希望退職とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 希望退職の意味・解説 

きぼう‐たいしょく〔キバウ‐〕【希望退職】

読み方:きぼうたいしょく

[名](スル)自ら望んで退職すること。また、会社退職者募集に応じてやめること。


希望退職

・希望退職とは、業績悪化した企業人員整理の手段として整理解雇に先だって行う期限設けた制度である。

・希望退職とは,労働者自発的な意思による退職申し出を誘引することであり、応募労働者自由意志委ねられることが大前提となっている。一般的には労働者が希望退職を申し出れば、これが合意退職申込となり、使用者承諾で合解約成立することになる。

・希望退職の場合、通常の退職条件より有利な条件退職金増額など)を提示して退職誘引することが多い。使用者が希望退職に応じるよう圧力かけたり脅しまがいの行為行った場合は、実質的に解雇みなされ退職意思表示取り消しが可能となっており、不法行為に当たるとして損害賠償責任認められることもある。

・希望退職を募る場合使用者側には、退職者に対して説明会を開くなどし、会社の状態や希望退職を募る経緯必要性再就職斡旋特別加算措置などを説明することが望まれるまた、希望退職の募集を行うと、退職して欲しくない考えている労働者応募することもあり会社にとって支障をきたす場合があるため、希望退職制度適用受けられるのは会社承認が必要との条件付け方法なども考慮する必要がある

労働者転職難しさや生活不安な大きな不利益を被ることも考え募集応じか否か総合的に判断なくてはいけない

関連ページ
人事制度
HR領域

早期優遇退職

(希望退職 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/31 01:47 UTC 版)

早期優遇退職(そうきゆうぐうたいしょく)とは、事業または事業所における使用者(企業など)がリストラ(人員の削減)の一環として行なわれるものであり、予め使用者が退職における有利な条件(例えば退職金の割増支給)を示すことにより、事業所に雇われている労働者が自らの意思でこれに応じ労働契約の解除をすることを言う。




  1. ^ 例:早期退職優遇制度の実施結果および特別損失の計上に関するお知らせルネサス エレクトロニクス 2012年10月3日)。この例では、退職金の特別加算金や再就職支援等で約850億円の特別損失が発生している。
  2. ^ 早期退職はデキル人から立ち去るプレジデント社 2009年7月24日)
  3. ^ 国家公務員退職手当法施行令の一部を改正する政令について(概要)総務省人事・恩給局(2013年5月)


「早期優遇退職」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

希望退職のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



希望退職のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2022 Active and Company Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの早期優遇退職 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS