話とは? わかりやすく解説

はなし【話】

読み方:はなし

言葉を交わすこと。会話談話また、声を出して言うこと。「—が尽きない」「こそこそ—」

筋をたてて述べること。また、その内容。「—のうまい人」「ためになる—」

話題。「—は変わりますが」「—をそらす」「難しい—はやめよう

うわさ。評判。「人の—によれば」「国中選挙の—で持ち切りだ」「—だけで実現しない

話し合うこと。相談すること。「ちょっと—がある」「—がこじれる」「—がまとまる」「結婚—」

いきさつ。わけ。事情。「詳しい—は知らない」「お—はうかがっています」

物事道理。「—の通じない人だ」「それでは—が逆だ

(「咄」「噺」とも書く。「噺」は国字)人に聞かせるための作り話説話昔話落語など。「浦島太郎の—」「お—の世界」「人情—」

こと。ことがら前述の内容をさしていう。「こんなになるまでほうっておいたとは、まったくひどい—だ」「いやはやあきれた—だね」

[下接語] (ばなし)浮世話打ち明け話内輪話裏話・噂(うわさ)話・大話御伽(おとぎ)話・戯(おど)け話・落とし話思い出話音曲咄(おんぎょくばなし)・怪談咄(ばなし)・楽屋話掛け合い話軽口話愚痴話小話こそこそ話(こぼ)れ話・三題咄(ばなし)・仕方話・下(した)話・芝居咄(ばなし)・地咄(じばなし)・自慢話・素(す)話・世間話高話立ち話・譬(たと)え話・茶話茶飲み話作り話辻噺(つじばなし)・伝え話・艶(つや)話・内証(ないしょ)話・長話人情話惚気(のろけ)話・馬鹿話ひそひそ話一口話一つ話身の上話土産(みやげ)話・昔話無駄話与太話・夜(よ)話・四方山(よもやま)話・別れ話笑い話


わ【話】

読み方:わ

[音](慣) [訓]はなす はなし

学習漢字2年

[一]〈ワ〉

はなす。しゃべる。話術話法会話懇話手話対話談話電話独話

はなし。筋立て語られたもの。「話題逸話佳話寓話(ぐうわ)・訓話実話笑話神話説話挿話童話秘話民話夜話

ことば。「官話白話

[二]〈はなし(ばなし)〉「裏話小話昔話無駄話


作者バリー・ユアグロー

収載図書憑かれた旅人
出版社新潮社
刊行年月2004.3


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 01:55 UTC 版)

(はなし)とは、単語の連続から成る、一連の情報ないしその情報伝達の様式・行動。




「話」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 10:33 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. はなしものを言うこと。
  2. はなし要件相談事。
    • ちょっと、があるんだが。

接尾辞

  1. 小説漫画ドラマなどの一回分

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「話」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「話」に関係したコラム

  • 株365や株式投資で必ず儲かる話は本当か

    株365や株式投資、FX、CFDなどで必ず儲かるという謳い文句で投資を勧誘する手口が後を絶ちません。勧誘の手口には次のようなものが挙げられます。「絶対儲かる。借金してでも投資する価値がある。」と絶対儲...

  • 日本国内のFX業者の手数料比較

    2012年5月現在、日本国内のほとんどのFX業者では、取引の際の売買手数料を無料に設定しています。しかし、電取引の場合には売買手数料を有料に設定している場合があります。電取引は、顧客が何らかの事情...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

話のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



話のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの話 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS