V型エンジンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > V型エンジンの意味・解説 

ブイがた‐エンジン【V型エンジン】

読み方:ぶいがたえんじん

レシプロエンジン形式の一。シリンダーV字形に交互に配置されたものを指す。多気の場合、直列エンジンに比べ全長短く、幅が広くなる


V型エンジン

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

V型エンジン


V型エンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 22:27 UTC 版)

V型エンジン(Vがたエンジン)は、レシプロエンジンの形式の一つで、シリンダーを左右交互にV字型に配置したエンジン。シリンダーを水平に配置した180°V型エンジンも存在する。




「V型エンジン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

V型エンジンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



V型エンジンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2022 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのV型エンジン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS