1983年の野球とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 1983年の野球の意味・解説 

1983年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/07 07:05 UTC 版)

< 1983年 | 1983年のスポーツ




  1. ^ 毎日新聞1983年1月13日19面「今度は仲良く、やれるかな・・・けんかマーチンが帰ってきた 3たびヤンキースの監督に」毎日新聞縮刷版1983年1月p411
  2. ^ 毎日新聞1983年1月13日19面「大沢監督、取締役に」毎日新聞縮刷版1983年1月p411
  3. ^ 毎日新聞1983年1月13日19面「パ・プレーオフ新方式 130試合の通算1,2位が5試合 ただし優勝は135試合の勝率上位」毎日新聞縮刷版1983年1月p447
  4. ^ 毎日新聞1983年1月15日19面「プロ野球だより 元広島・萩原が入団」毎日新聞縮刷版1983年1月p483
  5. ^ 読売新聞1983年2月14日17面「レオン、斉藤巧とトレード」読売新聞縮刷版1983年2月p519
  6. ^ 読売新聞1983年3月9日17面「開幕投手を前日発表 パ・リーグ」読売新聞縮刷版1983年3月p337
  7. ^ 読売新聞1983年3月26日16面「巨人 直前のトレード 石渡と太田(近鉄)獲得 内野と中継ぎを強化」読売新聞縮刷版1983年3月p1024
  8. ^ 毎日新聞1983年4月6日1面「センバツ 池田 初の栄冠 横浜商破り夏春連覇」毎日新聞縮刷版1983年4月p163
  9. ^ 毎日新聞1983年4月9日夕刊6面「プロ野球 好天の下、開幕戦」毎日新聞縮刷版1983年4月p296
  10. ^ 毎日新聞1983年4月10日16面「100号本塁打」毎日新聞縮刷版1983年5月p314
  11. ^ 毎日新聞1983年4月11日11面「巨人 駒田 『史上初』デビュー 公式戦初打席満塁アーチ」毎日新聞縮刷版1983年4月p333
  12. ^ 毎日新聞1983年4月23日19面「熱投18年・・・4人目の300完投 鈴木啓また”勲章”」毎日新聞縮刷版1983年4月p741
  13. ^ 読売新聞1983年5月1日17面「山本浩サイクル安打」読売新聞縮刷版1983年5月p17
  14. ^ 読売新聞1983年5月4日17面「藤田、みごと2000本安打」読売新聞縮刷版1983年5月p109
  15. ^ 読売新聞1983年5月12日17面「ヤクルト・松岡弘投手(三五)が3000イニング達投球」読売新聞縮刷版1983年5月p399
  16. ^ 読売新聞1983年5月16日17面「野村、全球団から白星 史上初、セ・パ4球団で」読売新聞縮刷版1983年5月p551
  17. ^ 読売新聞1983年5月18日16面「南海・門田博光選手(三五)が通算1500本安打」読売新聞縮刷版1983年5月p634
  18. ^ 読売新聞1983年5月19日17面「広島・山本浩二外野手(三六)が3500塁打」読売新聞縮刷版1983年5月p683
  19. ^ 読売新聞1983年5月19日17面「ヤクルト・松岡弘投手(三六)」読売新聞縮刷版1983年5月p683
  20. ^ 読売新聞1983年5月20日17面「西武・山崎裕之内野手(三六)が1000得点」読売新聞縮刷版1983年5月p723
  21. ^ 読売新聞1983年5月26日17面「プロ野球史上初の無補殺」読売新聞縮刷版1983年5月p975
  22. ^ 読売新聞1983年6月4日17面「福本走った世界新 939盗塁、ブロック抜いた スピード達成15年」読売新聞縮刷版1983年6月p137
  23. ^ 読売新聞1983年6月4日17面「大杉両リーグ1000本安打」読売新聞縮刷版1983年6月p137
  24. ^ 読売新聞1983年6月11日17面「巨人・淡口憲治外野手(三一)が1000試合出場」読売新聞縮刷版1983年6月p455
  25. ^ 読売新聞1983年6月15日16面「強さ本物 レオ8連勝 高橋が150勝目」読売新聞縮刷版1983年6月p592
  26. ^ 読売新聞1983年6月19日17面「巨人・加藤初投手(三三)が通算100勝」読売新聞縮刷版1983年6月p717
  27. ^ 読売新聞1983年6月22日17面「南海・門田博光内野手(三五)が通算300本塁打」読売新聞縮刷版1983年6月p885
  28. ^ 読売新聞1983年6月26日16面「阪急・福本豊外野手(三五)が通算3000塁打」読売新聞縮刷版1983年6月p1016
  29. ^ 読売新聞1983年6月26日16面「吹石満塁1号 鈴木完投7勝」読売新聞縮刷版1983年6月p1016
  30. ^ 読売新聞1983年7月1日17面「若菜、大洋入り」読売新聞縮刷版1983年7月p61
  31. ^ 読売新聞1983年7月3日17面「田淵28号、3千塁打 杉本、久々の完封で3勝」読売新聞縮刷版1983年7月p101
  32. ^ 読売新聞1983年7月9日17面「南海、6年ぶり6連勝 鈴木啓500被本塁打」読売新聞縮刷版1983年7月p351
  33. ^ 読売新聞1983年7月18日18面「長崎、一千本安打で闘志」読売新聞縮刷版1983年7月p710
  34. ^ 読売新聞1983年8月10日17面「鉄人衣笠また勲章 2千本安打」読売新聞縮刷版1983年8月p327
  35. ^ 読売新聞1983年8月12日16面「三沢、気迫で100勝」読売新聞縮刷版1983年8月p408
  36. ^ 読売新聞1983年8月20日16面「シャーリーで逃げる」読売新聞縮刷版1983年8月p708
  37. ^ 読売新聞1983年8月21日16面「仁科 惜しい『あと一人』ノーヒットノーラン逃す」読売新聞縮刷版1983年8月p744
  38. ^ 読売新聞1983年8月22日17面「広島連勝、3.5差で追う 池谷100勝、大杉は1500打点」読売新聞縮刷版1983年8月p777
  39. ^ 朝日新聞1983年8月22日1面「PL、二度目の優勝 粘る横浜商を完封 全国高校野球」朝日新聞縮刷版1983年8月p713
  40. ^ 読売新聞1983年8月31日17面「マジック"待った" 800登板江夏セーブ」読売新聞縮刷版1983年8月p1163
  41. ^ 日刊スポーツ1983年9月1日2面「松永やった 逆転満塁サヨナラ」
  42. ^ 毎日新聞1983年9月2日19面「お待たせ!!福本が2000本安打 小兵のハンデ克服 打でも一流の証明」毎日新聞縮刷版1983年9月p67
  43. ^ 読売新聞1983年9月5日17面「マルカーノ通算200号」読売新聞縮刷版1983年9月p173
  44. ^ 日刊スポーツ1983年9月8日3面「高橋慶チーム3500号」
  45. ^ 日刊スポーツ1983年9月12日2面「1000試合出場」
  46. ^ 毎日新聞1983年9月16日19面「衣笠400本塁打 9人目」毎日新聞縮刷版1983年9月p509
  47. ^ 日刊スポーツ1983年9月18日2面「助っ人面目」
  48. ^ 日刊スポーツ1983年9月18日2面「年間26盗塁死」
  49. ^ 日刊スポーツ1983年9月18日「1000試合出場」
  50. ^ 読売新聞1983年9月19日17面「山崎が二千本安打」読売新聞縮刷版1983年9月p767
  51. ^ 毎日新聞1983年9月21日19面「朝から8時間19分・・・壮烈決勝戦"超"延長45回 両軍しめて投球数が1023、打数は296」毎日新聞縮刷版1983年9月p673
  52. ^ 毎日新聞1983年9月22日19面「西武めった打ち木田"さらし者"209球」毎日新聞縮刷版1983年9月p709
  53. ^ 読売新聞1983年9月24日夕刊13面「巨人・松本が盗塁セ・タイ」読売新聞縮刷版1983年9月p971
  54. ^ 読売新聞1983年9月24日夕刊13面「江夏31Sプロ新 川原10勝」読売新聞縮刷版1983年9月p971
  55. ^ 読売新聞1983年10月4日17面「巨人・松本匡史外野手がシーズン75盗塁のセ・リーグ新記録」読売新聞縮刷版1983年10月p137
  56. ^ 読売新聞1983年10月5日17面「巨人 大反攻及ばず 広島敗れ マジックは『4』 古賀セパ全球団勝ち星 初先発の橋本KO 斎藤セーブ21」読売新聞縮刷版1983年10月p177
  57. ^ 読売新聞1983年10月6日17面「鈴木啓無四球プロ新 通算74試合」読売新聞縮刷版1983年10月p225
  58. ^ 読売新聞1983年10月11日1面「『西武』2年連続優勝 パ・リーグ」読売新聞縮刷版1983年10月p391
  59. ^ 読売新聞1983年10月12日1面「巨人2年ぶり32回目のV」読売新聞縮刷版1983年10月p439
  60. ^ 読売新聞1983年10月22日17面「平松キラリ200勝 プロ19人目 巨人の完全優勝砕く」読売新聞縮刷版1983年10月p903
  61. ^ 読売新聞1983年10月22日17面「近鉄・関口監督は退団」読売新聞縮刷版1983年10月p903
  62. ^ 読売新聞1983年10月23日17面「巨人最終戦飾る5アーチ 引退堀内 セーブと21号(通算)」読売新聞縮刷版1983年10月p943
  63. ^ 読売新聞1983年10月25日17面「原、4番の誇り初打点王 セ・パ両リーグ公式戦閉幕」読売新聞縮刷版1983年10月p1023
  64. ^ 毎日新聞1983年10月26日19面「山内新監督を発表 中日」毎日新聞縮刷版1983年10月p867
  65. ^ 毎日新聞1983年10月26日19面「山本監督の解任発表 ロッテ」毎日新聞縮刷版1983年10月p867
  66. ^ 毎日新聞1983年10月27日23面「大沢監督が辞任 後任、長島招聘に全力 日本ハム」毎日新聞縮刷版1983年10月p905
  67. ^ 毎日新聞1983年10月27日23面「近鉄新監督に岡本氏」毎日新聞縮刷版1983年10月p905
  68. ^ 読売新聞1983年10月28日17面「沢村賞は遠藤(大洋) 奪三振、完投数などを評価」読売新聞縮刷版1983年10月p1171
  69. ^ 読売新聞1983年10月30日17面「小林が現役引退」読売新聞縮刷版1983年10月p1255
  70. ^ 毎日新聞1983年11月8日1面「西武 2年連続日本一 4勝3敗 最終戦で巨人に逆転」毎日新聞縮刷版1983年11月p205
  71. ^ 読売新聞1983年11月9日1面「新生巨人 王監督が就任 力強い前進を誓う」読売新聞縮刷版1983年11月p299
  72. ^ 毎日新聞1983年11月9日19面「プロ野球だより ヤクルト」毎日新聞縮刷版1983年11月p259
  73. ^ 毎日新聞1983年11月10日21面「パ東尾 セ原 初MVP」毎日新聞縮刷版1983年11月p295
  74. ^ 読売新聞1983年11月10日22面「田淵選手に『正力松太郎賞』西武優勝に貢献、選手で二人目」読売新聞縮刷版1983年11月p368
  75. ^ 毎日新聞1983年11月11日17面「高橋一投手が引退」毎日新聞縮刷版1983年11月p331
  76. ^ 読売新聞1983年11月11日17面「巨人の太田、阪神へ」読売新聞縮刷版1983年11月p403
  77. ^ 毎日新聞1983年11月16日19面「プロ野球だより 打撃コーチに山本一」毎日新聞縮刷版1983年11月p499
  78. ^ 毎日新聞1983年11月16日19面「プロ野球だより 広島」毎日新聞縮刷版1983年11月p499
  79. ^ 毎日新聞1983年11月17日19面「投手陣の整備を急ぎたい 稲尾ロッテ監督」毎日新聞縮刷版1983年11月p531
  80. ^ 毎日新聞1983年11月17日19面「植村ハム監督も」毎日新聞縮刷版1983年11月p531
  81. ^ 毎日新聞1983年11月19日19面「日ハム、江夏放出」毎日新聞縮刷版1983年11月p617
  82. ^ 毎日新聞1983年11月22日夕刊11面「巨人 水野(池田高)中日 藤王(享栄高)緊張と熱気 ドラフト会議」毎日新聞縮刷版1983年11月p723
  83. ^ 毎日新聞1983年12月13日19面「プロ野球だより 小林が古巣復帰」毎日新聞縮刷版1983年12月p417
  84. ^ 読売新聞1983年12月14日17面「江夏、西武入り 木村・柴田と交換トレード」
  85. ^ 毎日新聞1983年12月14日19面「プロ野球だより」毎日新聞縮刷版1983年12月p451
  86. ^ 毎日新聞1983年12月18日19面「マーチン監督解任 NY・ヤンキース」毎日新聞縮刷版1983年12月p591
  87. ^ 毎日新聞1983年12月22日15面「プロ野球だより 南海・山本雅巨人へ」毎日新聞縮刷版1983年12月p709
  88. ^ 毎日新聞1983年12月27日15面「日本シリーズでDH制 60年から隔年 下田コミッショナーが裁定」毎日新聞縮刷版1983年12月p863
  89. ^ Former Phils RHP Gonzalez dies in accident MLB.com (英語) (2017年11月24日) 2017年12月30日閲覧


「1983年の野球」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1983年の野球」の関連用語

1983年の野球のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



1983年の野球のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1983年の野球 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS