裏話とは? わかりやすく解説

うら‐ばなし【裏話】

読み方:うらばなし

一般に知られていない内部事情に関する話。「政界の―」


裏話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 05:22 UTC 版)

ファンタビジョン」の記事における「裏話」の解説

小説長い腕』(角川文庫主人公勤めゲーム会社制作現場シーンで、『ファンタビジョン』がモデルとなっていると思われるタイトル制作風景描写されている。筆者でありゲーム制作携わった川崎草志実体験基づ描写であり、裏話のようなことまで克明に書き込まれている。もちろんあくまでフィクションなので全くの創作であったり2つ以上の制作エピソード混濁させている点もあるかもしれないが、上記の音楽データストリーム化、背景同時読み込み花火描写想像よりはるかに難しい点」などについて細かくエピソード化してある。

※この「裏話」の解説は、「ファンタビジョン」の解説の一部です。
「裏話」を含む「ファンタビジョン」の記事については、「ファンタビジョン」の概要を参照ください。


裏話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/18 06:49 UTC 版)

ごっくん馬路村」の記事における「裏話」の解説

ラベルデザインしたデザイナー大阪から高知帰ってきたばかりで、これが高知での初仕事であったという。その後馬路村全体のイメージプランナーとして活躍する

※この「裏話」の解説は、「ごっくん馬路村」の解説の一部です。
「裏話」を含む「ごっくん馬路村」の記事については、「ごっくん馬路村」の概要を参照ください。


裏話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 02:23 UTC 版)

タイタンの戦い (2010年の映画)」の記事における「裏話」の解説

神々が輝く鎧を纏っているのは、ルイ・レテリエ監督車田正美原作アニメ聖闘士星矢』の大ファンであり、その影響であると語っている。日本公開に際してはコラボレーション企画として、車田による描き下ろしポスター製作された。 ペルセウス旅支度をする場面で1981年版登場したフクロウの「ブーボ」が1シーンだけ登場する

※この「裏話」の解説は、「タイタンの戦い (2010年の映画)」の解説の一部です。
「裏話」を含む「タイタンの戦い (2010年の映画)」の記事については、「タイタンの戦い (2010年の映画)」の概要を参照ください。


裏話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 09:33 UTC 版)

危険な遊び」の記事における「裏話」の解説

マコーレーイライジャは、映画終盤絶壁シーン実際にぶら下がって演技した。もちろん、安全を考えハーネス付けていたが、ぶら下がった態で自由な演技をするために、長い時間をかけてスタント・コーディネーター特訓したという。 舞台となったのはマサチューセッツ州の「アン岬」で、寒い冬時期に合成などはない完全ロケ行われた

※この「裏話」の解説は、「危険な遊び」の解説の一部です。
「裏話」を含む「危険な遊び」の記事については、「危険な遊び」の概要を参照ください。


裏話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/13 17:20 UTC 版)

プライドと偏見」の記事における「裏話」の解説

監督ジョー・ライトはこの映画知り合ったジェーン役のロザムンド・パイク婚約したまた、主演のキーラ・ナイトレイウィッカム役のルパート・フレンド交際スタートさせた。

※この「裏話」の解説は、「プライドと偏見」の解説の一部です。
「裏話」を含む「プライドと偏見」の記事については、「プライドと偏見」の概要を参照ください。


裏話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/28 15:10 UTC 版)

アンドロメダ (テレビドラマ)」の記事における「裏話」の解説

レヴ役のブレント・ステイト第2シーズン途中から何の複線もなく突然メッセージだけ残してレギュラーから外れるが、これはレヴメイクにより、アレルギー反応起こしてしまったためである

※この「裏話」の解説は、「アンドロメダ (テレビドラマ)」の解説の一部です。
「裏話」を含む「アンドロメダ (テレビドラマ)」の記事については、「アンドロメダ (テレビドラマ)」の概要を参照ください。


裏話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 08:58 UTC 版)

アメリカン・グラフィティ」の記事における「裏話」の解説

ジョン乗るフォード・デュース・クーペのナンバープレートにはルーカス前作タイトルをもじったナンバー、「THX-138」と書かれている。このイースター・エッグ後のスター・ウォーズ』の劇中でも見られる登場人物入り浸るメルズ・ドライブイン」はサンフランシスコ実在したドライブインである。当時既に閉店していたが、映画撮影のために再度開店させた。店は撮影終了後に取壊された。世界各国ユニバーサル・スタジオテーマパークにも同名レストランがある。 プロム演奏シーンギタリスト使っているギターはラージ・ヘッドのストラトキャスターであるが、この仕様1965年フェンダー社CBS買収され後のものなので1962年には存在しないキャロル1974年3月21日4月5日山本寛斎ファッションショーでのステージ映画撮影のため、渡欧しパリでライブ行ったこの時矢沢永吉山崎眞行が、日本公開前のアメリカン・グラフィティ』を当地観た矢沢感想は「ぜんぜん面白くないオープニングは、チャック・ベリー出て来て『ジョニー・B.グッド』をやるべきだ」と言ったという。一方山崎本作観てオールディーズフィフティーズ古着ファッション日本流行予感し、のちクリームソーダピンクドラゴンなどを仕掛け原宿クリームソーダ王国築いた。 現在発売されているソフトは、劇場公開版未公開シーン追加し新たに編集しなおした特別版となっている。

※この「裏話」の解説は、「アメリカン・グラフィティ」の解説の一部です。
「裏話」を含む「アメリカン・グラフィティ」の記事については、「アメリカン・グラフィティ」の概要を参照ください。


裏話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 13:55 UTC 版)

アメリカン・ヒーロー」の記事における「裏話」の解説

スーパースーツの「中」のシンボルは、プロデューサースティーヴン・J・キャネルにあった持ち手四角ハサミモチーフであるとDVD特典明かされている。キャネルデザイン決めあぐねていたところ、彼の特徴的なハサミ衣装デザイナー目を付けて決定したシンボルに意味はなく、アメリカ人見慣れぬ不可思議な印象与えられれば何でもよかったとのこと日本以外漢字圏でもやはり「中」に見えるらしく、香港テレビ局TVBは、本作タイトルを『飛天紅中俠』(空飛ぶ紅の“中”ヒーロー)として放送した。 画面左右反転耐える対称形のシンボルは、映像使い回しの多い低予算テレビシリーズにおいて好都合であった。しかしラルフ腕時計着けたまま飛び、それが左右入れ替わるカットはしばし見られるラルフの姓は当初ヒンクリーHinckleyであったが、ジョン・ヒンクリーによるレーガン大統領暗殺未遂事件を受け、放映開始間もなくハンリーHanley)に変更された。既収録分は「ラルフ」や「ミスターH」に吹き替えられるなど姓がぼかされている。ただし日本語版では一貫してヒンクリーのままであるウィリアム・カット着心地の悪いスーパースーツ着用嫌ったプロデューサースーツさまざまな修正施し、それを一日中着ずに済むよう撮影スケジュール調整したスーパーマンとの類似により、DCコミックス権利を持つワーナー・ブラザースから、本作放映局ABC訴えられた。しかしこれら超人ヒーロー概念はすでに一般化しており、表現上も視聴者混同するそれはないとして、地方裁判所第二巡回裁判所ともにこれを退けたラルフ飛び立つ際に叫ぶ「UFOマン!」という台詞日本語吹き替え版オリジナルである

※この「裏話」の解説は、「アメリカン・ヒーロー」の解説の一部です。
「裏話」を含む「アメリカン・ヒーロー」の記事については、「アメリカン・ヒーロー」の概要を参照ください。


裏話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 08:25 UTC 版)

ハード・ターゲット」の記事における「裏話」の解説

この映画ジョン・ウーが『ハードボイルド/新・男たちの挽歌』を作った翌年製作され映画である。当時ユニバーサル・ピクチャーズ会長であるトム・ポラックが、『狼 男たちの挽歌・最終章』を見た後でジョン・ウー白羽の矢が立った。しかし、当時英語があまり話せない監督これほど大作参加するのは不安である判断してもいたため、サム・ライミウー動向監視し万が一の時監督引き継ぐように指示を出した。だが、サム・ライミ自身はウー香港時代映画熱狂的なファンであり、ウーの腕に信頼置いていた。また、ライミは「ウー70%の力を出す時、それはアメリカアクション映画監督100%力に当たる」と評している。

※この「裏話」の解説は、「ハード・ターゲット」の解説の一部です。
「裏話」を含む「ハード・ターゲット」の記事については、「ハード・ターゲット」の概要を参照ください。


裏話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/17 07:03 UTC 版)

TUBE (映画)」の記事における「裏話」の解説

この映画舞台となっている「7103」という地下鉄車両車体ソウル特別市都市鉄道公社7号線使われているソウル特別市都市鉄道公社7000系電車の7003編成(7103は正確に編成先頭制御車(Tc))使って撮影しているが、車内及び一部車外他車及びセットである。また、一部では釜山都市鉄道2号線車両使われた。実車にはソウルメトロ所属のような枕木方向LED案内表示機はない。

※この「裏話」の解説は、「TUBE (映画)」の解説の一部です。
「裏話」を含む「TUBE (映画)」の記事については、「TUBE (映画)」の概要を参照ください。


裏話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/07 07:00 UTC 版)

南の島のフリムン」の記事における「裏話」の解説

ゴリボビー・オロゴン出演交渉た際に英語が話せるかどうか聞いたところ、ボビー話せる自信満々だったため安心してキャスト入れたが、いざ撮影始まるとボビーの英語は訛り酷かったためエキストラアメリカ人聞き取れなかったとの事

※この「裏話」の解説は、「南の島のフリムン」の解説の一部です。
「裏話」を含む「南の島のフリムン」の記事については、「南の島のフリムン」の概要を参照ください。


裏話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 07:54 UTC 版)

強行採決」の記事における「裏話」の解説

かつては岸内閣における安保国会佐藤内閣における日韓国会などでは野党への事前通告なしに抜き打ち強行採決が行われていたが、その後与野党了解のもとで行われるようになり、野党側では呼吸知らない若い議員本当に採決阻止してしまわないようにベテラン議員前に出て勢い調整するようになった田中角栄自民党幹事長野党懐柔するために裏舞台根回しをする国会運営浸透し事前通告なしの抜き打ちでの強行採決減っていった。 その意味で、長らく政権交代のない55年体制国対政治醸成され日本的慣習慣例であるとも言えるまた、かつては強行採決原因で会派入り乱れて乱闘となる場合、それに巻き込まれた国会職員には国会特別手当支給される制度があった。この制度第2次小泉改造内閣時代2005年平成17年)に廃止決定され2006年度以降管理職には国会特別手当支給行われなくなり2007年度をもって廃止された。

※この「裏話」の解説は、「強行採決」の解説の一部です。
「裏話」を含む「強行採決」の記事については、「強行採決」の概要を参照ください。


裏話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/09 21:36 UTC 版)

燃えよ! カンフー」の記事における「裏話」の解説

本作原案担当し放送中香港から世界中にカンフーブームを巻き起こしたブルース・リーは、元々自らケイン役を演じる構想をしていた。しかし、英語に訛があることや、ハーフという設定にしては風貌東洋人すぎるという理由でデヴィッド・キャラダイン主役に抜擢された経緯がある。逆にキャラダイン東洋人的ではなく、目を細めて中国系見せようとするなど、演技上の苦労見られる。 この作品中にしばしば回想シーンとして出てくる少林寺は、実は1967年の映画キャメロット』に使われセット改造したもので、中国ロケ行われていない。少林寺ケイン少年つけられあだ名Little Grasshopper」(小さなバッタ日本語版では(コオロギ))は、放送当時アメリカで流行語になった2003年以降、この作品収録したDVDボックスシリーズ発売されている。 1986年デヴィッド・キャラダイン原案ブルース・リー息子であるブランドン・リー主演迎え単発で"Kung Fu: The Movie"(邦題:「ブランドン・リーのカンフー・ファイター」)が制作されCBS放送された。翌年にはブランドン主演で“Kung Fu: The Next Generation”が同じくCBS放送されたが、シリーズ化には至らなかった1993年から1996年には、ケインの子孫が現代アメリカでシンジケート組織闘うという、続編テレビドラマ新・燃えよ!カンフー (原題Kung Fu: The Legend Continues”)がアメリカ合衆国放送されキャラダインと息子役としてクリス・ポッター主演した。ただし、1986年・1987年版と1993年版との間に物語連続性は無い。

※この「裏話」の解説は、「燃えよ! カンフー」の解説の一部です。
「裏話」を含む「燃えよ! カンフー」の記事については、「燃えよ! カンフー」の概要を参照ください。


裏話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 05:38 UTC 版)

純ちゃんの応援歌」の記事における「裏話」の解説

唐沢寿明エッセイ「ふたり」によると、本作西川弘志演じる昭が亡くなり家族号泣するシーンで、主役山口智子だけがどうしても泣くことができずに撮りなおしを求めたという。このシーン自分の見せ場にしようと熱演した唐沢は不満を持ったが、出演者一人ひとり山口深々と頭を下げているのを見て「いや、いいんだよ」と返したという。このことがきっかけで唐沢山口好意持ち始めたという。

※この「裏話」の解説は、「純ちゃんの応援歌」の解説の一部です。
「裏話」を含む「純ちゃんの応援歌」の記事については、「純ちゃんの応援歌」の概要を参照ください。


裏話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/17 09:27 UTC 版)

山あげ祭」の記事における「裏話」の解説

若衆揃い絵羽浴衣に笠を襷掛けするのが正装であり、移動際は必ず着替える。 烏山旧6町には当番用の本屋台と当番外や奉告祭で使われる小屋台がある。 烏山旧6町の本屋台はすべて、御拝よばれる前部の飾り部分と、後部分かれる構造になっており、後部中に舞台装置収納し舞台設置中は左右に2分割て広がり、幕の役割を果たす前部には御拝呼ばれる飾り設けられ囃子衆が乗って祭事期間中ずっと囃子打ち続ける御拝は、左にずらすことができる構造になっており、屋台土台そのまま舞台に、御拝はずれて舞台装置一部となる。 「地車」と呼ばれる台車は、公演時には変形して舞台となり、撤収際は再度変形して台車となり、解体した波や館、ガマ等が載せられ次の公演場所に向かう。しかしこの地車には方向転換するようなものが一切無くブレーキも無い。担当する部門は「舞台部門だが、彼らの苦労舞台設営するよりもむしろこの「地車」を次の公演場所まで移動させる事に集約していると言っても過言ではない。「副木頭」の指揮の下(地車移動時は副木頭が前方乗り込み指揮をする。「舞台主任後方に乗り副木頭を補佐する)、若衆引き手押し手直進時には猛スピードで走らせ止まる際に数人の「棒持ち」の若衆車輪舵棒丸太棒)を咬ませて停止させる曲が際は引き手押し手技術曲がれ事もあれば、急な曲がり角では棒持ちが舵棒使い、てこの要領方向転換させる。中でも仲町交差点から山あげ会館前にかけてはになっていて、いずれかの上りをあげるために下り加速するため、非常に危険を伴う。舞台部門配される若衆多く高校生大学生等の若者で、逆に言えば彼等の様に若くて元気が無ければ務まらない部門でもある面積が狭い当番町の町内移動では、山などの舞台装置大半手で持ち走って移動することがある。これを「手持ち移動」と呼び、いかに全力疾走迅速に移動するかが見せ所となる。 昔、祭り開催前には小麦粉相場上昇したという。これは山に和紙貼るのに以前は小麦粉を糊としていたため、大量に小麦粉必要だったためという。 昔、山は祭事の度に焼却され、灰が五穀豊穣縁起物として配られた。 旧町内の電線にはリボン付けられているのがみられる。これは山を移動するときに架線かからないようにという配慮である。 旧町内の多くの道路標識行先案内)は山にかからないよう折りたたむ蝶番ついている露店の数が非常に多く中でも烏山市街を通る「せせらぎ通り」の左右に露店立ち並ぶ祭り期間中は旧烏山市街の殆どが交通規制されるため、県警一個中隊配備されるご多分にもれず、この祭り後継者の育成が難しいものとなっている。舞台構成多くの人手を必要としているからである。旧六町一部では町内だけでは祭り維持することが困難となっており、アルバイト依存しているところもある。那須南地区全体過疎化問題もあり、祭り維持には相当の苦労を伴う反面市町村合併旧南那須町地区に合併されたこともあり両町垣根越えた協力問われている側面もある。 かつては将門』の「嵯峨御室花盛り〜」を町内のものが宴席などで競い合ったという記録もあるが、近年そのようなこともほとんど見受けられなくなったかつては、「宗清」「喜撰」「釣女」「釣狐」「乗合船」「八犬伝」なども上演されていた。

※この「裏話」の解説は、「山あげ祭」の解説の一部です。
「裏話」を含む「山あげ祭」の記事については、「山あげ祭」の概要を参照ください。


裏話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 05:36 UTC 版)

念仏の鉄」の記事における「裏話」の解説

『新・仕置人に於けるストーリーライン上『仕置人同様に主人公扱いであるが、演者山崎本編クレジット タイトルでは最後尾トメ)に記載されており、主演扱いではない。ただし、そのクレジット起こしタイトルとなっている。これは制作段階で、主水役の藤田トメに再び回されることに抗議したためであり、結果藤田対応に苦慮していた制作スタッフ山崎藤田交渉して順序入れ替えたと言われている。詳しくはこちらを参照

※この「裏話」の解説は、「念仏の鉄」の解説の一部です。
「裏話」を含む「念仏の鉄」の記事については、「念仏の鉄」の概要を参照ください。


裏話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 04:39 UTC 版)

ウルトラマンの登場怪獣」の記事における「裏話」の解説

39話は、完成品準備稿描写違い複数存在するゼットンを倒すのは科特隊ではなくゾフィー呼称は「ウルトラマン仲間」)で、上空からスペシウム光線ゼットン浴びせて倒す予定だった。また、当初はウルトラマンとの空中戦予定していたが、メフィラス星人と被る部分多く、尺的(分数)からも飛行能力持たない怪獣とし、空中戦ゼットン星人対科特隊の特撮変更された。 ゼットンウルトラマンを倒すシーンも、準備稿では投げ飛ばされウルトラマン起き上がろうとしたところをゼットンカラータイマー潰し割るという展開だった。しかし、監督円谷一子供たちヒーローたるウルトラマン惨殺することに強く反対したため現在の形に修正されたという。このシーンは、『別冊映画秘宝ウルトラマン研究読本』(洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)では脚本あるだけ撮影されていないとされている[要ページ番号]。『小説 ウルトラマン』では、この準備稿沿った展開になっている

※この「裏話」の解説は、「ウルトラマンの登場怪獣」の解説の一部です。
「裏話」を含む「ウルトラマンの登場怪獣」の記事については、「ウルトラマンの登場怪獣」の概要を参照ください。


裏話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 22:55 UTC 版)

ベスト・キッド」の記事における「裏話」の解説

本編冒頭シャワールームからクリースミヤギのくだりまでは、前作ラスト予定で前作時に撮影されていた。しかし製作陣ミヤギ笑顔で映画終了する方がいい判断しカットされてしまった。それを2作目冒頭に使用した

※この「裏話」の解説は、「ベスト・キッド」の解説の一部です。
「裏話」を含む「ベスト・キッド」の記事については、「ベスト・キッド」の概要を参照ください。


裏話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 01:05 UTC 版)

ゼットン」の記事における「裏話」の解説

39話は、完成品準備稿描写違い複数存在するゼットンを倒すのは科特隊ではなくゾフィー呼称は「ウルトラマン仲間」)で、上空からスペシウム光線ゼットン浴びせて倒す予定だった。また、当初はウルトラマンとの空中戦予定していたが、メフィラス星人と被る部分多く、尺的(分数)からも飛行能力持たない怪獣とし、空中戦ゼットン星人対科特隊の特撮変更された。 ゼットンウルトラマンを倒すシーンも、準備稿では投げ飛ばされウルトラマン起き上がろうとしたところをゼットンカラータイマー潰し割るという展開だった。しかし、監督円谷一子供たちヒーローたるウルトラマン惨殺することに強く反対したため現在の形に修正されたという。このシーンは、『別冊映画秘宝ウルトラマン研究読本』(洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)では脚本あるだけ撮影されていないとされている[要ページ番号]。『小説 ウルトラマン』では、この準備稿沿った展開になっている

※この「裏話」の解説は、「ゼットン」の解説の一部です。
「裏話」を含む「ゼットン」の記事については、「ゼットン」の概要を参照ください。


裏話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 07:27 UTC 版)

ソラログ」の記事における「裏話」の解説

物語出てくる東高等学校神奈川県にある弥栄高校モデル作者の母校。卒業して数年後に取材に訪れたという。(恐らく弥栄東高校出身) オルゴールボールはガムランボールとも言い円型以外にハート型や涙型が存在する(涙型は希少

※この「裏話」の解説は、「ソラログ」の解説の一部です。
「裏話」を含む「ソラログ」の記事については、「ソラログ」の概要を参照ください。


裏話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/21 00:24 UTC 版)

FM DEPO」の記事における「裏話」の解説

イベント放送局として当時では最大出力誇った1989年当時愛知県民放FM局エフエム愛知1局のみだった。(三重県FM三重と合わせて東海地方で2局)FM DEPO出力300Wで広範囲で受信でき、ニューヨーク大学ラジオ専攻DJとその研究協力得て音楽ノンストップに流すなど番組番組境界はっきりしないシームレス編成で、パビリオン情報のみならず天気予報交通情報駐車場情報などをインパクトのあるジングル軽快なBGM伝えるという、これまでのFM局にはなかった斬新な編成リスナー引き付けイベントFM局というより愛知第2FM局という印象強かったそのためか、FM DEPO閉局後運営元であるCBC復活を望む声が多く届いた。これが約4年後の1993年10月1日ZIP-FM当時社名エフエム名古屋)が開局するきっかけとなり、時報ジングル化など、番組多くの成果引き継がれた当時担当したCBCアナウンサーは、松山香織槇徳子などが英語交じりDJをし、平野裕加里などがイベントレポーターを担当した各人とも、博覧会後人気実力発揮しそれぞれCBC退職後フリーランス活躍を続けている。なお、男性DJのうち、CBCアナウンサーとして遠藤雅也参加していたが、北海道テレビ放送のアナウンサーグループ部長として活躍している

※この「裏話」の解説は、「FM DEPO」の解説の一部です。
「裏話」を含む「FM DEPO」の記事については、「FM DEPO」の概要を参照ください。


裏話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/28 03:39 UTC 版)

緊急結婚特番」の記事における「裏話」の解説

収録後小沢小野2人っきりで食事をしたという。1週間フィクションとはいえ恋人として過ごした小沢感情移入してしまい「俺、小野さんの事本気で好きになっちゃたかも〜」と発言、しかし小野笑顔で冷静に小沢さんは、番組魔法かかってるだけだよ」と返された。そこで改め小沢フィクションであった事を理解し、「俺、イタいな〜」と痛感したらしい。なお挙式シーンでは2人とも感極まって涙を流し最後のオチの所で小野小沢を「泣いたー!泣いたー!」とからかったほか、スタッフもそんな2人に「なんでこの茶番泣いてるの?」とツッコミ入れていた。 小沢これまで人の目見て真剣な言葉言った事がなかったそうで、挙式シーン際に小野へのサプライズとしてこの1ヶ月感謝の気持ち込めた直筆の手紙を読み上げた。この部分放送されていないが、2人感極まった涙の理由一つはこれだったという。 趣旨伝えられなかったため井戸田2人本当に結婚する思ってたらしく小沢8年ぶりに飲み誘ったという。これに小沢は「何かお前もきつかったよ」と発言している。

※この「裏話」の解説は、「緊急結婚特番」の解説の一部です。
「裏話」を含む「緊急結婚特番」の記事については、「緊急結婚特番」の概要を参照ください。


裏話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2009/09/04 16:16 UTC 版)

夢よひらけ」の記事における「裏話」の解説

加藤久仁彦自身のコンサート等で語った話によると、加藤文子は自身ファンだった水前寺清子代表曲一つ三百六十五歩のマーチイメージして 作詞したそうであるそのため作曲するにあたって文子から同曲を思い起こさせるような明る曲調にしてくれるように注文つけられたが、久仁自身の判断現行の落ち着いた曲調となった

※この「裏話」の解説は、「夢よひらけ」の解説の一部です。
「裏話」を含む「夢よひらけ」の記事については、「夢よひらけ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「裏話」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「裏話」の例文・使い方・用例・文例

  • そんな裏話があったんだ
Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



裏話と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「裏話」の関連用語

裏話のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



裏話のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのファンタビジョン (改訂履歴)、ごっくん馬路村 (改訂履歴)、タイタンの戦い (2010年の映画) (改訂履歴)、危険な遊び (改訂履歴)、プライドと偏見 (改訂履歴)、アンドロメダ (テレビドラマ) (改訂履歴)、アメリカン・グラフィティ (改訂履歴)、アメリカン・ヒーロー (改訂履歴)、ハード・ターゲット (改訂履歴)、TUBE (映画) (改訂履歴)、南の島のフリムン (改訂履歴)、強行採決 (改訂履歴)、燃えよ! カンフー (改訂履歴)、純ちゃんの応援歌 (改訂履歴)、山あげ祭 (改訂履歴)、念仏の鉄 (改訂履歴)、ウルトラマンの登場怪獣 (改訂履歴)、ベスト・キッド (改訂履歴)、ゼットン (改訂履歴)、ソラログ (改訂履歴)、FM DEPO (改訂履歴)、緊急結婚特番 (改訂履歴)、夢よひらけ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS