チャラとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > チャラの意味・解説 

チャラ

作者逢沢悦子

収載図書プールのジョン
出版社牛の会
刊行年月2007.3
シリーズ名ライブラリー


チャラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/20 00:21 UTC 版)

チャラ

  • ちゃら - <俗> 出鱈目、出任せ、いい加減な取引・態度・発言、すぐにバレる嘘。転じて、契約・貸借関係などの取引が「チャラ(いい加減なもの)」であると判明した場合に、その取引をご破算(帳消)にすること。江戸期から現代にまで受け継がれている俗語。 「ちゃらぽら」・「ちゃらんぽらん」とも。 例:「あの男の言うことは ― 事(チャラごと)だ。」「こんなイカサマ勝負は ― (チャラ)にしろ。」
  • ちゃらちゃら(チャラチャラ) - 小さな金属が触れ合う音から、アクセサリーなどで着飾った様子。
  • チャラい - 上記チャラチャラを略したチャラに形容詞化する接尾語「い」をつけた若者言葉。チャラ男等に発展した。例:「オリエンタルラジオ藤森って ― い(チャラい)よね。」


チャラ

出典:『Wiktionary』 (2019/07/09 21:32 UTC 版)

名詞

チャラ

  1. 俗語無料
  2. 俗語相殺されたこと。帳消し
  3. 俗語はじめからなかったことにすること。取り消し御破算


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「チャラ」の関連用語

チャラのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



チャラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチャラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのチャラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS