朝日新聞社杯競輪祭とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 朝日新聞社杯競輪祭の意味・解説 

朝日新聞社杯競輪祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/24 15:04 UTC 版)

朝日新聞社杯競輪祭(あさひしんぶんしゃはいけいりんさい)は、小倉競輪場(現在は北九州メディアドームにある)で競輪が創設されたことを記念して行われるGI競走である。競輪ファン・及びメディア(冠スポンサーである朝日新聞系列を除く)では「競輪祭」「小倉競輪祭」と通称される。




  1. ^ 但し、高松宮記念杯競輪でもかつては大津びわこ競輪場が廃止されるまで、同場にて固定開催されていた。
  2. ^ 参考に、2017年までの「ガールズグランプリ」は、基本的に当年1月 - 9月における賞金獲得上位者が選出されていた。
  3. ^ a b 平成30年度 朝日新聞社杯競輪祭の見直しについて”. keirin.jp (2017年10月10日). 2017年10月11日閲覧。
  4. ^ 朝日新聞社杯競輪祭6日制(GⅠ)賞金表 (PDF) 副賞を含まない金額
  5. ^ a b c “KEIRINグランプリ残り2枠を懸けて今夜決勝/小倉 写真ニュース 「競輪祭・決勝の賞金」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年11月25日). https://www.nikkansports.com/public_race/photonews/photonews_nsInc_201811250000208-1.html 2019年7月16日閲覧。 
  6. ^ 朝日新聞社杯競輪祭(GⅠ)(SK5) (PDF) 副賞を含まない金額
  7. ^ a b c 日刊スポーツ大阪本社版、2019年11月24日付12面
  8. ^ a b c d e f 競輪祭とは”. JKA. 2019年11月11日閲覧。
  9. ^ ●競輪祭は小倉だけではなかった!?
  10. ^ a b G1初ナイター 生まれ変わった競輪祭が風起こす - 喜怒愛楽 日刊スポーツ 2018年9月26日
  11. ^ 若生武則の 『第46回競輪祭朝日新聞社杯争奪競輪王決定戦(GI)レポート』 2日目編
  12. ^ 第47回競輪祭 実況者投票 小倉アスリートファンサイト
  13. ^ 平成21年度特別競輪等の開催場等について
  14. ^ 平成21年度特別競輪等の一部開催名称の決定及びSSカップ(仮称)の20年度前倒し開催の決定について
  15. ^ GIにおける予選でのポイント制は、2005年から2008年にかけてオールスター競輪で採用されて以来となる(2009年以降、現行のオールスター競輪では勝ち上がり戦に変更されている)。
  16. ^ 締め切り前のオッズ表示や展開予想などは一切行わず、レースに関しては発走直前〜着順確定の間だけを放送。
  17. ^ 2012年度のネット局は、BS日テレ日本テレビ系のBS放送)、テレビ神奈川テレビ埼玉チバテレビとちぎテレビ群馬テレビ(以上JAITS)、メ〜テレ朝日放送(以上テレビ朝日系列)、テレビ高知熊本放送(以上TBS系列
  18. ^ 朝日新聞社杯 競輪祭 第60回 - goo tv(関東版)、2018年11月25日
  19. ^ テレビ放送予定
  20. ^ 選考基準 ⇒ ここから「朝日新聞社杯競輪祭(GI)」をクリック
  21. ^ 2014年の第56回朝日新聞社杯競輪祭のみ、一部選手を対象に18出走へと急遽変更された。
  22. ^ 朝日新聞社杯競輪祭(GI)の出場選手選抜方法の一部改正について - KEIRIN.JP・2016年12月14日(2017年より3日制のトラック支援競輪は選考から除外)
  23. ^ ガールズグランプリ2018 トライアルレース(FII)参加選手数及び選抜方法
  24. ^ 2人の優勝者がガールズGPへ 競輪祭など番組変更 - 日刊スポーツ、2018年1月26日
  25. ^ 平成30年度朝日新聞社杯競輪祭に係る概定番組について 2018年1月25日
  26. ^ a b 第60回朝日新聞社杯競輪祭(GIナイター)予選競走着位ポイント表・概定番組 2018年8月23日
  27. ^ 概定番組表
  28. ^ ほかにビッグレースでは共同通信社杯競輪GII)でも特別選抜予選がない。
  29. ^ 平成29年度寛仁親王牌・競輪祭・全日本選抜【GI】概定番組変更について - KEIRIN.JP、2017年8月24日(平成29年度寬仁親王牌世界選手権記念トーナメント・朝日新聞社杯競輪祭・読売新聞社杯全日本選選抜【GI】概定番組
  30. ^ 2016年大会までは4日目(最終日)のみ全11レースしか設定されないため、3日目「一般」各レース7〜9着9名が最終日を待たずに強制的に(失格はなくても)途中帰郷(「お帰り」)させられていた[29]
  31. ^ 月刊競輪Web 2012年年間記録集 (PDF) の29ページ
  32. ^ 2018年版競輪年間記録集(43〜44頁) (PDF)”. KEIRIN.JP. 2019年5月27日閲覧。


「朝日新聞社杯競輪祭」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「朝日新聞社杯競輪祭」の関連用語

朝日新聞社杯競輪祭のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



朝日新聞社杯競輪祭のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの朝日新聞社杯競輪祭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS