Weblio 辞書 > 金融コラム一覧 > FXの円高、円安とは

FXの円高、円安とは

 

FX(外国為替証拠金取引)では、円高、円安という言葉をよく耳にします。

例えば、USD/JPYが1ドル81.50円から81.30円へ値動きした場合には、円の価値が高くなったので、「20銭の円高」といいます。USD/JPYの価格が下がったから「円安」というのは誤りです。

また、円の価値が高くなったということは、米ドルの価値が安くなったので、「20銭のドル安」ともいいます。さらに、「20銭の円高」と「20銭のドル安」を合わせて「20銭の円高ドル安」ともいいます。


一方、USD/JPYが1ドル81.50円から81.80円へ値動きした場合には、円の価値が安くなったので、「30銭の円安」といいます。USD/JPYの価格が上がったから「円高」というのは誤りです。

また、円の価値が安くなったということは、米ドルの価値が高くなったので、「30銭のドル高」ともいいます。さらに、「30銭の円安」と「30銭のドル高」を合わせて「30銭の円安ドル高」ともいいます。


円高、円安は、USD/JPY以外にも、EUR/JPY、GBP/JPY、AUD/JPY、NZD/JPYのような通貨に対しても用いられます。

ちなみに、EUR/USDでは、1ユーロ1.3230ドルから1.3130ドルへ値動きした場合には、ドルの価値が高くなったので、「1セントのドル高」といいます。また、ドルの価値が高くなったということは、ユーロの価値が安くなったので、「1セントのユーロ安」ともいいます。さらに、「1セントのドル高ユーロ安」ともいいます。
(2012年05月11日更新)




カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

検索ランキング

©2022 GRAS Group, Inc.RSS