キャブタイヤケーブルとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 空調用語 > キャブタイヤケーブルの意味・解説 

キャブタイヤケーブル cabtire cable

ゴム絶縁した心線外側を丈夫なゴムでさらに被覆したもの振動摩擦屈曲衝撃などに強い。

キャブタイヤケーブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/31 13:58 UTC 版)

キャブタイヤケーブル (Cabtyre cable・Cabtire cable) とは作業現場などにおいて通電状態のまま移動可能な電線[1][2]。キャブ(辻馬車)のタイヤのように丈夫なゴムで被覆されていることが由来とされる[3]。「キャプタイヤ」の表記も見られるが、語源からすると誤りである。




「キャブタイヤケーブル」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「キャブタイヤケーブル」の関連用語

キャブタイヤケーブルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



キャブタイヤケーブルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2018 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキャブタイヤケーブル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS