絶対評価とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 方法 > 絶対評価の意味・解説 

ぜったい‐ひょうか〔‐ヒヤウカ〕【絶対評価】

設定された教育目標に対し、個人どれだけ達成したかを評価する方法到達度評価。⇔相対評価


絶対評価(ぜったいひょうか)

個人意欲やる気に基づく内面的評価

他人比較して、集団の中での位置評価する「相対評価」に対し、個人意欲やる気などの <がんばり具合> を評価する方法のことだ。競争主義からゆとり主義への転換の中で現れた。

児童生徒ごとに学校で活動記録される指導要録では、教科学習評価記述される。従来は、テストどれだけ点が取れたかということ重視し、集団の中で順位けられる相対評価主流だった。これは、学級学年という集団の中で、その児童生徒知識の量がどの程度なのかを見るには有効な目安だった。

しかし、自ら学び自ら考える力などの「生きる力」という新しい学力観を見るには、テスト成績基準にするだけは限界がある。絶対評価においては、たとえ成績が悪くても、努力して頑張っていこうとする児童生徒を「生きる力」があると評価する。

具体的に言うと、5段階評価で、これまで集団の中で特に優れている」ことを意味していた「5」は、「特に高い程度目標達成している」と改められることになる。

新しい学力観に基づいた評価法取り入れると同時にこれまで進学志望先など外部向けて使われていた成績評価役割終わり教師から子どもに向けたメッセージとしての側面大きくなりそうだ。

(2001.05.12更新


絶対評価

定められた評価基準によって、従業員個々レベル評価判定する方法を言う。

評価基準が明確にひとつの尺度ハードルとして確立している場合に用いられる方法であり、個々人能力発揮に応じた処遇実現や、評価結果に基づく能力開発自己啓発への動機付けなどが可能になる。

一方で相対化を行う場合比較して、支払い原資コントロール難しくなる点もある。

関連ページ
人事制度

絶対評価

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/13 03:36 UTC 版)

絶対評価(ぜったいひょうか)は、評価のうち、特定の基準に基づいて絶対的に評価する方法




「絶対評価」の続きの解説一覧



絶対評価と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「絶対評価」の関連用語

絶対評価のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



絶対評価のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2021 時事用語のABC All Rights Reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2021 Active and Company Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの絶対評価 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS