社会保障と税の一体改革とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 社会保障と税の一体改革の意味・解説 

社会保障と税の一体改革

読み方:しゃかいほしょうとぜいのいったいかいかく
別名:社会保障・税一体改革税と社会保障の一体改革‎

税制社会保障制度一体化し、社会経済改革案として検討すること。2011年6月基本的方針として決定した。

社会保障と税の一体改革では、少子高齢化が進むこれから社会において社会保障制度どのように変えていくべきか、どのようにして財源確保するか、といった事柄について、消費税はじめとする税制改革併せて検討するのである

野田佳彦・内閣総理大臣主宰する「国家戦略会議」では、当初、社会保障と税の一体改革を議題挙げていたが、10月12日時点議題から除かれ、別途議論されることになった。TPPへの参加の是非も同じく国家戦略会議議題から除かれている

社会保障と税の一体改革では、財源として消費税増税必須とも言われている。安住淳財務大臣は、長期的消費税10パーセントまで引き上げ方針などを具体的に検討していくと表明している。

関連サイト
社会保障改革 - 内閣官房政策課題
社会保障・税一体改革成案 内閣官房 2011年6月30日


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「社会保障と税の一体改革」の関連用語

社会保障と税の一体改革のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



社会保障と税の一体改革のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS