オーケストラ・ピットとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 場所 > オーケストラ・ピットの意味・解説 

オーケストラ‐ピット【orchestra pit】

読み方:おーけすとらぴっと

オーケストラボックス」に同じ。


オーケストラ・ピット<ステージ用語>

バックオーケストラを伴う場合通常舞台より一段下がった位置設けたり簡単な柵で囲ったりする。そのエリアのこと。略してオケ・ピットとよばれることもある。

歌劇場

(オーケストラ・ピット から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/13 10:09 UTC 版)

歌劇場(かげきじょう)は、オペラ及びバレエの上演を目的とする劇場オペラハウスとも呼ぶ[1]


  1. ^ a b 『建築大辞典 第2版 普及版』彰国社 p.261 1993年


「歌劇場」の続きの解説一覧

オーケストラ・ピット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 05:33 UTC 版)

バイロイト音楽祭」の記事における「オーケストラ・ピット」の解説

バイロイト祝祭劇場大きな特徴一つが、この劇場のオーケストラ・ピットにある。ピット指揮台から階段状舞台下に下っていく構造になっており、客席からオーケストラはまった見えない。これには、客席オーケストラからの音が直接届かないため、歌手言葉がよく聞こえるという利点と、譜面台ライト隠して完全な暗闇作れるという二つ利点がある。しかも通常の歌劇場とは違い客席からは指揮者すら見ることが出来ない。つまり指揮者入場拍手すらなく、暗闇中から音楽鳴り始まるため、観客視覚惑わされることなく音楽だけに集中することになる。また、歌手オーケストラ旋律がよく聞こえるようにする工夫として、第1ヴァイオリンが普通とは逆の客席から見て右側に座る。 上述のように、上演中劇場内はかなりの高温になる場合があるため、オーケストラメンバーTシャツ短パンといったラフな姿が多くピット最下段にいる打楽器奏者いたって半裸に近い姿になることもある。指揮者同様にくだけた服装のままのことが多いが、彼らは終演舞台挨拶に出るために、急いで正装着替えなければならない(ただし最近は指揮者のみが正装で挨拶出ている)。 ヴァイオリニストの眞峯紀一郎は、その独特な形状音響について、演奏家立場から次のように説明している祝祭歌劇場ピットでは、オーケストラの音がまず「反響板」にぶつかり(この反響板が、聴衆からオーケストラ指揮者を隠す“覆い”にもなっています)、そこに反射した音が舞台届きます。ですから、歌手たちが舞台で聞く音は、我々が弾いたタイミングよりワンテンポ遅れているのです。そのためオーケストラは、舞台から聞こえてくるに合わせるのではなく指揮者の棒に対して忠実に演奏しなければなりません。

※この「オーケストラ・ピット」の解説は、「バイロイト音楽祭」の解説の一部です。
「オーケストラ・ピット」を含む「バイロイト音楽祭」の記事については、「バイロイト音楽祭」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「オーケストラ・ピット」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



オーケストラ・ピットと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

オーケストラ・ピットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オーケストラ・ピットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2022 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの歌劇場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのバイロイト音楽祭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS