教育・訓練とは? わかりやすく解説

教育訓練

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/20 14:49 UTC 版)

教育訓練(きょういくくんれん)とは職業教育職業訓練の合成語で、現在または将来に渡って要求される能力を開発するための人材育成手法の一つである。また教育訓練が実施される施設や機関を教育訓練施設教育訓練機関等と呼ぶ。


注釈

  1. ^ a b 1938年(昭和13年)の国家総動員法にも「教育訓練」という語句はあったが戦後廃止されており制度上も関連はない[2]

出典

  1. ^ a b c d 田中万年『職業訓練原理』、2006年、40頁。
  2. ^ 田中万年『職業訓練原理』、2006年、43頁。
  3. ^ 「キャリア形成を支援する労働市場政策研究会」資料6(厚生労働省職業能力開発局)
  4. ^ 訓練の仕上がり像とは訓練のカリキュラムが目指すゴールシークで目標設定と混同されることがあるが、理解度やスキルや技能といった定量的に数値化が難しいものが含まれるため目標設定とは区別される。
  5. ^ 厚生労働省職業能力開発局編『新訂版職業能力開発促進法—労働法コンメンタール8—』(株)労務行政、220頁、2002年
  6. ^ 平成19年版防災白書内閣府
  7. ^ 第4章 災害予防平成19年版防災白書、内閣府)


「教育訓練」の続きの解説一覧

教育・訓練

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 08:56 UTC 版)

フランス外人部隊」の記事における「教育・訓練」の解説

外人部隊における新兵訓練は約4ヶ月間で、この間フランス語の習得含めた戦闘訓練第4外人連隊において受ける。訓練内容は非常に厳しく軍隊経験者でも無事に訓練終えることができるのはごく少数である。部隊配属後も規律訓練厳しさ堪えかねて脱走する新兵絶えないかつては契約期間満了するか、再起不能負傷による除隊除いて中途離脱認めず脱走者八方手を尽くして探索していたが、現在は、脱走兵探索はほとんど行わず訓練期間中の自発的な除隊認めている。 契約期間中は、海外派遣出国する場合原則としてフランス発行するパスポート所持して行動することになる。アノニマによって登録した偽名本名に戻す手続きRSM)が完了し海外休暇申請をすれば休暇時のパスポート戻ってくる。または5年以上の勤務年数であればパスポート個人管理となる。近年では制度変わり本名戻せば5年未満隊員でもパスポート個人管理となる。 外人部隊所属する外国人軍人は、出身国に対する戦闘への参加拒否できる権利認められている。現在130ヶ国以上の国籍の者が部隊活動している。

※この「教育・訓練」の解説は、「フランス外人部隊」の解説の一部です。
「教育・訓練」を含む「フランス外人部隊」の記事については、「フランス外人部隊」の概要を参照ください。


教育・訓練

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/21 00:59 UTC 版)

放射線業務従事者」の記事における「教育・訓練」の解説

放射線障害防止法により、放射線業務に従事する者は教育および訓練が必要となる。

※この「教育・訓練」の解説は、「放射線業務従事者」の解説の一部です。
「教育・訓練」を含む「放射線業務従事者」の記事については、「放射線業務従事者」の概要を参照ください。


教育訓練

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 19:08 UTC 版)

雇用調整助成金」の記事における「教育訓練」の解説

助成金支給対象となる教育訓練は、職業に関する知識技能または技術習得させ、または向上させることを目的とする教育訓練講習等であって所定労働日所定労働時間内に実施され、かつ、当該教育訓練講習等受講する労働者当該所定労働日全一日にわたり業務に就かないものをいうまた、職業に関する」とは、現在就いている職業直接関係するものに限らず、現在就いている職業関連する周辺の技能知識に関するものも含まれる他、事業活動縮小に伴い配置転換をする場合などに必要な訓練含まれる具体的には、以下のすべてを満たす必要がある労使間の協定によるものであること。 事業主が自ら指定した対象期間内に行われるものであること。 判定基礎間における対象労働者に係る休業又は教育訓練の実施日延日数が、対象労働者に係る所定労働延日数20分の1(中小企業以外の場合15分の1)以上となるものであること。 職業関連する知識技術習得させ、または向上させることを目的とする教育訓練講習等であって下記参照)、かつ、受講者当該受講日に業務(本助成金対象となる教育訓練を除く)に就かせないものであること。 所定労働日所定労働時間内において実施されるものであること(半日訓練の場合、当日残り時間帯業務に就かせることはできないが、休業することは可能)。 事業所内訓の場合は事業主が自ら実施するものであって生産ラインまたは就労の場における通常の生産活動区別して受講する対象労働者所定労働時間全日または半日3時間以上で所定労働時間未満にわたり行われるものであること。事業所訓練の場合は、教育訓練の実施主体助成金受けようとする事業主外であって、受講者所定労働時間の全1日または半日にわたり行われるものであること。 なお、教育訓練の内容が以下のいずれかに該当する場合には受給できない1.~5.については、平成25年12月1日以後判断基準追加された。 職業に関する知識技能または技術の習得または向上を目的としないもの(例:意識改革研修モラル向上研修寺社での座禅 等) 職業または職務種類を問わず職業人として共通して必要となるもの(例:接遇マナー講習、パワハラ・セクハラ研修メンタルヘルス研修 等) 趣味教養を身につけることを目的とするもの(例:日常会話程度語学の習得のみを目的とする講習話し方教室 等) 実施目的訓練直接関連しない内容のもの(例:講演会研究発表会学会 等通常の事業活動として遂行されることが適切なもの(例:自社商品知識研修QCサークル 等) 当該企業において通常の教育カリキュラム位置づけられているもの(例:入社時研修新任管理職研修中堅職員研修OJT 等) 法令義務づけられているもの 事業所内で実施する訓練の場合で通常の生産ライン行われるものなど、通常の生産活動区別がつかないものまたは教育訓練過程生産されたものを販売するもの 当該教育訓練の科目職種等の内容について知識または技能有する指導員または講師により行われないもの 指導員または講師不在のまま自習等を行うもの 転職再就職準備目的したもの 過去に行った教育訓練を、同一の労働者実施するもの 海外実施するもの 外国人技能実習生に対して実施するもの

※この「教育訓練」の解説は、「雇用調整助成金」の解説の一部です。
「教育訓練」を含む「雇用調整助成金」の記事については、「雇用調整助成金」の概要を参照ください。


教育訓練 (フランス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 04:00 UTC 版)

家事調停」の記事における「教育訓練 (フランス)」の解説

フランスにおける家事調停人は、2003年12月創設され国家修了認定取得義務付けられ専門家である。国家修了認定は、560時間にわたる2年間の理論課程105時間にわたる家事調停人との実務修習経た後に与えられる。 この修了認定地域圏知事授与する研修受講するには、社会保健又は法のいずれかの領域国家修了認定有するか、専門家として経験を有してなければならない修了認定を受けるには、認証教育機関において2年以上にわたる準備要する。そこには、560時間理論教育課程105時間実習とが含まれており、実施手順最新版2012年8月2日アレテ定義された。調停及びその手続と倫理に関する理論教育は、法学心理学及び社会学課程提供される試験には学位論文発表含まれている。 調停実践している他の国比較してフランスにおける訓練はより重くかつ体系化されている訓練は、ナンテールパリ第十大学常設訓練センターリヨン家族学研機構のような認証され拠点である地域圏社会福祉研究機関 (Institut gional du Travail Social, IRTS) が提供している家事調停国家修了認定 (DEMF) は、青少年スポーツ社会連帯地域圏総局 (Direction gionale de la Jeunesse, des Sports et de la Cohésion Sociale, DRJSCS) が組織する審査員団の面前で行われる学位論文発表経て与えられる。DEMF は国の助成を受ける全ての家事調停サービス必要になる。DEMF は、本部パリ12区に置く家事調停協会 (APMF) に関連する実務家でいようとするときにも取得する義務がある認可受けた大学は、家事紛争を含む総合的な、あるいはこれに特化した導入的及び継続的な訓練課程調停学士調停修士……)を既に設立している。調停交渉専門家会議所は、調停に関する総合的かつ行動学的な訓練推奨している。この観点から同会議所は、自然人及び法人多様性許容し対象者に対する哲学的かつ行動学的な働き掛け促進するため、専門調停人適合認定 (Certificat d'aptitude à la profession de médiateur, CAPM) を発行している。

※この「教育訓練 (フランス)」の解説は、「家事調停」の解説の一部です。
「教育訓練 (フランス)」を含む「家事調停」の記事については、「家事調停」の概要を参照ください。


教育訓練

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/13 04:36 UTC 版)

ホースパーク」の記事における「教育訓練」の解説

株式会社東関ホースパークには、職業能力開発校として「東関東馬事職業訓練校」と、「東関東馬事高等学院」(アットマーク明蓬館高等学校連携するサポート校)がある。所在地千葉県八街市174番地職業訓練事業部運営している。競走馬の育成牧場への求人就職を、さらにJRA競馬学校厩務員課程受験サポートする授業実質無償化している

※この「教育訓練」の解説は、「ホースパーク」の解説の一部です。
「教育訓練」を含む「ホースパーク」の記事については、「ホースパーク」の概要を参照ください。


教育訓練

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/11 19:55 UTC 版)

オーストリア図書館協会」の記事における「教育訓練」の解説

BVÖは、ザンクト・ヴォルフガングドイツ語版)の連邦成人教育研究所 (Bundesinstitut für Erwachsenenbildung, BIfEB)、オーストリア図書館事務所(Österreichischen Bibliothekswerk, ÖBW)、ÖGB図書館サービスGB-Büchereiservice)、連邦首相官邸との協力により、公共図書館すべての司書に教育訓練課程提供している

※この「教育訓練」の解説は、「オーストリア図書館協会」の解説の一部です。
「教育訓練」を含む「オーストリア図書館協会」の記事については、「オーストリア図書館協会」の概要を参照ください。


教育訓練

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 02:24 UTC 版)

栃木県消防学校」の記事における「教育訓練」の解説

消防学校の教育訓練は、大きく消防職員教育消防団員教育分けられ対象者によって細分される半年に渡って実施される消防職員教育初任教育以外は、短期のものが多い。 消防学校栃木県県民生活部消防防災が所管し校長教頭職員9人の11人で運営する職員9人のうち、4人は派遣職員である。このほか県内消防本部総務課長(または相当職)、栃木県消防協会事務局長、県消防防災課長補佐消防学校長で構成する学校運営協議会関与する

※この「教育訓練」の解説は、「栃木県消防学校」の解説の一部です。
「教育訓練」を含む「栃木県消防学校」の記事については、「栃木県消防学校」の概要を参照ください。


教育訓練

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/04 19:11 UTC 版)

軍人」の記事における「教育訓練」の解説

軍人が受ける教育訓練(軍事教育軍事訓練)は、個人及び部隊軍事的な能力を向上させるためのものであり、その内容階級によって大きく異なる現場で行動する兵卒下士官が学ぶべき事項としては基本教練銃器分解結合格闘射撃などの戦闘技術通信技術野外衛生などが挙げられる。また部隊指揮する士官の学ぶべき事項としては前述した基本教練などに加えて戦術学や戦史などの軍事学や、物理学数学などが挙げられる

※この「教育訓練」の解説は、「軍人」の解説の一部です。
「教育訓練」を含む「軍人」の記事については、「軍人」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「教育・訓練」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「教育訓練」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「教育・訓練」の関連用語

教育・訓練のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



教育・訓練のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの教育訓練 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフランス外人部隊 (改訂履歴)、放射線業務従事者 (改訂履歴)、雇用調整助成金 (改訂履歴)、家事調停 (改訂履歴)、ホースパーク (改訂履歴)、オーストリア図書館協会 (改訂履歴)、栃木県消防学校 (改訂履歴)、軍人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS