可哀想とは?

かわい‐そう〔かはいさう〕【可哀相/可哀想】

形動[文]ナリ同情気持ちが起こるさま。ふびんに思えるさま。「—な境遇」「彼ばかり責めては—だ」「お—に」

[補説] 「可哀相」「可哀想」は当て字


かわい‐そう かはいさう 【可愛━・可哀想】

形動〕 (「そう」は接尾語) あわれで、人の同情をさそうようなさま。ふびんなさま。かわゆそう。かあいそう

天理本狂言蟹山伏室町末‐近世初)「『こんがうでこうを打みしゃいでのけう』と云『かわひさうにおけ』と云」

滑稽本浮世風呂(1809‐13)二「可哀(カハイ)さうなものはあの婆さんさ」

[語誌]中世末から近世初頭にかけて成立した語。「かわいい」成立当時の意味からすると不憫なさま、愛らしいさま、両方の意が考えられるが、後者の意は「かはゆさう」という古い語形と方言に残るだけで、もっぱら不憫なさまの意で用いられる。これは、「かわいい」の意味の中心不憫から愛らしいの意に移行し、消失しつつあった不憫の意を「かわいそう」が担ったためである。表記も「可愛そう」から「可哀想」などと変化している。→かわゆい可愛




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「可哀想」の関連用語

可哀想のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



可哀想のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS