思春期ルネサンス!ダビデ君とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 思春期ルネサンス!ダビデ君の意味・解説 

思春期ルネサンス!ダビデ君

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 14:11 UTC 版)

思春期ルネサンス!ダビデ君』(ししゅんきるねさんす だびでくん、Adolescenza rinascimentale di sig.David[注 1])は、黒木雄心による日本漫画


注釈

  1. ^ 単行本1巻表紙カバー下に記載されている、正式な洋題。イタリア語である。
  2. ^ 週刊少年ジャンプ2018年42号。他に「自由すぎる思春期日常コメディ」(公式サイト)、「暴走思春期コメディ」(1巻や2巻の帯)など。
  3. ^ 週刊少年ジャンプ2018年42号。しかも異例の、ギャグ漫画二作品を「同一号で同時に」新連載であった。当時の連載作品については週刊少年ジャンプ連載作品の一覧も参照。
  4. ^ パロラッチャ(イタリア語のスラング)。日本語で「くそっ!」という意味。第1絵から用いられ、1巻の「パロラッチャ辞典」でも最初に紹介される。

出典

  1. ^ “ダビデ像彷彿とさせる高校生のコメディ&ご当地ネタ満載のギャグがジャンプで”. マイナビ公式サイト. (2018年9月15日). https://news.mynavi.jp/article/20180915-693630/ 2018年12月27日閲覧。 
  2. ^ “ジャンプ史上初!? ギャグW新連載に反響続出! 自由すぎる思春期コメディ&ご当地ギャグ作品”. ダヴィンチニュース. (2018年9月20日). https://ddnavi.com/news/488631/a/ 2019年2月11日閲覧。 
  3. ^ “「思春期ルネサンス!ダビデ君」最終巻に50Pの描き下ろし、帯には出水ぽすか”. コミックナタリー. (2019年7月4日). https://natalie.mu/comic/news/338435 2019年7月6日閲覧。 
  4. ^ 週刊少年ジャンプ2018年49号、第8絵時点。“「破壊力にやられた…」ジャンプ注目作『思春期ルネサンス! ダビデ君』水着センターカラーに大興奮”. ダヴィンチニュース. (2018年11月9日). https://ddnavi.com/news/498652/a/ 2018年12月27日閲覧。 
  5. ^ a b c 週刊少年ジャンプ2019年6・7号付録のカレンダー。
  6. ^ a b c d 第4巻『描き下ろし番外編 ダビデ君の結婚式』より。
  7. ^ a b c d e 第4巻『描き下ろし番外編 モナリザの微笑み』より。
  8. ^ “「思春期ルネサンス!ダビデ君」小便小僧の小便、飲み水だった”. ライブドアニュース. (2019年3月28日). https://news.livedoor.com/article/detail/16229015/ 2019年7月14日閲覧。 
  9. ^ a b 第3巻『描き下ろし番外編 ラフミとゴリアテ』より。
  1. ^ 思春期ルネサンス!ダビデ君 1 / 黒木 雄心”. 集英社コミック公式 S-MANGA. 2019年1月4日閲覧。
  2. ^ 思春期ルネサンス!ダビデ君 2 / 黒木 雄心”. 集英社コミック公式 S-MANGA. 2019年3月4日閲覧。
  3. ^ 思春期ルネサンス!ダビデ君 3 / 黒木 雄心”. 集英社コミック公式 S-MANGA. 2019年6月4日閲覧。
  4. ^ 思春期ルネサンス!ダビデ君 4 / 黒木 雄心”. 集英社コミック公式 S-MANGA. 2019年7月4日閲覧。


「思春期ルネサンス!ダビデ君」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

思春期ルネサンス!ダビデ君のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



思春期ルネサンス!ダビデ君のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの思春期ルネサンス!ダビデ君 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS