根岸英一とは? わかりやすく解説

根岸英一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/03 01:45 UTC 版)

根岸 英一(ねぎし えいいち、1935年昭和10年)7月14日[1][2] - 2021年令和3年)6月6日[3])は、日本の化学者位階従三位


  1. ^ a b “ノーベル化学賞に鈴木、根岸氏”. 琉球新報. (2010年10月6日). オリジナルの2010年11月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101130201753/http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-168485-storytopic-1.html 2010年10月6日閲覧。 
  2. ^ a b “(私の履歴書)根岸英一(2) 1年早く就学 8歳まで満州で生活 遊びに熱中、冬はスケート”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2012年10月2日). http://www.nikkei.com/article/DGKDZO46760710R01C12A0BC8000/ 2015年8月30日閲覧。 
  3. ^ Service, Purdue News. “Ei-ichi Negishi, one of 2 Nobel Prize winners from Purdue University, dies” (英語). www.purdue.edu. 2021年6月11日閲覧。
  4. ^ ノーベル化学賞に根岸・鈴木氏 有機合成で革新手法”. 日本経済新聞社 (2010年10月6日). 2021年6月12日閲覧。
  5. ^ 根岸英一博士に本学初の「名誉博士」号授与 特別講演会を開催、岡山大学新着ニュース(2011年3月25日)
  6. ^ a b 大和市/名誉市民”. www.city.yamato.lg.jp. 2021年6月3日閲覧。
  7. ^ a b 大和市/ノーベル化学賞根岸英一さんが大和を訪問”. www.city.yamato.lg.jp. 2021年6月3日閲覧。
  8. ^ 根岸英一教授「韓国、ノーベル科学賞受賞の条件は整った」(2) 中央日報 2011年07月22日閲覧
  9. ^ a b 私の履歴書)根岸英一(3) ソウルに転居 仲間連れ内緒で遠出 無鉄砲な性格、子供時代も、日本経済新聞、2012年10月3日
  10. ^ a b (私の履歴書)根岸英一(4) 林間の地 自然が好奇心満たす 曲折経て湘南高校に進学、日本経済新聞、2012年10月4日
  11. ^ 湘南高校出身のノーベル賞・根岸さん、同級生らから喜びの声/神奈川 神奈川新聞、2010年10月7日
  12. ^ a b (私の履歴書)根岸英一(6) 湘南高校時代 2年生で奮起し勉強 体調不良乗り越え東大に、日本経済新聞、2012年10月6日
  13. ^ a b 湘南の先輩がノーベル賞受賞!!、神奈川県立湘南高等学校、2010年10月6日速報
  14. ^ 根岸英一先生ノーベル化学賞受賞について(工学系研究科・工学部)、東京大学工学部
  15. ^ 根岸博士(奨学生OB)からのメッセージ、公益財団法人帝人奨学会
  16. ^ (私の履歴書)根岸英一(10) 帝人に復帰 大学で「優」連発、自信に 新製品阻まれ学会へ転進、日本経済新聞、2012年10月10日
  17. ^ ノーベル化学賞:根岸さんうっすら涙「来るものが来た」、毎日新聞(電子版)、2010年10月7日
  18. ^ (私の履歴書)根岸英一(18) 古巣へ再び 新規分野の開拓、志す 恩師のノーベル賞に歓喜、日本経済新聞、2012年10月18日
  19. ^ ノーベル化学賞受賞の根岸英一氏が帝人グループ名誉フェローに就任しました 帝人プレスリリース、2011年1月11日
  20. ^ Penn's 2011 Honorary Degree Recipients、University of Philadelphia, March 22, 2011
  21. ^ 根岸英一博士に本学初の「名誉博士」号授与 特別講演会を開催、岡山大学新着ニュース(2011年03月25日)
  22. ^ ノーベル賞受賞者 根岸英一 氏がJSTの総括研究主監に就任、独立行政法人科学技術振興機構プレスリリース、2011年6月15日
  23. ^ 根岸 英一博士 東京大学名誉博士称号授与式と記念講演会 開催報告、東京大学工学部、2014年3月13日
  24. ^ a b 根岸さん妻死亡、本人けが、共同通信、2018年3月15日
  25. ^ “死因は低体温症、根岸さん妻 事件性なしと米警察発表”. 日本経済新聞. (2018年3月30日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28779310Q8A330C1CR0000/ 2018年3月30日閲覧。 
  26. ^ 根岸英一さん死去 85歳 2010年にノーベル化学賞、朝日新聞デジタル、2021年06月12日
  27. ^ 根岸英一先生の訃報に接して(総長談話)、東京大学(2021年6月12日)
  28. ^ 根岸英一先生(北海道大学触媒科学研究所特別招へい教授)がご逝去されました。謹んで哀悼の意を表するとともに、心からご冥福をお祈りします、北海道大学触媒科学研究所おしらせ(2021年6月12日)
  29. ^ 本学名誉博士・2010年ノーベル化学賞受賞者 根岸英一先生の訃報に接して、岡山大学新着ニュース(2021年6月14日)
  30. ^ a b "ノーベル化学賞受賞者 故根岸英一氏に従三位". 産経ニュース. 産経デジタル. 27 August 2021. 2021年8月28日閲覧
  31. ^ 「湘南高校出身のノーベル賞・根岸さん、同級生らから喜びの声/神奈川」 2010年10月07日神奈川新聞
  32. ^ a b “ノーベル化学賞に鈴木名誉教授と根岸氏”. 産経新聞. (2010年10月6日). オリジナルの2010年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101006181652/http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/101006/acd1010061854009-n1.htm 2010年10月6日閲覧。 
  33. ^ “根岸・鈴木氏、特許取得せず…栄誉の道開く一因”. 読売新聞. (2010年10月7日12時46分). オリジナルの2010年10月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101009103442/http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20101007-OYT1T00571.htm 2010年10月8日閲覧。 
  34. ^ a b 平成22年度 文化功労者 文部科学省、2010年(平成22年)11月3日発令
  35. ^ a b 平成22年度 文化勲章受章者 文部科学省、2010年(平成22年)11月3日発令
  36. ^ 文化勲章の喜び「じんわりと」 ノーベル賞の2人も受章 朝日新聞、2010年10月26日
  37. ^ 日本化学会 各賞受賞者一覧”. 日本化学会 (2010年1月22日). 2010年10月7日閲覧。
  38. ^ National Academy of Sciences Members and Foreign Associates Elected. National Academy of Sciences, April 29, 2014


「根岸英一」の続きの解説一覧

根岸英一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 04:54 UTC 版)

菅原寛孝」の記事における「根岸英一」の解説

2010年パデュー大学特別教授の根岸英一がノーベル化学賞受賞した際、在シカゴ日本総領事公邸にて祝賀式典晩餐会催された。当時日本学術振興会ワシントン研究連絡センターにてセンター長務めていた菅原夫婦駆けつけ、在シカゴ総領事久枝譲治来賓南部陽一郎とともに根岸受賞祝っている。

※この「根岸英一」の解説は、「菅原寛孝」の解説の一部です。
「根岸英一」を含む「菅原寛孝」の記事については、「菅原寛孝」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「根岸英一」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「根岸英一」の関連用語

根岸英一のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



根岸英一のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの根岸英一 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの菅原寛孝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS