チラリズムとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > チラリズムの意味・解説 

チラリズム

ふとした拍子一瞬ちらりと見えるという状況に強い色気官能的魅力感じ性向、またはそれを至上とする考え方。「ちらり」に「イズム」を組み合わせた語。秘部が隠されておらずバッチリ見える「モロ見え」よりも、ちらりと見えるくらいのほうが風情感じるとする嗜好がある。見え対象によりパンチラブラチラ胸チラなどがある。

チラリズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/19 16:33 UTC 版)

チラリズムとは、全裸や性器の露出といった直接的な性的アプローチではなく、 時間的もしくは空間的な制約の中で、偶発的に目に入る下着や素肌などが醸し出す淡い色気の方に興奮する性的嗜好を指す。




「チラリズム」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「チラリズム」の関連用語

チラリズムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



チラリズムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチラリズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS