ワイヤーストリッパーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ワイヤーストリッパーの意味・解説 

ワイヤストリッパ

別表記:ワイヤーストリッパー

被覆され金属線ワイヤー)の被覆除去するための道具工具)の総称芯線不本意に傷つける(削ったり切断したりする)ことなく被覆だけを切除し芯線剥き出しにできる。

ワイヤーストリッパーは用途切断対象に応じて同軸ケーブルストリッパー」「光ファイバーストリッパー」のように呼び分けられることがあるこれらの総称がワイヤーストリッパーである、ともいい得る。

ワイヤーストリッパーは一般的には芯線直径分だけ隙間設けられハサミペンチのような形状しており、たいてい複数芯線の太さに応じた刃が備わっている芯の太さ適合する刃を用いることで、傷つけことなく被覆剥がせる。

ワイヤーストリッパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/15 06:34 UTC 版)

ワイヤーストリッパー: wire stripper)とは、被覆電線などの被覆を剥がすための工具である。一般的にワイヤーストリッパーと言えば多くは手持ち工具で、用手可能なサイズの電線に用いられる。ケーブルストリッパー: cable sripper)や単にストリッパーとも呼ばれている。 一般的に工具メーカーでは「対象線材名称+ストリッパー」の形で名称が付けられている。皮剥き器などと呼ばれることもある。






「ワイヤーストリッパー」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ワイヤーストリッパーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ワイヤーストリッパーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのワイヤーストリッパー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS