ヘンリク・ヴィエニャフスキとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ヘンリク・ヴィエニャフスキの意味・解説 

ヘンリク・ヴィエニャフスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/15 07:48 UTC 版)

ヘンリク・ヴィエニャフスキ
基本情報
出生名 Henryk Wieniawski
生誕 (1835-07-10) 1835年7月10日
出身地 ロシア帝国ルブリン
死没 (1880-03-31) 1880年3月31日(44歳没)
ロシア帝国モスクワ
学歴 パリ音楽院
ジャンル ロマン派音楽
職業 ヴァイオリニスト作曲家

ヘンリク・ヴィエニャフスキ[1]ポーランド語: Henryk Wieniawski, 1835年7月10日 - 1880年3月31日モスクワ)は、ポーランドヴァイオリニスト作曲家ルブリン出身。

経歴

ユダヤ人の家系だが、父ヴォルフ・ヘルマン(Wolf Helman)が医師になる際にユダヤ教からカトリックに改宗してトビアシュ・ピェトルシュカ(Tobiasz Pietruszka)と改名し、住所にちなんで姓を「ヴィエニャフスキ」と改めた。

8歳でパリ音楽院に入学し、13歳で独立した演奏家として広く欧米を巡演した。1874年から1877年までブリュッセル王立音楽院教授として教育活動に従事した。晩年は肥満と心臓病に苦しみ、1880年、療養先のモスクワで客死。

1935年には彼の生誕100年を記念して、現在でもヴァイオリニストの登竜門として知られるヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクールが創設された。1957年ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン製作コンクールが創設された。

家族・親族

弟のユゼフ・ヴィエニャフスキピアニスト作曲家として活躍。時に共演した。

作曲作品について

驚異的な技巧と情熱による華麗な演奏が知られ、その作品もまたスラヴ的情緒と名人芸的要素により今日なお愛されている。

作品

ヴァイオリン・管弦楽の曲

  • ヴァイオリン協奏曲第1番嬰ヘ短調 Violin concerto No.1 Op.14
  • ヴァイオリン協奏曲第2番ニ短調  Violin concerto No.2 Op.22
  • 華麗なるポロネーズ第1番ニ長調 Polonaise brillante (Polonaise de Concert) No.1 Op.4 
  • 物語(伝説曲) Légende Op.17
  • 「ファウスト」による華麗なる幻想曲 Fantasie brillante sur "Faust" Op.20
  • 華麗なるポロネーズ第2番イ長調 Polonaise brillante No.2 Op.21

ヴァイオリン曲

  • クヤヴィヤーク「ポーゼンの思い出」Kuýawiak "Souvenir de Posen" Op.3
  • 悲歌的アダージョ Adagio élégiaque Op.5
  • モスクワの思い出 Souvenir de Moscou Op.6
  • カプリッチョ・ワルツ(奇想円舞曲) Capriccio-valse Op.7
  • ポロネーズ大二重奏曲 Grand Duo Polonaise Op.8(弟のユゼフ・ヴィエニャフスキとの共作)
  • 新しい手法 L'École Moderne, Études-Caprices (10曲) Op.10 (ヴァイオリン独奏)
  • ロシアの謝肉祭 Le carnaval russe Op.11
  • 2つのマズルカ 2 Mazurkas Op.12
  • 創作主題による華麗なる変奏曲 Variations brillante sur thème originale Op.15
  • スケルツォ・タランテラ Scherzo-tarantelle Op.16
  • エチュード・カプリース Études-Caprices (8曲) Op.18 (2つのヴァイオリンの為の作品)
  • 2つの性格的なマズルカ 2 Mazurkas characteristique Op.19

外部リンク

脚注

  1. ^ ヴィエニアフスキーとも表記される



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヘンリク・ヴィエニャフスキ」の関連用語

ヘンリク・ヴィエニャフスキのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヘンリク・ヴィエニャフスキのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヘンリク・ヴィエニャフスキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS