ピッキングとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > ピッキングの意味・解説 

ピッキング [0] 【picking】

物流において,物品保管場所から取り出したり配送先ごとに仕分ける作業
弦楽器で,弦をピックで弾く演奏法。 → ピック
針金状の専用工具を用い,ドア開錠すること。

ピッキング(ぴっきんぐ)

工具用いてカギ開け住居侵入のための犯罪手法

施錠された鍵を開けるための特別な針金2本を使いる。この工具は、長さ10センチ程度金属棒で、鍵穴の中を探れるよう、くねくね折れ曲がった構造をしている。本来は、鍵をなくしたときなどに利用される正当な開けサービスである。

2000年に入ってから、ピッキングによる窃盗事件急増している。特に、首都圏中心に被害が出ており、全国的広がる傾向見せている。

ピッキングを使った泥棒は、3人前後のグループ犯行に及ぶケース多く実行犯見張り役など分担して短時間作業を終える。また、マンションなどの集合住宅が狙われやすく、一度複数部屋盗みをはたらくこともあるようである。

ピッキングによる空き巣を防ぐには、構造の複雑な鍵に取り替えたり、補助錠などで鍵を二重にするといった工夫をする必要がある犯人侵入時間がかかるようにすればそれだけ発見可能性が高くなるからである。

もちろん、お出かけの際には、ちゃんと鍵を掛けておくこともお忘れなく!

(2000.08.26更新


ピッキング

【英】:picking

物流拠点内での出荷指示に対して、ピッキングリストをもとに品物在庫から集品すること。ピッキングの方法は、オーダーピッキング、トータルピッキングに大別される。

ピッキング

英語 picking

必要な品物部品を選んで取り出すこと。自動車生産におけるピッキング作業としては、組立てラインで必要な1台分の部品をそろえて、生産順位合わせて出庫(マーシャリング出庫)するための部品選択取り出し海外生産拠点出荷するためのKD(ノックダウン)梱包工場でのオーダー梱包単位合わせたピッキング、および部品センターでの販売店向け部品発送のための注文合わせたピッキングなどがある。入手による多品種のピッキングでは、取り出すべきランプ数量表示して、誤品、数量違いを防いでいるが、部品センターのように、多種多量保管部品からのピッキングでは、コンピューター制御立体自動倉庫などが使われている。

参照 マーシャリングボックス
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ピッキング

施錠されているカギを特殊な工具開け家の中侵入する犯罪手口をピッキングという。カギ開けるのに要する時間数十秒のため、被害件数は、近年急増している。対策としては、錠を高性能防犯タイプのものに交換するか、補助錠を取り付けるなどが有効とされている。最近では、各地域の警察署などで防犯アドバイス行われている。

ピッキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/03/20 03:51 UTC 版)

ピッキング: picking




「ピッキング」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ピッキング」の関連用語

ピッキングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ピッキングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2019 時事用語のABC All Rights Reserved.
日通総合研究所日通総合研究所
Copyright (c)2019 Nittsu Research Institute and Consulting,lnc.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2019 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのピッキング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS