フラットとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > フラット > フラットの意味・解説 

フラット【flat】

読み方:ふらっと

[名・形動

平らであること。起伏がないこと。また、そのさま。平坦(へいたん)。「―な画面」「―な照明

競走競泳などで、記録に秒以下の端数がなくきっかりなこと。また、そのさま。「11秒―で走る」

音楽で、ある音を半音低くする記号変記号記号「♭」。⇔シャープ

主に英国における集合住宅で、同一階の数室を一家族占めるようにしたもの。→メゾネット


ふらっ‐と

[副]

よろめくさま。「急にめまいがして―倒れる」「一目見て―なる」

気軽に出かけたりやって来たりするさま。「友人宅を―訪ねる


フラット flat


フラット[flat]

記譜された音を半音下げることを指示する変化記号(b)のこと。調号臨時記号として使われる例え鍵盤楽器では、シの前にフラットがついていると、シの左隣り黒鍵を弾く。反対シャープ。また目標の音より低めの場合に「フラットしている」などと表現することも多い。

フラット


フラット

読み方ふらっと
【英】:Flat

 波が無い状態のこと。

フラット

読み方ふらっと
【英】:Flat

フラットは平らと言う意味。クラブ投げ方を指す言葉だが状況に応じて2通り使われ方をするので注意が必要である。

1つクラブスピンさせない投げ方のことを指す。クラブ回転させない地面に平行に投げることフラットスピンということがある。(実際はスピンしていないのだからこの表現は少し矛盾があるのだが、プヨプヨの“1連鎖”同様誰も気にしない。)またパッシングクラブ回転させない投げるときもフラットと言う

クラブは本来回転させるための形状をしているので、フラットで投げるのは実は非常に難しい。

もう1つクラブ体の面と平行に投げ投げ方である。投げ方に応じてアウターフラットインナーフラットなどのトリックがある。


フラット

名前 Flatt

フラット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/22 18:19 UTC 版)

フラット (flat)




「フラット」の続きの解説一覧

フラット(Y)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 15:38 UTC 版)

マリオテニス オープン」の記事における「フラット(Y)」の解説

回転をかけず、最も球足速い真っ直打ち返すショット軌道の色は紫で、チャンスショットの絵柄スター

※この「フラット(Y)」の解説は、「マリオテニス オープン」の解説の一部です。
「フラット(Y)」を含む「マリオテニス オープン」の記事については、「マリオテニス オープン」の概要を参照ください。


フラット (flat)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/12 18:50 UTC 版)

集合住宅」の記事における「フラット (flat)」の解説

平ら、つまり、各世帯1つの階に限定されているもの。イギリス英連邦諸国アパートメント代わりによく使われる語。各世帯区画指し建物全体を指すには複数形にする。

※この「フラット (flat)」の解説は、「集合住宅」の解説の一部です。
「フラット (flat)」を含む「集合住宅」の記事については、「集合住宅」の概要を参照ください。


フラット(♭)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/25 02:32 UTC 版)

ルイーゼ・マイリンク」の記事における「フラット(♭)」の解説

青い球を前方飛ばす。

※この「フラット(♭)」の解説は、「ルイーゼ・マイリンク」の解説の一部です。
「フラット(♭)」を含む「ルイーゼ・マイリンク」の記事については、「ルイーゼ・マイリンク」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「フラット」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「フラット」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



フラットと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フラット」の関連用語

フラットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フラットのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2022 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
eXtreme!SnowBoardeXtreme!SnowBoard
eXtreme! Copyright(C) hiro. All Rights Reserved.
i92i92
Copyright(c)2022 i92surf.com All Rights Reserved.
Juggling DonutsJuggling Donuts
Copyright (C) 2022 by JugglingDonuts
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフラット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマリオテニス オープン (改訂履歴)、集合住宅 (改訂履歴)、ルイーゼ・マイリンク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS