現行モデルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 現行モデルの意味・解説 

現行モデル

読み方:げんこうモデル

現在売られている商品の型、市場流通しているモデルといった意味の語。

現行モデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/12 09:50 UTC 版)

ブロンプトン・バイシクル」の記事における「現行モデル」の解説

フォールディング・バスケット:畳んで収納可能な買い物かご容量24リットル。 Aバッグ2010年登場ビジネス利用などのフォーマルな所で使える革製アタッシェケース容量9リットル。 Cバッグ2009年登場以前のフロントパニアバッグ(後述)から派生したタイプナイロン製防水性はないが、専用のレインカバーが付属する容量25リットル。 Sバッグ2006年登場Sタイプにも装着可能なバッグ容量20リットル主室ポケットは、ベルクロマジックテープ)で閉じるので開閉しやすい。 Tバッグ以前のツーリングパニアバッグ(後述)から派生したタイプツーリングなど比較長距離に使うバッグ容量31リットル。 Oバッグ2010年より登場オルトリープ社の完全防水素材使用したバッグ他のモデルとは異なり、キャリアフレームを必要とせず、一体形になっているブロンプトンのパニアバッグに習って背面小さなポケットがついており、自在に取り外すことも可能。容量20リットルミニOバッグ小型のOバッグSタイプにも装着可能。容量7リットル

※この「現行モデル」の解説は、「ブロンプトン・バイシクル」の解説の一部です。
「現行モデル」を含む「ブロンプトン・バイシクル」の記事については、「ブロンプトン・バイシクル」の概要を参照ください。


現行モデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 09:37 UTC 版)

マセラティ」の記事における「現行モデル」の解説

クアトロポルテ (Quattroporte)ギブリ (Ghibli)レヴァンテ (Levante)MC20MC20グレカーレ (Grecale)4ドアのスポーツセダン。現行モデルは2013年1月発表された6代目4ドアのスポーツセダン。現行モデルは2013年4月発表された3代目マセラティ初のSUV2016年発売。 MC12以来スーパースポーツ2020年9月発表マセラティ2車種目のSUV2022年3月発表

※この「現行モデル」の解説は、「マセラティ」の解説の一部です。
「現行モデル」を含む「マセラティ」の記事については、「マセラティ」の概要を参照ください。


現行モデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 05:17 UTC 版)

L85」の記事における「現行モデル」の解説

318 mm銃身持ちハンドガード代わりにフォアグリップ(前期型はL86の伏射グリップ流用後期型ピカティニー・レール装着)を標準装備としている。また、サイズ上の問題でアイアンサイトは装着できず、SUSATなど光学照準器必要とするイギリス陸軍後期型をL22として採用し装甲戦闘車両ヘリコプター搭乗員配備している。

※この「現行モデル」の解説は、「L85」の解説の一部です。
「現行モデル」を含む「L85」の記事については、「L85」の概要を参照ください。


現行モデル(在庫品限り)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 14:11 UTC 版)

マクセル」の記事における「現行モデル(在庫品限り)」の解説

BIV-TW1100 TW1000の後継機。トリプルチューナー搭載前作1000シリーズ無かった新番組自動録画機能を初搭載iVポケット2系統搭載し片方録画中にも片方録画した番組再生可能BIV-WS1100 WS1000の後継機。Wチューナー搭載主要機能はWS1100と共通。 上述機種マクセルBDレコーダー最終機種となり、本機を以てマクセルBDレコーダー生産より撤退これに伴い日立コンシューマーマーケティングリビングサプライ社は2017年8月日立チェーンストールのみで販売するWoooブランドBDレコーダー「DVL-BRT20」を発売している(パナソニックディーガ2016年秋冬モデルDMR-BRW1020」のOEMで、2012年モデル「DVL-BRT12」以来5年ぶりの再発売アナログAV出力端子光デジタル出力端子廃止されTV受像機及びシアターとは別売りHDMIケーブルでしか繋げない。アナログAV入力端子1系統搭載)。

※この「現行モデル(在庫品限り)」の解説は、「マクセル」の解説の一部です。
「現行モデル(在庫品限り)」を含む「マクセル」の記事については、「マクセル」の概要を参照ください。


現行モデル(2022年3月現在)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 10:11 UTC 版)

アクオス」の記事における「現行モデル(2022年3月現在)」の解説

数字は型(インチ)。Vは「ヴィジュアルサイズ」の略で、実際の画面サイズ換算ブラウン管比では+2型相当)となる。すべて地上デジタルテレビジョン放送BSデジタル放送110度CSデジタル放送チューナー内蔵。 現行モデルのほとんどはAQUOSファミリンク II」に対応するまた、型番発売当初から長らく"LC-"から始められていたが、2018年発売モデル型番一新され8K UHDモデルは"8T-"から、4K UHDモデルは"4T-"から、フルハイビジョン/ハイビジョンモデルは"2T-"からそれぞれ始まようになったX14K 8Kテレビ放送(BS8K/BS4K/110度CS4K)の受信対応した8K/4Kチューナー搭載した8K UHDモデル2020年5月時点におけるAQUOSフラッグシップモデル位置付けられる4Kチューナーは2基搭載されており、別売り外付けハードディスク録画中にチャンネルのBS4K/110度CS4K放送視聴可能であるBS8K放送シャープ純正外付けハードディスク(8R-C80A1)を組み合わせることで録画可能である音響パワー体積密度補正を行う「Eilex PRISM」と「VIR Filter」も採用されたAX1ライン8K UHD高精細パネル倍速120Hzで高速駆動させ、約3,300万画素・秒間120情報量表示可能な8K倍速液晶」が搭載されXシリーズ搭載の「メガコントラスト」においては、60v型と70v型には開口率が高いUV2A液晶、80v型には更に透過率が高いUV2AII液晶採用されたことで輝き復元を向上させ、「リッチカラーテクノロジープロ」はカラーフィルタ蛍光体広色域タイプ用いバランス最適化されたことで赤色再現力が向上された。また、2Kハイビジョン/フルハイビジョン)や4K UHD8K UHD当の映像アップコンバートする8K画像処理エンジンAQUOS 8K Smart Engine PRO」が搭載されている。音質面でスピーカー振動板20傾斜させたことで前方向と上方向の音放射領域拡大された。 CX1ラインは光の3原色純度高めて色彩表現がさらに豊かになり、斜め方向広く発色することで視野位置関係なく鮮明な映像視聴可能な8K Pure Color パネル」となり、画像処理エンジン後述するBW1ラインと同じ「Medalist Z1となったまた、BW1ライン搭載されスポーツ中継向け画質モード8Kスポーツビュー」やスポーツ中継向けスタジオサウランド機能備えた「WIDE-AREA SOUND SYSTEM(ワイドエリア サウンド システム)」も新たに搭載された。 DX1ライン液晶有機ELそれぞれの利点兼ね備えた映像技術「XLED(エックスレッド)」を採用バックライト使用するLEDmini LEDとして高密度化され、微細なエリア毎に映像連動させて分割駆動することで高輝度映像再現可能にするアクティブmini LED駆動」や近接するエリア輝度解析行い液晶LED駆動制御最適化する独自回路「フレアブライトネス」を搭載。「リッチカラーテクノロジー」はナノサイズの半導体粒子光波変換を行う粒子ドット採用した粒子ドットリッチカラー」に、画像処理エンジン映像本来の質感輪部映像信号からリアルタイム復元するオブジェクト プロファイリング」、入力フォーマットに応じて明暗描写最適化させる「スマートアクティブコントラスト」、輝度信号解析して映像本来の明るさ推測して復元させる「輝き復元」などを備えたMedalist Z2X」へ進化サウンドシステムはハイトミッドレンジを追加して8スピーカー増強した「AROUND SPEAKER SYSTEM PLUSアラウンド スピーカー システム プラス)」となり、音楽番組音楽ライブ配信など対応した音楽ライブモード搭載された。リモコンCX1ラインではNETFLIXPrime Video下部に、YouTube中央に分散して配置されていた「アプリダイレクト」ボタン上部移して1ヶ所に集約し種類U-NEXThuluABEMAParavi加えた7つ拡充録画番組操作ボタン中央から下部に移動しスリム化軽量化図られ新型となった音声操作後述するDW1ラインDN1ライン同様にリモコン操作だけでなくハンズフリー操作にも対応した本体スイッチマイク無効化も可能)。フレームは0.2cmの狭額縁金属製採用した「フローティングディスプレイ」となった。なお、本ラインは「AQUOS XLED」を名乗る。 DX1ライン - 8K UHD[7680×4320画素]・8スピーカーハイト+サイド+アンダー)・8Kシングル+4Kダブル+デジタルトリプルチューナー・Android TV/COCORO VISIONDLNAプレーヤーホームネットワーク機能8T-C85DX1/C75DX1/C65DX1(スキャンスピード) CX1ライン - 8K UHD[7680×4320画素]・6スピーカーサイド+アンダー)・8Kシングル+4Kダブル+デジタルトリプルチューナー・Android TV/COCORO VISIONDLNAプレーヤーホームネットワーク機能8T-C70CX1/C60CX1(スキャンスピード) AX1ライン - 8K UHD[7680×4320画素]・アンダースピーカー・8Kシングル+4Kダブル+デジタルトリプルチューナー・Android TV/COCORO VISIONDLNAプレーヤーホームネットワーク機能8T-C80AX1/C70AX1/C60AX1(960スピードW1系 フルハイビジョン16倍の高解像度を持つ8K UHDモデル。 BW1ライン4Kダブルチューナーを搭載するとともに8K映像処理エンジンを「8K精細アップコンバート」や「8Kリアリティ復元アップコンバート」などを備えたMedalist Z1」となり、倍速補完され映像切り替わりに合わせて黒部分を挿入することで視覚的に発生する動きのボヤケを低減させるとともに明るさコントラスト・色・音声サウランドを調整するスポーツ中継向け画質モード8Kスポーツビュー」を搭載音質面で傾斜構造配置された2wayスピーカーユニットに加えてダブル・サブウーハーも搭載しスポーツ中継向けのスタジオサウランド機能備えた「WIDE-AREA SOUND SYSTEMとなったサイズは60V型に加え、70V型を追加した2サイズとなった。 DW1ラインはBW1ラインでは非搭載だった8Kチューナー搭載しYouTube8K動画再生に対応。8K画像処理エンジン独自のアルゴリズムである「スマートアクティブコントラスト」を採用したMedalist Z2となった音声操作リモコンでの操作に加えリモコン使わずテレビに向けて話すだけで操作可能なハンズフリー音声操作にも対応した本体スイッチマイク無効化することも可能)。リモコンはBW1ラインでは下部配置されていた「アプリダイレクト」ボタン上部移し種類もBW1ライン配置されていたNETFLIXYouTubeに、Prime VideoU-NEXThuluABEMAParavi追加して7つ拡充録画番組操作ボタン中央から下部に移動しスリム化軽量化図られ新型となった。 DW1ライン - 8K UHD[7680×4320画素]・アンダースピーカー・8Kシングル+4Kダブル+デジタルトリプルチューナー・Android TV/COCORO VISIONDLNAプレーヤーホームネットワーク機能8T-C70DW1/C60DW1(スキャンスピード) BW1ライン - 8K UHD[7680×4320画素]・アンダースピーカー・4Kダブル+デジタルトリプルチューナー・Android TV/COCORO VISIONDLNAプレーヤーホームネットワーク機能8T-C70BW1/C60BW1(960スピードP1液晶有機ELそれぞれのメリット兼ね備えた映像技術「XLED(エックスレッド)」を搭載した4K UHDモデル8K UHDモデルのDX1ライン同様、「AQUOS XLED」を名乗る。 DP1ラインでは、空気封じ込めたナノカプセル配合素材を低反射コート採用した「N-Blackパネル」が搭載され画像処理エンジンには「Medalist Z2X」をベースに「超解像アップコンバート」を4K対応とした「Medalist S2X」を採用。「AROUND SPEAKER SYSTEM PLUS」は下部ミッドレンジ4個とツィーター2個、上部は音を斜め前方向放出させるため前面20傾斜をつけたうえでハイトミッドレンジとハイトツィーターを2個ずつそれぞれ配置し背面サブウーファー備えた11スピーカー仕様搭載フレーム幅を0.7cmの狭額縁とした「フローティングディスプレイ」が採用され水平方向左右計約30度に調節可能な回転式スタンド採用する。 DP1ライン - 4K UHD[3840×2160画素]・11スピーカーハイト+アンダー)・4Kダブル+デジタルトリプルチューナー・Android TV/COCORO VISIONDLNAプレーヤーホームネットワーク機能8T-C65DP1/C55DP1(スキャンスピード) U1系 4K UHDモデルAU1ライン以来設定となるEU1ラインは、「AQUOS XLED」のmini LED制御技術応用し映像に連動してエリア毎に直下LED分割駆動し明暗箇所応じた発行制御を行う「アクティブLED駆動」を採用画像処理エンジン100万通り以上の映像学習したAI活用し映像中から人の顔や空などのオブジェクト情報放送ジャンル放送合わせて色彩明暗精細感を自動調整する映像モードAIオート」を可能にするAI高画質プロセッサー備え回線状況によって解像度変化するネット動画クリア映像再現するネット動画クリア補正」を追加したMedalist S3」を搭載音質面ではDP1ラインと同じ11スピーカー仕様の「AROUND SPEAKER SYSTEM PLUS」が搭載されたほか、新たに立体音響フォーマットの「Dolby Atmos」に対応。ネットサービスではGoogle TV対応しリモコンの「アプリダイレクトボタン」は「アプリ」を「Disney+」に変更したことで8つとなった市販USBカメラ接続することで、ビデオ通話アプリの「Google Duo」に対応したほか、ミラー代わりに使用したり、写真ショートムービー撮影可能なミラー/カメラアプリ「リビングカメラ」を搭載。スイーベル(左右計約30°)機能備えた回転式スタンド新デザインとなり、付属のねじで固定することで意図しない回転抑える回転ロック機能」と正面から見えないようにケーブルまとめて配置することが可能な「ケーブルマネジメント機構」を採用。さらに、指定した時間帯目の負担軽減配慮され映像自動調整する「リラックスビュー」も搭載されHDMI入力端子は4K120Hz入力とVRR/ALLM/eARCに対応(VRRALLM入力3/4eARC入力3で対応。機能有効にするには設定が必要)し、Wi-Fi 6対応したことで通信速度接続安定性向上された。なお、AU1では非搭載だったBS4K/110度CS4Kチューナー裏録画も可能(地上BS110度CSデジタル放送合わせた2番同時裏録画も可能)なダブルチューナーで搭載された。 EU1ライン - 4K UHD[3840×2160画素]・11スピーカーハイト+アンダー)・ 4Kダブル+デジタルトリプルチューナー・Google TV/COCORO VISIONDLNAプレーヤーホームネットワーク機能4T-C65EU1/C55EU1(480スピード) N1/N2系 4Kダブルチューナー搭載4K UHDフラグシップモデル。 CN1ライン8K UHDモデル向けの映像アップコンバート技術応用し解像度映像フォーマット判別し高精細理を施す「4K Master アップコンバートプロ」や映像信号含まれるシーンごとの輝度情報解析し映像フォーマットに合わせて明暗描き分け明部白とび暗部黒つぶれ抑えながら、中間階層コントラスト鮮明に映し出す独自のアルゴリズム「スマートアクティブコントラスト」で構成されHDR10HLGDolby Vision加えた3つのHDR規格対応した4K画像処理エンジンMedalist S1」が搭載された。サイズバリエーションは55V型が追加され、5サイズとなったDN1ラインアップコンバート機能が「4K超解像アップコンバートとなった4K画像処理エンジンMedalist S2となった。DW1ライン同様、ハンズフリー音声操作搭載しリモコンはCN1ラインではNETFLIXPrime Video下部に、YouTube中央に分散して配置されていた「アプリダイレクト」ボタン上部移して1ヶ所に集約し種類U-NEXThuluABEMAParavi加えた7つ拡充録画番組操作ボタン中央から下部に移動しスリム化軽量化図られ新型となった。70V型はサウンドシステムがCN1ラインの「WIDE-AREA SOUND SYSTEM」から他のサイズと同じ「FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS」へ変更となった。サイズラインナップは65V型を追加し、6サイズとなったが、43V型と50V型はハンズフリー音声操作を非搭載としたDN2ラインでの発売となる。 EN1ラインはEU1ライン同様、画像処理エンジンが「Medalist S3」となり、立体音響フォーマットの「Dolby Atmos」に対応。ネットサービスGoogle TV対応しリモコンの「アプリダイレクトボタン」は「アプリ」を「Disney+」に変更したことで8つ拡充ビデオ通話アプリGoogle Duo」に対応しミラー/カメラアプリ「リビングカメラ」や「リラックスビュー」が搭載されHDMI入力端子は4K120Hz入力とVRR/ALLM/eARCに対応しWi-Fi 6にも対応した。なお、43V型と50V型はDN2ライン同様、ハンズフリー音声操作を非搭載としたEN2ラインでの発売となる。 EN1ライン - 4K UHD[3840×2160画素]・アンダースピーカー・4Kダブル+デジタルトリプルチューナー・Google TV/COCORO VISIONDLNAプレーヤーホームネットワーク機能4T-C70EN1/C65EN1/C60EN1/C55EN1(480スピード) EN2ライン - 4K UHD[3840×2160画素]・アンダースピーカー・4Kダブル+デジタルトリプルチューナー・Google TV/COCORO VISIONDLNAプレーヤーホームネットワーク機能4T-C50EN2/C43EN2(480スピードDN1ライン - 4K UHD[3840×2160画素]・アンダースピーカー・4Kダブル+デジタルトリプルチューナー・Android TV/COCORO VISIONDLNAプレーヤーホームネットワーク機能4T-C70DN1/C65DN1/C60DN1/C55DN1(480スピード) DN2ライン - 4K UHD[3840×2160画素]・アンダースピーカー・4Kダブル+デジタルトリプルチューナー・Android TV/COCORO VISIONDLNAプレーヤーホームネットワーク機能4T-C50DN2/C43DN2(480スピード) CN1ライン - 4K UHD[3840×2160画素]・アンダースピーカー・4Kダブル+デジタルトリプルチューナー・Android TV/COCORO VISIONDLNAプレーヤーホームネットワーク機能4T-C70CN1/C60CN1/C55CN1/C50CN1/C43CN1(480スピードL1系 4Kダブルチューナー搭載4K UHDハイグレードモデル。 CL1ラインはCN1ライン同様にMedalist S1」が搭載されたほか、高効率LEDバックライトシステム「リッチブライトネス」の改良により画面輝度向上された。 DL1ラインはDN1/DN2ライン同様に4K画像処理エンジンに「Medalist S2」を搭載したほか、リモコンは「アプリダイレクトボタン」を上部集約して拡充し録画番組操作ボタン中央から下部に移動しスリム化軽量化図られ新型となった。サイズラインナップは55V型と40V型を廃止する一方、65V型を追加して3サイズ整理された。 EL1ラインはEU1ライン・EN1/EN2ライン同様に画像処理エンジンに「Medalist S3」を搭載し立体音響フォーマットの「Dolby Atmos」に対応。ネットサービスGoogle TV対応しリモコンの「アプリダイレクトボタン」は「アプリ」を「Disney+」に変更したことで8つ拡充ビデオ通話アプリGoogle Duo」に対応しミラー/カメラアプリ「リビングカメラ」や「リラックスビュー」が搭載されHDMI入力端子は4K120Hz入力とVRR/ALLM/eARCに対応しWi-Fi 6にも対応。サイズラインナップに75V型が追加され、4サイズとなった。 EL1ライン - 4K UHD[3840×2160画素]・アンダースピーカー・4Kダブル+デジタルトリプルチューナー・Google TV/COCORO VISIONDLNAプレーヤーホームネットワーク機能4T-C75EL1/C65EL1/C50EL1/D43EL1(120スピード) DL1ライン - 4K UHD[3840×2160画素]・アンダースピーカー・4Kダブル+デジタルトリプルチューナー・Android TV/COCORO VISIONDLNAプレーヤーホームネットワーク機能4T-C65DL1/C50DL1/D43DL1(120スピード) CL1ライン - 4K UHD[3840×2160画素]・アンダースピーカー・4Kダブル+デジタルトリプルチューナー・Android TV/COCORO VISIONDLNAプレーヤーホームネットワーク機能4T-C55CL1/C50CL1/C43CL1/C40CL1(120スピードJ1系 4Kダブルチューナー搭載4K UHDスタンダードモデル。 BJ1ライン以来設定となるDJ1ラインでは、4K画像処理エンジンDN1ライン・DL1ラインと同じ「Medalist S2」となり、音楽番組音楽ライブ配信など対応した音楽ライブモード搭載リモコンはBJ1ラインでは下部配置されていた「アプリダイレクトボタン」を上部移し種類もBJ1ライン配置されていたNETFLIXYouTubeに、Prime VideoU-NEXThuluABEMAParavi追加して7つ拡充録画番組操作ボタン中央から下部に移動しスリム化軽量化図られ新型となったサイズはBJ1ラインの40V型からサイズアップし、42V型となったDJ1ライン - 4K UHD[3840×2160画素]・アンダースピーカー・4Kダブル+デジタルトリプルチューナー・Android TV/COCORO VISIONDLNAプレーヤーホームネットワーク機能4T-C42DJ1(120スピードH1系 4Kダブルチューナーを搭載しネットワーク関連の機能省いた4K UHDシンプルモデル。 バスレフ型スピーカーボックスが採用されており、50V型には「フロントリフレクター」、60V型には「FRONT OPEN SOUND SYSTEM」が搭載されている。また、リモコンテレビ視聴USB外付けハードディスク録画・再生特化してボタンの数を少なくした「シンプルリモコン」となる。 CH1ラインでは、サイズラインナップが一部変更となり、40V型が設定されない替わりに、55V型が設定された。BH1ラインでは60V型に搭載されていた「FRONT OPEN SOUND SYSTEM」は50V型と55V型に搭載(60V型は非搭載となる)。曜日ごとに細かく設定可能なプログラムタイマー式の「おはようタイマー」が搭載された。 DH1ラインでは、「リッチカラーテクノロジー」なしの「AQUOS 4K Master Engine」となり、直下型LEDバックライト搭載サイズは42V型のみとなる。 DH1ライン - 4K UHD[3840×2160画素]・サイドスピーカー・4K/デジタルダブルチューナー4T-C42DH1 CH1ライン - 4K UHD[3840×2160画素]・サイドスピーカー・4K/デジタルダブルチューナー4T-C60CH1/C55CH1/C50CH1 BH1ライン - 4K UHD[3840×2160画素]・サイドスピーカー・4K/デジタルダブルチューナー4T-C40BH1 E1系 中型のスタンダードモデル別の部屋設置のAQUOSブルーレイ」や外付けハードディスクLAN接続して録画した番組視聴可能なホームネットワーク機能搭載されている。 BE1ライン - フルハイビジョン[1920×1080画素]・アンダースピーカー・デジタルダブルチューナー(うち1つ裏番組録画専用)・DLNAプレーヤーホームネットワーク機能2T-C42BE1 AE1ライン - アンダースピーカー・ダブルチューナー(うち1つ裏番組録画専用)・DLNAプレーヤーホームネットワーク機能2T-C40AE1 - フルハイビジョン[1920×1080画素] 2T-C32AE1 - ハイビジョン[1366×768画素] DEシリーズ 中・小型パーソナルモデル(インターネット機能非対応)。スピーカー開口部に音を前方届けリフレクター構造採用されUSB外付けハードディスク録画時にシーン音声)の切り換わり部分検知し自動チャプターマーク記録するおまかせオートチャプター機能搭載。「簡単サクッと検索」はリモコンに「番組検索ボタン追加して検索呼び出しが可能となり、USB端子2系統(うち1系統USBメモリー(写真)専用)に増えHDMI端子1系統ARC(オーディオリターンチャンネル)機能対応し、同じARC対応のシアターラックとは光デジタル音声ケーブルなしで接続が可能となった。サイズバリエーションはADシリーズ3サイズに加え直下型LEDバックライト搭載した32V型が追加され、4サイズとなったカラーすべてのサイズブラックホワイトの2色が設定されるDEライン - アンダースピーカー・ダブルチューナー(うち1つ裏番組録画専用)・DLNAプレーヤーホームネットワーク機能フルハイビジョン[1920×1080画素]2T-C22DE ハイビジョン[1366×768画素]2T-C32DE/C24DE/C19DE ADシリーズ USB外付けハードディスクによる裏番組録画対応した小型パーソナルモデル。本体カラー後述するK45ラインP5ライン同様、ブラックホワイトの2色展開である。AE1ライン同様に別の部屋設置のAQUOSブルーレイ」や外付けハードディスクLAN接続して録画した番組視聴可能なホームネットワーク機能搭載された。アクオスポータブル2021年3月限り生産終了となったため、19v型はアクオス現行機種最小モデルとなる。 ADライン - アンダースピーカー・デジタルダブルチューナー(うち1つ裏番組録画専用)・DLNAプレーヤーホームネットワーク機能フルハイビジョン[1920×1080画素]2T-C22AD ハイビジョン[1366×768画素]2T-C24AD/C19AD

※この「現行モデル(2022年3月現在)」の解説は、「アクオス」の解説の一部です。
「現行モデル(2022年3月現在)」を含む「アクオス」の記事については、「アクオス」の概要を参照ください。


現行モデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/28 00:43 UTC 版)

ヤマハ・PACIFICA」の記事における「現行モデル」の解説

PACIFICA112シリーズ1995年登場以来改良重ねながら製造され続けているエントリーモデルカラーバリエーション大手楽器店別注し、限定発売した色も少なくない)や、スペシャルパーツ搭載モデル無数に存在する2008年には、デビュー以来最大の改良が行われ、品番が112Vとなった主な点は以下のとおり。ブリッジサドルがブロックタイプになる。 リアピックアップがこれまでのピックガードマウントから、エスカッションマウントになる。 コイルタップ機能搭載される(トーンコントロールノブに内蔵)。 PACIFICA120H2011年リリース。2ハムでコイルタップも可能。ハードテイルブリッジ。 PACIFICA212Vシリーズ2010年リリース。112Vをベースに、メイプル材をボディトップにラミネートした上級仕様ヘッドストックにも材を貼りボディ同色仕上られている。 この貼りメイプル紙のように薄く剥いた大根桂剥き原理木材主材貼りつけたもので、レスポールのように音質影響するものではない。 PACIFICA1611MSマイク・スターンモデル。S仕様ボディブリッジ採用。"MS"は彼のイニシャルだが、奇しくも上記法則の「メイプル指板」「シングルカッタウェイ」というスペックをも満たしている1997年に1511MSとして発売2012年に新仕様になったを機に現在のモデルとなった以下は海外先行発売された後、日本国内投入された。これに伴い従来モデルロゴ変更された。 PACIFICA611HFM2012年3月リリースPACIFICA歴史の中で、最も変化大きなモデルである。まずヘッドPACIFICAロゴゴシック風の大文字表記になっている事とブリッジ固定式(Hardtail Bridge with Graph Tech String Saver Saddle)となりアーム排除された。ピックアップフロントSeymour Duncan(SP90-1n)シングルコイルと、リアSeymour DuncanCustom 5)レトロな雰囲気のメタルカバードハムバッカーが装着されている。 PACIFICA611VFM2015年6月リリースハードテイル仕様の611HFMに対しWilkinson製トレモロブリッジを搭載カラーバリエーションはトランスルーセントブラックのみ共通している。 PACIFICA612VFM2018年7月リリースピックアップフロント側からS-S-H配列フロントSeymour Duncan(SSL-1)、センターSeymour Duncan(SSL-1 RwRp)、リアSeymour Duncan(Custom5)を搭載。新フィニッシュインディゴブルー」を含むシースルーカラー3色をラインアップ。 PACIFICA612VFMX2021年1月リリース上述の612VFMと同仕様色違いだが、ピックガードの色がこれまで600シリーズ採用されていたブラックからクリームになっている。 PACIFICA612V X2021年1月リリーストップ材無しのアルダーボディ以外は612VFMXと同仕様一部塗装マット/サテン仕上げとなっている。 PACIFICA311H2012年3月リリース。611HFMからボディトップの貼りメイプル排しピックアップヤマハ内製換装した廉価版

※この「現行モデル」の解説は、「ヤマハ・PACIFICA」の解説の一部です。
「現行モデル」を含む「ヤマハ・PACIFICA」の記事については、「ヤマハ・PACIFICA」の概要を参照ください。


現行モデル(2014年現在)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/16 15:32 UTC 版)

Lip×Lap」の記事における「現行モデル(2014年現在)」の解説

現在、全て生産終了となっている。

※この「現行モデル(2014年現在)」の解説は、「Lip×Lap」の解説の一部です。
「現行モデル(2014年現在)」を含む「Lip×Lap」の記事については、「Lip×Lap」の概要を参照ください。


現行モデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 02:08 UTC 版)

デモンターブル」の記事における「現行モデル」の解説

デモンターブルオーダー注文製造される事がほとんどである。しかし少数ではある大量生産前提製造されているものもある。現時点で製品以下の通りである。 アレックス・モールトンAlex Moulton)/ブリヂストン・モールトンBridgestone Moulton独特のトラスフレーム形状小径車はあるが、自転車広義にはデモンターブル一種となる。分割六角レンチ一本で可能。 リッチーRitchey)/ダホン 2004年より分割方式のフレームブレイクアウェイ(Breakaway)」を販売軽量画期的な接合方式シートポストフレームをつなぐ強度の一部として計算されており、六角レンチ一本で分割可能。その後折り畳み自転車メーカーダホンリッチーパテント使用権取得、リッチーブランドと並行してブレイクアウェイフレームを使ったデモンターブル自社ブランドとして製造している。2017年現在は分可能なカーボンフレーム販売されている。 サーリーSurly前述のBTCカップリング装着したモデルトラベラーズチェック」を2008年に、「ロングホールトラッカーデラックス」を2011年発表2016年には「ワールドトローラー」も発表した生産終了 パナソニック サイクルテックPanasonic以前は同社ナショナルブランド製品「ラ・スコルサ・ヌーボ」にも、ロードミキストなどと並んでデモンターブル・モデルが設定されその後パナソニック サイクルテックPOSと呼ぶオーダーメードシステムデモンターブルとしてラインナップされている車種があったが、2016年POSオーダーラインナップから外れ事実上の生産終了となった接合方式従来の方式でBTCカップリング使用していなかった。

※この「現行モデル」の解説は、「デモンターブル」の解説の一部です。
「現行モデル」を含む「デモンターブル」の記事については、「デモンターブル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「現行モデル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「現行モデル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

現行モデルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



現行モデルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのブロンプトン・バイシクル (改訂履歴)、マセラティ (改訂履歴)、L85 (改訂履歴)、マクセル (改訂履歴)、アクオス (改訂履歴)、ヤマハ・PACIFICA (改訂履歴)、Lip×Lap (改訂履歴)、デモンターブル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS