帳消しとは?

帳消

読み方:ちょうけし
別表記:帳消し

(1)帳面において、必要のない項目を消すことを意味する表現
(2)債務などをなくすことを意味する表現
(3)損得差し引いて残りがなくなることを意味する表現

ちょう‐けし〔チヤウ‐〕【帳消し】

帳面記載しておく必要がなくなって棒線で消すこと。棒引き

金銭などの貸借関係が消滅すること。債務消えること。棒引き。「借金帳消しにする

互いに差し引いて、損得がなくなること。ある物事によって、それまで損得などの価値が失われること。「ホームラン先ほどエラー帳消しにする


ちょう‐けし チャウ‥ 【帳消】

〔名〕

帳面記載された事項が、その記載の意味や価値を失い、棒線で消されること。特に金銭貸借関係が皆済やその他の事情によって消滅すること。債務がなくなること。棒引(ぼうびき)。

浄瑠璃冥途の飛脚(1711頃)中「しめた帳面買がかりの借銭、〈略〉廿両で、帳けしや」

江戸時代戸籍人別帳欠落帳・勘当帳などの記載抹消すること。〔諸例集‐二七一二五・第二一条文政三辰年(1820)九月一八日〕

③ その行動感情状況などによって、それ以前行動感情状況などの価値消滅すること。差し引いて残りがなくなること。

西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉二「名哥をよんだら罪は帳消(チャウケシ)だ」




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「帳消し」の関連用語

帳消しのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



帳消しのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS