ナティクシスとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ナティクシスの意味・解説 

ナティクシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/28 13:21 UTC 版)

ナティクシスフランス語: Natixis S.A.)は、フランス金融グループであるBPCE傘下の投資銀行グループ。本拠をパリに置き、世界35カ国以上に拠点を有し、保険アセットマネジメントも手がける。日本法人はナティクシス日本証券株式会社およびナティクシス・インベストメント・マネージャーズ株式会社ユーロネクスト上場企業(EuronextKN )。




  1. ^ a b The major events in Natixis’history” (英語). Natixis S.A.. 2017年10月29日閲覧。
  2. ^ Le Crédit National-BFCE va s'appeler Natexis” (フランス語). Les Echos (1997年1月22日). 2017年10月29日閲覧。
  3. ^ Notre histoire” (フランス語). Banque Populaire. 2017年10月29日閲覧。
  4. ^ Natixis pourrait n'être qu'un premier pas pour l'Ecureuil et les Banques Populaires” (フランス語). Les Echos (2006年11月17日). 2017年10月29日閲覧。
  5. ^ Natixis : 1,5 million pour regarder sa boîte couler” (フランス語). Liberation (2009年4月10日). 2017年10月29日閲覧。
  6. ^ Natixis : Laurent Mignon va succéder à Dominique Ferrero” (フランス語). La Tribune (2009年4月29日). 2017年10月29日閲覧。
  7. ^ Natixis met la dernière main à son plan de départs en France” (フランス語). L'AGEFI (2014年3月27日). 2017年10月29日閲覧。
  8. ^ Blockchain:les banques multiplient les projets d'exploration” (フランス語). Les Echos (2007年10月17日). 2017年10月29日閲覧。
  9. ^ a b Natixis supports the Racing 92 and France’s Olympic Team” (英語). Natixis S.A.. 2017年10月29日閲覧。
  10. ^ a b ナティクシス:日本拠点を8月に六本木に移転へ、人員増も検討”. ブルームバーグ (2017年4月18日). 2017年10月29日閲覧。
  11. ^ 社名変更のご案内 (PDF)”. ナティクシス・インベストメント・マネージャーズ株式会社. 2017年11月28日閲覧。


「ナティクシス」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ナティクシス」に関係したコラム

  • 株式売買を行う日本国内の証券会社の一覧

    個人投資家が株式投資を行う場合、証券会社を通じて株式売買を行うのが一般的です。証券会社は、株式などの有価証券の売買をはじめ、店頭デリバティブ取引や有価証券の管理を主な業務としています。日本国内の証券会...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ナティクシス」の関連用語

ナティクシスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ナティクシスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのナティクシス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS