テチス海とは?

テチス海

読み方てちすかい
【英】: tethys sea

古生代デボン紀末から新生代初めにかけて、現在の南ヨーロッパ北アフリカからトルコイラン通ってヒマラヤ山脈の北側を抜け中国南部マレー半島にかけて発達した海域で、古地中海とも呼ばれる。テチス海の北側にはアンガラ大陸が、南側にはゴンドワナ大陸広がりそれぞれの地域アンガラ植物群、ゴンドワナ植物群が発達した。またテチス海には、同海域特有テチス動物群古生代後期から新生代古第三紀にかけて繁栄した。テチス海は長い地質時代通じて地向斜形成し、厚い地層形成された。古第三紀ないしその前後に主要造山運動アルプス造山運動)があり、テチス海は新第三紀以降急激な上昇進行し、鮮新世末ないしそれ以後大規模隆起が行われた結果、アルプス・ヒマラヤ山脈形成された。テチス海は、これらの運動によってアジア地域では完全に陸化したが、南ヨーロッパでは現在の地中海にその名残りを残している。

テチス海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/02 00:34 UTC 版)

テチス海 (Tethys Ocean, Tethys Sea) は、パンゲア大陸の分裂が始まった約2億年前ないし約1億8000万年前から、新生代第三紀まで存在していた海洋である。テーチス海[1]古地中海ともいう。


  1. ^ a b スーパーコンピューターでパンゲアの分裂から現在までの大陸移動を再現し、その原動力を解明”. 独立行政法人海洋研究開発機構. 2018年2月12日閲覧。
  2. ^ a b c スチーブン・ジェイ・グールド監修、ロジャー・オズボーン/マイケル・ベントン著、木畑郁生日本語版監修、池田比佐子訳 『進化地図』 河出書房新社 2011年 82ページ
  3. ^ 西本昌司、『地球の始まりからダイジェスト』p112、2015年9月25日、合同出版、ISBN 978-4-7726-1252-4


「テチス海」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「テチス海」の関連用語

テチス海のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



テチス海のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2019 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのテチス海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS