主旨とは? わかりやすく解説

しゅ‐し【主旨】

読み方:しゅし

考え・文章・話などの、中心となる事柄主意。「論文の―をつかむ」


主旨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/22 23:39 UTC 版)

エジプト・イスラエル平和条約」の記事における「主旨」の解説

この条約の主旨は、 相互国家承認 1948年以来続く中東戦争休戦 1967年六日間戦争占領したシナイ半島からのイスラエル軍及び入植者段階的撤退1982年完了返還後シナイ半島におけるエジプト軍兵力規模および活動地域制限国連平和維持軍駐留後述であったまた、スエズ運河におけるイスラエル船舶の自由航行と、チラン海峡アカバ湾国際水路として認めることが規定された

※この「主旨」の解説は、「エジプト・イスラエル平和条約」の解説の一部です。
「主旨」を含む「エジプト・イスラエル平和条約」の記事については、「エジプト・イスラエル平和条約」の概要を参照ください。


主旨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 14:05 UTC 版)

アジアエージグループ選手権」の記事における「主旨」の解説

競技力の向上と各国スイマーとの友好深め国際親善寄与する

※この「主旨」の解説は、「アジアエージグループ選手権」の解説の一部です。
「主旨」を含む「アジアエージグループ選手権」の記事については、「アジアエージグループ選手権」の概要を参照ください。


主旨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 00:01 UTC 版)

浄化槽設備士」の記事における「主旨」の解説

浄化槽法42第1項第二号に規定する浄化槽工事に関して必要な知識及び技能に関する講習で、浄化槽設備士に係る講習等に関する省令第14条に基づき国土交通大臣及び環境大臣より当教育センター指定講習機関として指定され実施するものです

※この「主旨」の解説は、「浄化槽設備士」の解説の一部です。
「主旨」を含む「浄化槽設備士」の記事については、「浄化槽設備士」の概要を参照ください。


主旨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 20:08 UTC 版)

日本列島改造論」の記事における「主旨」の解説

日本列島改造論』には、日本列島高速道路新幹線本州四国連絡橋などの高速交通網で結び、地方工業化促進し過疎過密問題公害問題同時に解決する、などといった田中持論が、イタリアアメリカの例引いて展開されている。 国土のうち、北部工業地帯に、南部農業地帯すべきであるという主張日本の現状は逆)には、田中出身地選挙地盤新潟県中越地方、特にその中都市の長岡市が日本の北部にあるという状況に起因する考えられている。豪雪地帯貧困解消田中悲願だった。また、電力事業における火力発電から原子力発電への転換についても言及されている。

※この「主旨」の解説は、「日本列島改造論」の解説の一部です。
「主旨」を含む「日本列島改造論」の記事については、「日本列島改造論」の概要を参照ください。


主旨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/11 06:06 UTC 版)

重要里地里山」の記事における「主旨」の解説

日本の原風景一つといわれる里地里山里地里山は、長い時間をかけて人々自然と寄り添いがらつくりあげてきた自然環境です。我が国では、そうした環境より身近な存在であったことから特有の文化豊かな感性育まれきました田んぼ小川原っぱ、うら山など、人々がくらし、集い草花昆虫などさまざまな生きものたちが、あたりまえにそばにいる空間日本には、まだまだそんな里地里山がたくさ残されています。 環境省では、さまざまな命を育む豊かな里地里山を、次世代残していくべき自然環境一つであると位置づけ、「生物多様性保全上重要な里地里山(略称「重要里地里山」)」(500箇所)を選定しました。選定された「重要里地里山」は、地域におけるくらしや営み保全活動等の取組を通じて守られてきた豊かな里地里山広く国民みなさま知ってもらうためのものですまた、地域における農産物等のブランド化観光資源などにも、広く活用できるものと考えています。 — 環境省HP

※この「主旨」の解説は、「重要里地里山」の解説の一部です。
「主旨」を含む「重要里地里山」の記事については、「重要里地里山」の概要を参照ください。


主旨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/01 02:49 UTC 版)

釜ヶ崎「寄ってき」まつり」の記事における「主旨」の解説

釜ヶ崎面白事をするから、出演者スタッフ労働者一緒に楽しもう」 という程度ものです。 只、 そこから発生する釜ヶ崎」と「釜ヶ崎をあまり知らない人」とのコミュニケーション偏ったイメージ見られがちな「釜ヶ崎明るく親しみやすい部分体感して貰う場」に出来るように願っていますボランティア慰問ではありません

※この「主旨」の解説は、「釜ヶ崎「寄ってき」まつり」の解説の一部です。
「主旨」を含む「釜ヶ崎「寄ってき」まつり」の記事については、「釜ヶ崎「寄ってき」まつり」の概要を参照ください。


主旨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/28 08:14 UTC 版)

国宝・彦根城築城400年祭」の記事における「主旨」の解説

1607年慶長12年)の彦根城天守閣完成から、2007年平成19年)は400年目にあたり、彦根市記念行事企画策定

※この「主旨」の解説は、「国宝・彦根城築城400年祭」の解説の一部です。
「主旨」を含む「国宝・彦根城築城400年祭」の記事については、「国宝・彦根城築城400年祭」の概要を参照ください。


主旨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/29 02:54 UTC 版)

借地非訟事件」の記事における「主旨」の解説

土地賃貸借契約において、借地借家法に基づき借地条件変更等の問題生じたときに、これらに関する紛争予防して将来にわたり契約当事者利害損失調整し裁判所賃貸人承諾にかわる許可を与えるの手続きである。借地借家法第17条から第21条規定されているが、この部分は、旧借地法適用があった時期平成4年7月31日まで)に設定された借地権についても一部第18条)を除き適用される。 まず、どこの管轄裁判所申し立てればよいかを調べるが、借地存在地域管轄する地方裁判所となる(借地借家法41条)。ただし、当事者合意がある場合簡易裁判所申し立てることができる。ちなみに東京23区島しょ部は、東京地方裁判所民事第22部)に申し立てることになる。申し立ての方法としては、申立書必要書類提出して行うことになる。これは、弁護士司法書士ではなく一般人自身申立てをすることも可能である申立て受理されると、事件審理手続きが始まる。一般事件違い非訟事件のため審問期日指定される第1回審問期日は、1カ月から2カ月弱の日が指定されることが多くその後1カ月程度間隔をおいて期日繰り返すこととなる。この過程において、和解斡旋が行われることがも少なくなく、理由として長期にわたる信頼関係裁判所決定ではなく話し合い解決した方が望ましいためである和解出来ない場合裁判所決定出して解決することになる。 訴訟事件終局的な判断について判決という形式採用し、それに対する不服申立て控訴上告又は上告受理申立てという形式を採るが、借地非訟事件決定という簡略な形式裁判により行い、それに対する不服申立て抗告という形式を採る。

※この「主旨」の解説は、「借地非訟事件」の解説の一部です。
「主旨」を含む「借地非訟事件」の記事については、「借地非訟事件」の概要を参照ください。


主旨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 02:17 UTC 版)

河野談話の白紙撤回を求める市民の会」の記事における「主旨」の解説

河野談話完全に根拠のない政治的妥協産物であり、特定アジアへの追従である」として、河野談話撤回米国慰安婦決議案への対抗自虐史観から脱却することを目的に、署名行動呼びかけている。 会のウェブサイトでは、河野談話は「国内外良識による調査研究結果事実誤認であると既に結論付けられている」としている。

※この「主旨」の解説は、「河野談話の白紙撤回を求める市民の会」の解説の一部です。
「主旨」を含む「河野談話の白紙撤回を求める市民の会」の記事については、「河野談話の白紙撤回を求める市民の会」の概要を参照ください。


主旨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 02:24 UTC 版)

全日本中学生・高校生管打楽器ソロコンテスト」の記事における「主旨」の解説

人間個人有する才能は、国籍年齢性別、などに関係なく個人特有のものである。その能力競い競い合い中から向上する道を見出すことがコンテストの主旨となる。

※この「主旨」の解説は、「全日本中学生・高校生管打楽器ソロコンテスト」の解説の一部です。
「主旨」を含む「全日本中学生・高校生管打楽器ソロコンテスト」の記事については、「全日本中学生・高校生管打楽器ソロコンテスト」の概要を参照ください。


主旨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/18 10:09 UTC 版)

井伊直弼と開国150年祭」の記事における「主旨」の解説

2008年平成20年)は、井伊直弼1858年7月29日旧暦安政5年6月19日)に日米修好通商条約締結して150年目にあたるため、彦根市記念行事企画策定した

※この「主旨」の解説は、「井伊直弼と開国150年祭」の解説の一部です。
「主旨」を含む「井伊直弼と開国150年祭」の記事については、「井伊直弼と開国150年祭」の概要を参照ください。


主旨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/19 10:14 UTC 版)

NST土曜スペシャル」の記事における「主旨」の解説

NSTサービス放送開始時から1981年3月31日までフジテレビ日本テレビNETテレビ朝日トリプルネット局であり、加えて東京12チャンネル(現・テレビ東京)の番組積極的に放送していた。ただ前期の通りトリプルネット局番組編成上、フジテレビの『火曜ワイドスペシャル』、日本テレビの『木曜スペシャル』、テレビ朝日の『水曜スペシャル』等の同時ネットができなかったため、それらの単発特別番組番組単位購入して放送するものとしてこの設けられた。なお、場合によっては上記3局の別特別番組や、東京12チャンネル特別番組東京キー局からの同時ネット特別番組や、ローカルの特別番組放送することもあった。

※この「主旨」の解説は、「NST土曜スペシャル」の解説の一部です。
「主旨」を含む「NST土曜スペシャル」の記事については、「NST土曜スペシャル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「主旨」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

主旨

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 03:43 UTC 版)

名詞

(しゅし)

  1. 文章話題最も中心となる事柄

関連語

翻訳


「主旨」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「主旨」の関連用語

主旨のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



主旨のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのエジプト・イスラエル平和条約 (改訂履歴)、アジアエージグループ選手権 (改訂履歴)、浄化槽設備士 (改訂履歴)、日本列島改造論 (改訂履歴)、重要里地里山 (改訂履歴)、釜ヶ崎「寄ってき」まつり (改訂履歴)、国宝・彦根城築城400年祭 (改訂履歴)、借地非訟事件 (改訂履歴)、河野談話の白紙撤回を求める市民の会 (改訂履歴)、全日本中学生・高校生管打楽器ソロコンテスト (改訂履歴)、井伊直弼と開国150年祭 (改訂履歴)、NST土曜スペシャル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの主旨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS