アイソスタシーとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 南極辞典 > アイソスタシーの意味・解説 

アイソスタシー [5] 【isostasy】

地殻が,密度より大きいマントルの上浮かんでいる状態にある,という現象のこと。海水に浮かぶ氷山のように,高い山の地殻地下深くまで厚く海底地殻薄くなっている。

アイソスタシー

南極にはとてもぶ厚い氷床ひょうしょう)があるので、その重さで、大陸が沈んでいると考えられています。このことをアイソスタシーと言います。もしも南極大陸の氷が全部溶けてしまったとしたら、氷に押さえつけられていた南極大陸地面は、今よりも40mから70mぐらい、上昇すると考えられています。

アイソスタシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/28 07:37 UTC 版)

アイソスタシー: isostasy)とは、比較的軽い地殻が、重く流動性のある上部マントルに浮かんでおり、地殻の荷重と地殻に働く浮力がつりあっているとする説。地殻均衡(説)ともいう。




  1. ^ 地球の構造 地質調査総合センター
  2. ^ 浮力とは別に、物体の浮き沈みはその物体の密度も関係し、一般に物体の密度が大きくなると物体を沈めようとする力も大きくなる。このことから、山脈の下の物質は他の土地に比べ密度が小さいとされる。大陸上部地殻は海洋地殻よりも一般的に密度が小さく、これはP波速度の測定で証明されている(深尾良夫『地震・プレート・陸と海 : 地学入門』岩波書店岩波ジュニア新書〉、1985年、[要ページ番号]全国書誌番号:85041009OCLC 673429161)。
  3. ^ 氷期が終わって氷床が溶け、上部マントルにかかる荷重が小さくなった。このため、一時的にアイソスタシーが崩れて浮力 > 荷重となり、リソスフェアが浮上を続けている。リソスフェアの上昇によって浮力は徐々に弱まっていき、浮力 = 加重(アイソスタシー成立状態)となった時点で浮上も停止すると考えられる。


「アイソスタシー」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アイソスタシー」の関連用語

アイソスタシーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アイソスタシーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
環境省環境省
Copyright © 2019 Kankyosho All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアイソスタシー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS