T-38とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > T-38の意味・解説 

【T-38】(てぃーさんじゅうはち)

Northrop T-38"Talon(タロン)"
ノースロップ社で開発され、アメリカ空軍ドイツ空軍などで用いられた高等練習機
世界初超音速練習機である。

元は軽戦闘機目指し開発された機体社内呼称N-156)だったが、米軍によって軽戦闘機否定されたため、練習機として開発された。
(ただし後に輸出戦闘機型のF-5も造られた。)

小型J85ターボジェット双発備え主翼低翼式のテーパー翼であり、翼面荷重が高いながら運動性安定性兼ね備えている。
また設計初期から高度な信頼性整備性考慮に入れられていたため、稼働率が高く、運用コストも安い。
燃費良いものの機内燃料タンク小さくハードポイントもないため、航続距離が短いという弱点を持つ。
このためT-38のかわりに増槽取り付けられるF-5Bを使う国も多い。
完璧練習機」とも呼ばれ1961年から1972年にかけて1,187機が生産された。

パイロット育成するのに用いられたほか、燃費が安いためオイルショック時代にはサンダーバーズにも採用された。
また、NASAでは宇宙飛行士飛行訓練に使われるほか、宇宙ロケット打ち上げ実験機試験飛行などを観測する任務など、多岐わたって活躍している。

なお、アメリカ空軍ホロマン航空基地ニューメキシコ州)で実施された模擬格闘戦演習F-22を「撃墜」した事がある

スペックデータ

IMG_1128.jpg
Photo:MASDF

バリエーション(カッコ内は製造・改修機数)


T-38

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/02/16 18:53 UTC 版)

T-38



T.38

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/21 13:01 UTC 版)

T.38とは、「IPネットワーク上のリアルタイムグループ3ファクシミリ通信手順 (Procedures for real-time Group 3 facsimile communication over IP networks)」として、ITU-T1998年6月勧告された通信プロトコルである。声のリアルタイム通信であるVoIPと同様に、FoIPとも呼ばれる。




「T.38」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

T-38のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



T-38のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのT-38 (改訂履歴)、T.38 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS