チャラとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > チャラの意味・解説 

ちゃら

口から出まかせを言うこと。でたらめ。ちゃらくら。「―を言う」

貸し借りをなしにすること。差し引きゼロ帳消し。「―にする」

なかったことにすること。「話を―にする」


チャラ

作者逢沢悦子

収載図書プールのジョン
出版社牛の会
刊行年月2007.3
シリーズ名ライブラリー


チャラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 14:59 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

チャラ

人名

地名

その他

  • ちゃら - <俗> 出鱈目、出任せ、いい加減な取引・態度・発言、すぐにバレる嘘。転じて、契約・貸借関係などの取引が「チャラ(いい加減なもの)」であると判明した場合に、その取引をご破算(帳消)にすること。江戸期から現代にまで受け継がれている俗語。 「ちゃらぽら」・「ちゃらんぽらん」とも。 例:「あの男の言うことは ― 事(チャラごと)だ。」「こんなイカサマ勝負は ― (チャラ)にしろ。」
  • ちゃらちゃら(チャラチャラ) - 小さな金属が触れ合う音から、アクセサリーなどで着飾った様子。
  • チャラい - 上記チャラチャラを略したチャラに形容詞化する接尾語「い」をつけた若者言葉。チャラ男等に発展した。例:「オリエンタルラジオ藤森って ― い(チャラい)よね。」
  • ちゃら - かつてアサヒ飲料が生産していた清涼飲料水


チャラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 23:01 UTC 版)

ジバクくん」の記事における「チャラ」の解説

0の木の番人にしてGC受付人。球形状の姿と人間の姿を持ち受付人として活動する歳は人間態となる。からよくなじられており、命令ツェルブワールド行き来して爆の強さ試している。純血種モンスター自称していたが、実際は1000年上前直接0の実を埋め込まれた人間

※この「チャラ」の解説は、「ジバクくん」の解説の一部です。
「チャラ」を含む「ジバクくん」の記事については、「ジバクくん」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「チャラ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

チャラ

出典:『Wiktionary』 (2019/07/09 21:32 UTC 版)

名詞

チャラ

  1. 俗語無料
  2. 俗語相殺されたこと。帳消し
  3. 俗語はじめからなかったことにすること。取り消し御破算

「チャラ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「チャラ」の関連用語

チャラのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



チャラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチャラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジバクくん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのチャラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS