サッパとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 魚類 > > サッパの意味・解説 

さっ‐ぱ【××播】

[名](スル)種子田畑全面一様にまくこと。さんぱ。「牧草の種を機械で撒播する」


さっぱ【拶魚/×鯯】

ニシン科海水魚全長15センチ一見マイワシに似るが側扁著しい。日本各地沿岸に産し、食用ままかり。《 秋》

さっぱの画像
サッパ(ママカリ)の酢漬け

さっぱ

底が平たい小型和船。さっぱ船。


拶双魚

読み方:サッパ(sappa)

ニシン科海水魚


サッパ

学名Sardinella zunasi 英名:Japanes scaled sardine
地方名ハダラキンカワ 
脊椎動物門硬骨魚綱ニシン目ニシン科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ

特徴
内湾河口域の沿岸砂泥底に生息している。よく似ているコノシロよりも味がさっぱりしているので、この名がついたといわれている。コノシロ若魚とは非常によく似ているが、うろこが大きくコノシロほどはがれやすくないこと、胸びれの上方に黒い斑紋がないことで区別できる。4〜6月産卵期で初夏には大群河口押し寄せ内湾産卵する。甘酢漬けが非常においしく瀬戸内名物となっており、ご飯が足りなくなり隣の家借りに行くほどおいしいことから「飯借りままかり)」と呼ばれる西日本ではママカリと呼ぶことが多く、サッパというのは関東での呼び名である。

分布:北海道以南台湾南シナ海北部 大きさ:13cm
漁法:定置網地曳網釣り 食べ方:酢の物甘酢漬け

ソウハチ

学名Hippoglossoides pinetorum 英名:Pointhead flounder
地方名シロガレイ、サッパ、アクテ 
脊椎動物門硬骨魚綱カレイ目カレイ科
色 形 長崎・日本・世界 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ
著作権:尼岡 邦夫

特徴
口は大きく眼の中央下まで開く。上眼は頭の背縁にある。尾柄細長い。無眼側の体の縁辺白くない。水深50200m砂泥底にすみ、オキアミ類、エビ・カニ類や小魚などをエサとしている。5〜7月水深60m付近産卵する。漁期103月だが近年漁獲量減少している。肉には独特のにおいがあるため刺身煮付けには適していない

分布:福島県以北各地日本海オホーツク海東シナ海 大きさ:45cm
漁法:底曳網底延縄 食べ方:干物

拶双魚

読み方:サッパ(sappa)

ニシン科海水魚

学名 Herklotsichthys zunasi


魚制

読み方:サッパ(sappa)

ニシン科海水魚

学名 Herklotsichthys zunasi


サッパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/26 05:45 UTC 版)

サッパ(鯯)<魚へんに制> 、拶双魚 Sardinella zunasi は、ニシン目・ニシン科・ニシン亜科に分類される魚。汽水域に生息する魚で、ママカリ(飯借)という別名でも知られ、ママカリ料理は岡山県郷土料理として有名である。




「サッパ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サッパ」の関連用語

サッパのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サッパのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサッパ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS