リピーターとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > リピーターの意味・解説 

リピーター【repeater】


リピーター

操作によって現在時刻(時間30分15分、又は1分単位で)を音で知らせ機能

リピーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/17 00:24 UTC 版)

リピーター (:repeater) とは、何かを繰り返す人や物のことである[1]


  1. ^ [1]
  2. ^ 貞友義典『リピーター医師-なぜミスを繰り返すのか?』光文社新書、2005年、ISBN 9784334033118
  3. ^ ともかく、繰り返す人を指すので、不法滞在不法就労で退去処分を受けながらも同じ国に再び出入国、不法な滞在や就労を繰り返す者も、もちろん指しうる。
  4. ^ [要検証] ×「英語では日本語のように広い意味の言葉ではなく、犯罪の再犯者などの意味にかぎり使われる。[要出典]」だと主張する日本人がいる。[誰?]


「リピーター」の続きの解説一覧

リピーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/09 15:23 UTC 版)

光学着艦装置」の記事における「リピーター」の解説

複数のMOVLASリピーター装置があり、LSOパイロットに向けて表示している「ボール」の状況TVモニター確認できるよう表示を行う。リピーターのうち1つは、LSO信号所設置され統合型発艦回復テレビ監視システム(英語: Integrated Launch And Recovery Television Surveillance System(ILARTS))画面上表示される

※この「リピーター」の解説は、「光学着艦装置」の解説の一部です。
「リピーター」を含む「光学着艦装置」の記事については、「光学着艦装置」の概要を参照ください。


リピーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 04:41 UTC 版)

腕時計」の記事における「リピーター」の解説

時計側面レバーを引くと、鐘の音色や回数で現在時刻知らせてくれる機構機械式腕時計でこれを実現するためには非常に高度な技術必要とされる。分単位まで時刻教えてくれるミニッツリピーターの他、5分単位までを教えてくれるファイブミニッツリピーター、15分単位までを教えてくれるクォーターリピーターも存在する詳細は「リピーター (時計)を参照

※この「リピーター」の解説は、「腕時計」の解説の一部です。
「リピーター」を含む「腕時計」の記事については、「腕時計」の概要を参照ください。


リピーター(Repeaters)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/17 04:48 UTC 版)

ドーントレス (ゲーム)」の記事における「リピーター(Repeaters)」の解説

バレルチャンバーグリッププリズム4つパーツ構成されており、攻撃属性アビリティ自由に組み合わせることができる射撃主体武器

※この「リピーター(Repeaters)」の解説は、「ドーントレス (ゲーム)」の解説の一部です。
「リピーター(Repeaters)」を含む「ドーントレス (ゲーム)」の記事については、「ドーントレス (ゲーム)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「リピーター」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「リピーター」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リピーター」の関連用語

リピーターのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



リピーターのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2022 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
SEIKOSEIKO
Copyright © 2022. SEIKO WATCH CORPORATION
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリピーター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの光学着艦装置 (改訂履歴)、腕時計 (改訂履歴)、ドーントレス (ゲーム) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS