却下とは?

きゃっ‐か〔キヤク‐〕【却下】

[名](スル)

願い出などを退けること。「願書を却下する」

裁判所官庁などの国家機関が、訴訟上の申し立て申請などを取り上げないで排斥すること。民事訴訟では、訴え内容審理しないで不適法として門前払いすることをいい、棄却区別される。「保釈請求を却下する」→棄却


却下

不適法手続申立て請求などを退けること。代表的なものとしては、補正却下審判請求書の決定却下などがある。


却下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/05 13:54 UTC 版)

却下(きゃっか)とは、申立てや提案などを受け付けないことを一般に意味する。様々な制度で用いられるが、日本における法律用語としては、裁判所や審判機関が請求や申し立てを拒否する方式の1つを指す。以下では日本における法律用語としての却下について記載する。




「却下」の続きの解説一覧

却下

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 09:12 UTC 版)

名詞

きゃっか

  1. 申請訴えなどを不適法として、取り上げないこと。
  2. 法律日本裁判、特に民事裁判において、手続き不備当事者適格欠如訴えの利益がない、管轄審級異なるなどの理由により、事実など実体判断をせずに裁判打ち切ること。

発音

きゃっ↘か

関連語

翻訳




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「却下」の関連用語

却下のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



却下のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
特許庁特許庁
Copyright © Japan Patent office and INPIT. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの却下 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの却下 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS