幸田とは?

幸田(栗野町)

幸田
出展日本の棚田百選アクセスマップ

基 礎 諸 元 平均勾配 団地面積
1/16 10 ha

維持保全利活用状況
産直交流により棚田活用
棚田活用し、都市住民との農作業田植えから稲刈りまで)を通じ交流を行っている。

将来維持管理保全
幸田地区棚田保全対策委員会設置し、地区住民及びボランティア等を中心に保全利活用を図る見込みである。

推薦項目  生態系保全     景観     伝統・文化維持保全
推薦理由 生態系保全:現在、地域人々参加した動植物生態系調査実施しており、この結果 をもとに、動植物生息空間としての役割考慮した利活用を図る予定

景観本棚田は「水田お城」と呼べるような、「武者返し」のそりを持った石積現存し、背後にそびえる国見岳からの清流 幸田川と共に昔ながら農村風景が残る地域である。

伝統・文化維持保全本棚田の石積は、百数十前に造られたといわれており、上記のような特徴があり、百数十年もの間、地震台風大雨にも耐え、今なお勇ましく穏やかな姿をわたしたち現しています。

田 の 概 況 枚 数 102 水 源 河川渓流含む)
事業導入 法面構造 石積
開発起源 近世戦国江戸時代
営 農 の 状 況 対象農家 48   戸 10a収量 395 kg10a
戸当り営農規模 0.2 ha/戸        2.1 /戸
付加価値農業 幸田地区棚田米生組合有機農薬の「幸せ」の「田」んぼから生まれた「幸田棚田米」としてブランド化して、鹿児島市デパート販売契約を結び売り出しており好評を博している。
また、棚田米」を使った鹿児島初めての日本酒幸寿」を造って町おこしを行っている。
特記事項有無 なし。

(注:この情報平成11年のものです)

幸田

読み方:コウダ(kouda)

所在 岩手県花巻市


幸田

読み方:コウダ(kouda)

所在 茨城県坂東市


幸田

読み方:コウダ(kouda)

所在 茨城県稲敷市


幸田

読み方:コウダ(kouda)

所在 千葉県東金市


幸田

読み方:コウダ(kouda)

所在 熊本県熊本市


幸田

読み方:コウダ(kouda)

所在 鹿児島県姶良郡湧水町


幸田

読み方:コウデ(koude)

所在 千葉県松戸市


幸田

読み方:コウデン(kouden)

所在 岐阜県下呂市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

幸田

読み方:コウダ(kouda)

所在 愛知県(JR東海道本線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

幸田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/08/19 02:37 UTC 版)

幸田倖田(こうだ、こうで)




「幸田」の続きの解説一覧



幸田と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「幸田」の関連用語

1
92% |||||

2
92% |||||

3
92% |||||

4
92% |||||

5
92% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||

10
92% |||||

幸田のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



幸田のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
農村環境整備センター農村環境整備センター
Copyright (C) 2019 社団法人農村環境整備センター All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの幸田 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS