。


整備事業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 21:28 UTC 版)

メンテナンス」の記事における「整備事業」の解説

整備を行う事業のことを整備事業といい、以下の用法使用される

※この「整備事業」の解説は、「メンテナンス」の解説の一部です。
「整備事業」を含む「メンテナンス」の記事については、「メンテナンス」の概要を参照ください。


整備事業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 08:38 UTC 版)

首都圏氾濫区域堤防強化対策」の記事における「整備事業」の解説

関係市町村は、埼玉県深谷市熊谷市行田市羽生市加須市久喜市幸手市杉戸町春日部市松伏町吉川市茨城県五霞町

※この「整備事業」の解説は、「首都圏氾濫区域堤防強化対策」の解説の一部です。
「整備事業」を含む「首都圏氾濫区域堤防強化対策」の記事については、「首都圏氾濫区域堤防強化対策」の概要を参照ください。


整備事業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/07 18:33 UTC 版)

瑞穂大橋」の記事における「整備事業」の解説

旧橋架橋から46年経過し交通量増加等による老朽化高潮対策必要とされる桁下高が確保されておらず防災上の問題抱えていた。 その現状改善するため東京都瑞穂大橋整備事業により、架替工事2006年平成18年)に着工された。 新橋旧橋下流側架設された。2011年平成23年1月29日完成し2月13日新橋交通切り替えた旧橋2012年平成24年5月撤去された。

※この「整備事業」の解説は、「瑞穂大橋」の解説の一部です。
「整備事業」を含む「瑞穂大橋」の記事については、「瑞穂大橋」の概要を参照ください。


整備事業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 08:45 UTC 版)

紫川」の記事における「整備事業」の解説

1990年に「紫川マイタウン・マイリバー整備事業」が開始され100年1回大雨耐えられるような治水進めと同時に道路公園市街地整備などを一体的整備していった。この1990年代紫川整備の目的1つとして、北九州市ヒートアイランド現象対策1つで、玄界灘から吹き込む海風を、効率良く市街地へと流入させる意図もあった。2000年には同事業の中核施設として、川・自然・環境について理解を深めるための場として、北九州市水環境館が開館した紫川架かる紫川大橋海の)」は手づくり郷土賞平成6年度(ふるさと紹介する道)受賞このほか洲浜ひろば」で平成10年受賞紫川周辺賑わいづくり「遊びにおいで紫川!」で平成15年度(地域活動部門受賞

※この「整備事業」の解説は、「紫川」の解説の一部です。
「整備事業」を含む「紫川」の記事については、「紫川」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「整備事業」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

整備事業のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



整備事業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの栃木県道31号栃木小山線 (改訂履歴)、自転車道 (改訂履歴)、メンテナンス (改訂履歴)、首都圏氾濫区域堤防強化対策 (改訂履歴)、瑞穂大橋 (改訂履歴)、紫川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS