創価学会を騙った巨額融資詐欺事件とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 創価学会を騙った巨額融資詐欺事件の意味・解説 

創価学会を騙った巨額融資詐欺事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/26 01:56 UTC 版)

創価学会を騙った巨額融資詐欺事件(そうかがっかいをかたったきょがくゆうしさぎじけん)とは2002年から約2年間、みずほ銀行が被害にあった巨額融資詐欺事件である。主犯のAは創価学会名誉会長である池田大作秘書であるとの虚偽を騙り、創価大学学長覚書偽造して、みずほ銀行から10億円以上の融資を騙し取った。Aの詐欺グループ逮捕後、創価大学は「本学が築いてきた社会的信用を悪用した卑劣な行為」とコメントを出した。Aの養親は創価大学教授であったため養子のAが起こした事件が学内で発覚した時に同大を依願退職した。Aは犯行当時は創価学会会員であったが同じ頃に脱会した。


[ヘルプ]
  1. ^ a b 「読売新聞」2005年5月9日号39面
  2. ^ a b c d e f g h 「創価大が迎賓館建設」、架空話で銀行から11億円”. 2005年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月20日閲覧。
  3. ^ a b c “創価学会かたり詐取 7容疑者逮捕 みずほ銀から15億円”. 日本経済新聞夕刊: p. 15. (2005年5月9日) 
  4. ^ a b c d e f g 融資詐欺、創価大学長印も偽造…みずほ、確認せず9億”. 2005年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月20日閲覧。
  5. ^ a b “偽造印紙4000万円分使う 創価学会かたり詐欺 背後に別集団か”. 毎日新聞: p. 27. (2005年5月10日) 
  6. ^ a b c “「創価学会の迎賓館など建設」架空話で11億円詐取”. 毎日新聞夕刊: p. 8. (2005年5月9日) 
  7. ^ a b “創価大一期生らが詐欺「迎賓館建てる」銀行から融資 7人逮捕”. しんぶん赤旗. (2005年5月10日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-05-10/15_03_0.html 2016年11月19日閲覧。 
  8. ^ 「創価学会迎賓館を建設」…みずほ14億円詐欺被害 元教授の養子、現役学会員ら6人”. 2005年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月20日閲覧。
  9. ^ “印紙偽造容疑で元役員ら再逮捕”. 毎日新聞夕刊: p. 13. (2005年5月27日) 
  10. ^ a b c 5千万円印紙偽造容疑、5人を逮捕 創価学会めぐる詐欺”. 2005年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月20日閲覧。
  11. ^ “ローン詐欺にも関与 架空施設事件 印紙「偽造役」逮捕へ”. 毎日新聞: p. 27. (2005年5月27日) 
  12. ^ a b “印紙偽造事件で6人目の逮捕者 架空建設詐欺”. 毎日新聞: p. 30. (2005年5月28日) 
  13. ^ a b 創価大施設の架空話詐欺 偽造印紙4000万円分使用”. 2005年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月20日閲覧。
  14. ^ a b 元創価学会員ら7人を詐欺容疑で逮捕”. 2005年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月20日閲覧。
  15. ^ 創価大14億円詐欺事件を巡る新事情”. 月刊テーミスWEBサイト. 月刊テーミス. 2016年11月19日閲覧。


「創価学会を騙った巨額融資詐欺事件」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「創価学会を騙った巨額融資詐欺事件」の関連用語

創価学会を騙った巨額融資詐欺事件のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



創価学会を騙った巨額融資詐欺事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの創価学会を騙った巨額融資詐欺事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS