北白川宮永久王とは?

北白川宮永久王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/30 22:06 UTC 版)

北白川宮永久王(きたしらかわのみや ながひさおう、1910年(明治43年)2月19日 - 1940年(昭和15年)9月4日)は、日本皇族陸軍軍人貴族院議員。北白川宮成久王の第一男子。最終階級陸軍砲兵少佐(薨後特進)、勲等大勲位菊花大綬章




注釈

  1. ^ 永久王の大叔父にあたる、伯爵

出典

  1. ^ 長佐古美奈子『ボンボニエールと近代皇室文化』えにし書房、2015年11月。ISBN 978-4908073175 p.112
  2. ^ 『北白川宮永久王殿下』1942 p.10 ※原文は歴史的仮名遣い
  3. ^ 『北白川宮永久王殿下』1942 p.10-11
  4. ^ 『北白川宮永久王殿下』1942 p.65
  5. ^ 『北白川宮永久王殿下』1942 p.12
  6. ^ 『北白川宮永久王殿下』1942 p.119
  7. ^ 『北白川宮永久王殿下』1942 p.17-18
  8. ^ 『北白川宮永久王殿下』1942 p.46
  9. ^ a b c d e f g わが武寮 1982 p.571
  10. ^ 『北白川宮永久王殿下』1942 p.39-40
  11. ^ 『北白川宮永久王殿下』1942 p.47
  12. ^ 『北白川宮永久王殿下』1942 p.47-48
  13. ^ 『官報』第1449号、「叙任及辞令」昭和6年10月27日。p.668
  14. ^ 『官報』第1449号、「叙任及辞令」昭和6年10月27日。p.670
  15. ^ 『官報』第849号、「叙任及辞令」昭和4年10月28日。p.672
  16. ^ 『官報』第1499号、「叙任及辞令」昭和6年12月28日。p.742
  17. ^ 『官報』第1449号、「叙任及辞令」昭和6年10月27日。p.665
  18. ^ 『官報号外』第4101号、「叙任」昭和15年9月5日。p.0
  19. ^ 『官報』第4438号・付録「辞令二」1941年10月23日。


「北白川宮永久王」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「北白川宮永久王」の関連用語

北白川宮永久王のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



北白川宮永久王のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの北白川宮永久王 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS