ファミリーカーとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ファミリーカーの意味・解説 

ファミリーカー

子連れ夫婦使用することを想定されたデザインの車のこと。最低でも4、5人乗りで車内広く使える程度大きさのものがファミリーカーとされやすい。

大衆車

(ファミリーカー から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/17 00:19 UTC 版)

大衆車(たいしゅうしゃ)とは、一般的な大衆が購入・維持できるような、廉価な価格帯の乗用車のことである。同義、類義の呼称として、「国民車(こくみんしゃ)」や 「ファミリーカー」などがある。




  1. ^ いすゞ自動車日野自動車の前身。
  2. ^ それ以前は、4サイクルが360cc以下、2サイクルが240 cc以下と定められ、2サイクルエンジンでの成立は不可能だった。当時は、同じ排気量であれば、4サイクルエンジンより2サイクルエンジンのほうがより高出力を得やすいと考えられていたことによる。
  3. ^ 一般的には通産省が発表したと思われているが、あくまで日本経済新聞日刊工業新聞によるスクープ記事であり、通産省は発表していない。
  4. ^ のちに駆動方式をFRに変更し、空冷水平対向2気筒エンジン、700 ccの「トヨタ・パブリカ」に結実した。
  5. ^ 『60年代 街角で見たクルマたち 日本車・珍車編』p. 122 。同書によれば「国民車」と銘打ったのは三菱500が初という
  6. ^ 気象庁のデータによると、2000年以降の最高気温は高知県の41℃、最低気温は北海道のマイナス35.8度と実に77℃もある。また朝日新聞(2015/8/5)によると北海道で37.1度を記録したと報道している。
  7. ^ 発売当初は2ドアセダンのみで販売を開始したが、翌年に4ドアセダンとバンがそれぞれ追加され、のちにクーペ(初代のみカローラスプリンターという車名で登場。4代目でリフトバックを追加、5代目以降はカローラレビンシリーズとして正式に独立する)やハッチバック(例:カローラFXカローラランクス等。今日でいうオーリス)、ステーションワゴン(今日でいうカローラフィールダー)などの派生モデルが追加される。それ以降は4ドアセダンが長年に渡りカローラシリーズの基本形となる。
  8. ^ スターレットは初代が「パブリカ・スターレット」と呼称されたほか形式名における車両識別記号も同じ"P"である。
  9. ^ ちなみに2代目(通算11代目・E160型)カローラアクシオは2013年2月から2019年7月まで香港、およびマカオへ一時的に輸出されたため、事実上、国内専用車扱いでなくなった。
  10. ^ 4CVの系譜は上級のドーフィン8/10へと受け継がれた。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ファミリーカー」の関連用語

ファミリーカーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ファミリーカーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大衆車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS