ウミタナゴとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 魚類 > > ウミタナゴの意味・解説 

海鱮

読み方:ウミタナゴ(umitanago)

ウミタナゴ科海水魚


ウミタナゴ

学名Ditrema temmincki 英名:Japanese surfperch
地方名タナゴコモチダイ 
脊椎動物門硬骨魚綱スズキ目ウミタナゴ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ
著作権:尼岡 邦夫

特徴
本種には2つ型があり、マタナゴと呼ばれ背方が黒青色で腹方が銀色を帯びるものと、アカタナゴと呼ばれる背方が赤褐色体側多数褐色の縦の帯があるものとがある。前者の方が深みにすみ、この2型は別種かどうか問題となっている。浅海岩礁域にすみ、甲殻類などの小型底生動物主食とする。仔魚生むとして有名で、雄の腹びれの前部には交尾用の突起がある。山陰地方には逆子を産むことから妊婦には食べさせないという迷信がある

分布:北海道中部九州日本各地朝鮮半島南部 大きさ:〜30cm
漁法:定置網磯釣り 食べ方:つけ焼き唐揚げ煮付け

海鱮

読み方:ウミタナゴ(umitanago)

ウミタナゴ科海水魚

学名 Ditrema temmincki


ウミタナゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/07 14:09 UTC 版)

ウミタナゴ(海鱮、学名:Ditrema temmincki temmincki)は、スズキ目ウミタナゴ科に分類される魚類の一種。名前は、タナゴと体形が似ているため名づけられた。2007年に、従来1種とされていたウミタナゴから青みがかっている型を亜種としてマタナゴ Ditrema temminkii pacificum に、赤みがかっている型を別種としてアカタナゴ Ditrema jordani に分けられた。種小名の「temmincki」は、日本産生物の学名を多く命名したコンラート・ヤコブ・テミンクへの献名である。


  1. ^ 「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p63 昭和33年12月25日発行
  2. ^ 「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p63 昭和33年12月25日発行


「ウミタナゴ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ウミタナゴ」の関連用語

ウミタナゴのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

イトヨリダイ

オニカサゴ

ホキ

オウムガイ

ヨウジウオ

イゴダカホデリ

シロザメ

マガキ





ウミタナゴのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウミタナゴ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS