共通化とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 共通化の意味・解説 

共通化

読み方:きょうつうか

複数物事のうちどれにも該当通用するように、変更すること、などの意味の表現

共通化

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

共通化

英語 common parts utilization

同じ部品ユニットシステムをほかのクルマに使うこと。狙いコスト低減開発費用の削減(他部品との組合わせテストは必要、ゼロにはならない)、工数削減品質安定などがある。逆に技術陳腐化起こりやすいハイテク部品(オーディオコンピューター制御部品)は適さない。アンダーボディシャシーエンジンミッションなどの大物ユニットの共通化もある。ボルトナット類の標準部品も共通化といえる上位概念には車造り思想コンセプトの共通化もある。ボディシェルフレームワーク衝突対策考え方を共通化すると、同じ工場設備が使えたり開発の間題点が予測できたり、市場修理補修も同じやり方ができ、効果絶大である。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「共通化」の関連用語

共通化のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



共通化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS