掣肘とは?

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 故事成語 > 出典別 > 呂氏春秋 > 掣肘の意味・解説 

せい ちゅう -ちう [0] 【掣

( 名 ) スル
〔「呂氏春秋具備」より。ひじを引っぱる意〕
わきから干渉して、自由な行動を妨げること。 「 -を加える」 「種々思慮に-せられずに/青年 鷗外


掣肘

読み方:セイチュウ(seichuu)

わきから干渉して、自由な行動を妨げること


掣肘

出典:『Wiktionary』 (2010/11/01 06:41 UTC 版)

名詞・サ変動詞

せいちゅう

  1. 他人干渉し、自由行動妨げること。
    労力内容方向乃至順序悉く他から掣肘される以上は、其労力堕落労力だ。(夏目漱石『それから』)

語源

出典: 呂氏春秋具備))

関連語

翻訳




掣肘と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「掣肘」の関連用語

掣肘のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



掣肘のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの掣肘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS