七とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > しち > の意味・解説 

しち【七】

読み方:しち

[音]シチ(呉) シツ(漢) [訓]なな ななつ なの

学習漢字1年

[一]シチ

数の名。ななつ。「七賢七曜七雄七福神

七番目。「七月七夜

ななたび。「七生(しちしょう)」

[二]シツ〉ななつ。「七珍七宝(しっぽう)」

[三]〈なな〉「七重(ななえ)・七草

[四]〈なの〉「七日(なのか)」

名のり]かず・な

難読七五三縄(しめなわ)・七夕(たなばた)・七十(ななそ・ななそじ)・七日(なぬか)


しち【七】

読み方:しち

数の名。6の次、8の前の数。なな。ななつ。

7番目。第7。

[補説] 金銭証書などで間違いを防ぐため「漆」を用いことがある


しつ【七】

読み方:しつ

⇒しち


チー【七】

読み方:ちー

《(中国語)》数の7。七つ


な【七】

読み方:な

ななつ。なな。しち。物の数声に出して数えるときに用い「なあ」となることが多い。「いつ、む、―、や」


なな【七】

読み方:なな

しち。ななつ。声に出して数をかぞえるときなどに用いる。「いつ、む、―、や」「―曲がり」「―転び八起き」

[補説] 「いち(一)」との聞き違え避けて「しち(七)」を「なな」で言い換えることが多い。


作者花田清輝

収載図書ザ・清輝花田清輝 全一
出版社第三書館
刊行年月1986.6

収載図書ちくま文学 14 ことばの探偵
出版社筑摩書房
刊行年月1988.12

収載図書七・錯乱論理二つの世界
出版社講談社
刊行年月1989.10
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書花田清輝
出版社国書刊行会
刊行年月1994.11
シリーズ名日本幻想文学集成

収載図書大活字版ザ・花田清輝 上巻
出版社第三書館
刊行年月2008.5
シリーズ名グラスレス眼鏡無用


読み方
さとる
なな

囲みCJK文字・月

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/11 10:16 UTC 版)

囲みCJK文字・月(かこみCJKもじ・つき、英語: Enclosed CJK Letters and Months)は、Unicodeブロックの一つであり、括弧で囲まれたハングル片仮名漢字CJK統合漢字)、および、1月から12月までを1文字で表す文字等が収録されている。




バージョン コードポイント[lower-alpha 1] 文字数 L2 ID WG2 ID ドキュメント
1.0.0 U+3200..321C, 3220..3243, 3260..327B, 327F..32B0, 32D0..32FE 190 (to be determined)
L2/11-438[lower-alpha 2][lower-alpha 3] N4182 Edberg, Peter (2011-12-22), Emoji Variation Sequences (Revision of L2/11-429) 
1.1 U+32C0..32CB 12 (to be determined)
3.2 U+3251..325F, 32B1..32BF 30 L2/99-238 Consolidated document containing 6 Japanese proposals, (1999-07-15) 
N2093 Addition of medical symbols and enclosed numbers, (1999-09-13) 
4.0 U+321D..321E, 3250, 327C..327D, 32CC..32CF 9 L2/99-353 N2056 Amendment of the part concerning the Korean characters in ISO/IEC 10646-1:1998 amendment 5, (1999-07-29) 
L2/99-380 Proposal for a New Work item (NP) to amend the Korean part in ISO/IEC 10646-1:1993, (1999-12-07) 
L2/99-380.1 Cover page and Outline of the proposal, (1999-12-07) 
L2/99-380.3 Annex B, Special characters compatible with KPS 9566-97 (To be extended), (1999-12-07) 
L2/00-084 N2182 Amendment of the part concerning the Korean characters in ISO/IEC 10646-1:1998 amendment 5, (1999-12-07) 
L2/99-382 Whistler, Ken (1999-12-09), Comments to accompany a U.S. NO vote on JTC1 N5999, SC2 N3393, New Work item proposal (NP) for an amendment of the Korean part of ISO/IEC 10646-1:1993 
L2/00-066 N2170 The technical justification of the proposal to amend the Korean character part of ISO/IEC 10646-1 (proposed addition of 79 symbolic characters), (2000-02-10) 
L2/00-073 N2167 Karlsson, Kent (2000-03-02), Comments on DPRK New Work Item proposal on Korean characters 
L2/00-285 N2244 Proposal for the Addition of 82 Symbols to ISO/IEC 10646-1:2000, (2000-08-10) 
L2/00-291 Everson, Michael (2000-08-30), Comments to Korean proposals (L2/00-284 - 289) 
N2282 Report of the meeting of the Korean script ad hoc group, (2000-09-21) 
L2/01-349 N2374 Proposal to add of 70 symbols to ISO/IEC 10646-1:2000, (2001-09-03) 
L2/01-387 N2390 Kim, Kyongsok (2001-10-13), ROK's Comments about DPRK's proposal, WG2 N 2374, to add 70 symbols to ISO/IEC 10646-1:2000 
L2/01-388 N2392 Kim, Kyongsok (2001-10-16), A Report of Korean Script ad hoc group meeting on Oct. 15, 2001 
L2/01-458 N2407 Umamaheswaran, V. S. (2001-11-16), Request to Korean ad hoc group to generate mapping tables between ROK and DPRK national standards 
L2/02-372 N2453 Umamaheswaran, V. S. (2002-10-30), Unconfirmed minutes of WG 2 meeting 42 
4.1 U+327E 1 L2/04-267 N2815 Ahn, Dae Hyuk (2004-06-18), Proposal to add Postal Code Mark to BMP of UCS 
N2753 Unconfirmed minutes of WG 2 meeting 45; IBM Software Lab, Markham, Ontario, Canada; 2004-06-21/24, (2004-12-26) 
5.2 U+3244..324F 12 L2/07-259 Suignard, Michel (2007-08-02), Japanese TV Symbols 
L2/07-391 N3341 Suignard, Michel (2007-09-18), Japanese TV Symbols 
L2/08-077R2 N3397 Suignard, Michel (2008-03-11), Japanese TV symbols 
L2/08-128 Iancu, Laurențiu (2008-03-22), Names and allocation of some Japanese TV symbols from N3397 
L2/08-158 Pentzlin, Karl (2008-04-16), Comments on L2/08-077R2 "Japanese TV Symbols" 
L2/08-188 N3468 Sekiguchi, Masahiro (2008-04-22), Collected comments on Japanese TV Symbols (WG2 N3397) 
L2/08-077R3 N3469 Suignard, Michel (2008-04-23), Japanese TV symbols 
L2/08-215 Pentzlin, Karl (2008-05-07), Comments on L2/08-077R2 "Japanese TV Symbols" 
L2/08-289 Pentzlin, Karl (2008-08-05), Proposal to rename and reassign some Japanese TV Symbols from L2/08-077R3 
L2/08-292 Stötzner, Andreas (2008-08-06), Improvement suggestions for n3469 
L2/08-307 Scherer, Markus (2008-08-08), Feedback on the Japanese TV Symbols Proposal (L2/08-077R3) 
12.1 U+32FF 1 L2/17-429 Orita, Tetsuji (2017-12-19), Request to reserve the code point for square Japanese new era name (SC2 N4577) 
L2/18-039 Anderson, Deborah; Whistler, Ken; Pournader, Roozbeh; Moore, Lisa; Liang, Hai; Cook, Richard (2018-01-19), Recommendations to UTC #154 January 2018 on Script Proposals 
L2/18-007 Moore, Lisa (2018-02-01), UTC #154 Minutes 
N4949 Update on SC2 N4577 “Request to reserve the code point for square Japanese new era name”, (2018-05-23) 
L2/18-220 Whistler, Ken (2018-07-16), Unicode 12.1 Planning Considerations 
L2/18-183 Moore, Lisa (2018-11-20), UTC #156 Minutes 
N5020 (pdf, doc) Umamaheswaran, V. S. (2019-01-11), Unconfirmed minutes of WG 2 meeting 67 
L2/19-008 Moore, Lisa (2019-02-08), UTC #158 Minutes 
L2/19-094 Orita, Tetsuji (2019-04-01), Announcement of Japanese new era name 
  1. ^ 提案されたコードポイントと文字の名前は、最終決定と異なる場合がある。
  2. ^ L2/10-458L2/11-414L2/11-415L2/11-429も参照。
  3. ^ 追加の絵文字関連のドキュメントについてはその他の記号及び絵記号歴史節を参照。
  1. ^ Unicode 1.0.1 Addendum”. The Unicode Standard (1992年11月3日). 2016年7月9日閲覧。
  2. ^ Unicode character database”. The Unicode Standard. 2016年7月9日閲覧。
  3. ^ Enumerated Versions of The Unicode Standard”. The Unicode Standard. 2016年7月9日閲覧。
  4. ^ Request to reserve the code point for square Japanese new era name, (2017-12-19), https://www.unicode.org/L2/L2017/17429-sc2-n4577-japan-new-era.pdf 
  5. ^ The Japan National Body (2018-05-23), Update on SC2 N4577 “Request to reserve the code point for square Japanese new era name”, https://www.unicode.org/wg2/docs/n4949-Japanese_new_era.pdf 
  6. ^ Resolutions of the 23rd ISO/IEC JTC 1/SC 2 Plenary Meeting, (2018-06-28), https://isotc.iso.org/livelink/livelink?func=ll&objId=19813998&objAction=Open 
  7. ^ Future Additions to ISO/IEC 10646 (January 2018), (2018-01-25), https://www.unicode.org/L2/L2018/18056-future-adds.pdf 
  8. ^ Proposed New Characters: Pipeline Table”. Unicode Consortium (2018年6月30日). 2019年4月25日閲覧。
  9. ^ Whistler, Ken (2018-07-16), Unicode 12.1 Planning Considerations, https://www.unicode.org/L2/L2018/18220-u121planning.txt 
  10. ^ Unicode コンソーシアムは「令和」をサポートする Unicode 12.1 を正式リリースしました”. Unicodeコンソーシアム (2019年5月7日). 2019年5月9日閲覧。
  11. ^ UTR #51: Unicode Emoji”. Unicode Consortium (2016年11月22日). 2016年12月22日閲覧。
  12. ^ UCD: Emoji Data for UTR #51”. Unicode Consortium (2016年11月14日). 2016年12月22日閲覧。
  13. ^ Unicode Character Database: Standardized Variation Sequences”. The Unicode Consortium. 2016年12月22日閲覧。


「囲みCJK文字・月」の続きの解説一覧

7

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/13 18:52 UTC 版)

7、なな、しち、ひち、ななつ、なー)は、自然数また整数において、6の次で8の前の数である。


注釈

  1. ^ マーチン・ガードナー 『数学ゲーム II』講談社〈ブルーバックス〉、1974年。B-249。 −7 についての言及はないが、14 などが 7 で割れることから、含めておくべきであろう。
  2. ^ 1998年(平成10年)2月2日から。それまでは3桁または5桁であった。

出典

  1. ^ 『魅惑と驚きの「数」たち』 イアン・スチュアート著 P104
  2. ^ 数学セミナー2003年3月号P59
  3. ^ 年号一覧表”. www.kumamotokokufu-h.ed.jp. 2022年3月8日閲覧。



七(なな)(声:小西克幸)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/03 09:12 UTC 版)

FOOKIES」の記事における「七(なな)(声:小西克幸)」の解説

24歳晴彦付きボディーガード務め忍者サングラスをかけていれば超一流だが、外した瞬間から、生まれたての小鹿のごとく役立たずになる。晴彦の為なら命をかけるが、あまりの役立たずっぷりにうんざりした晴彦によく折檻されている忍者犬として柴犬2匹従えているが、実はの方が七の面倒を見ている。

※この「七(なな)(声:小西克幸)」の解説は、「FOOKIES」の解説の一部です。
「七(なな)(声:小西克幸)」を含む「FOOKIES」の記事については、「FOOKIES」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/19 01:33 UTC 版)

南洲翁遺訓」の記事における「七」の解説

事大と無く正道踏み至誠推し一時の詐謀用う可からず。人多くは事の指支(さしつか)ふる時に臨み作略を用て一旦其の指支を通せば、跡は時宜次第工夫出来様に思へども、作略の煩ひ屹度(きつと)生じ、事必ず敗るるものぞ。正道を以て之れを行へば、目前に迂遠な様なれども、先き行けば成功早きもの也。

※この「七」の解説は、「南洲翁遺訓」の解説の一部です。
「七」を含む「南洲翁遺訓」の記事については、「南洲翁遺訓」の概要を参照ください。


七(ナナ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/17 05:32 UTC 版)

魔砲使い黒姫」の記事における「七(ナナ)」の解説

とあるに住む健気な少女凶々婆によって椅子の姿になった父親襲われていたところを黒姫助けられるこの時黒姫悪い評判知らないせいか黒に対して否定的だったが、その後黒姫に対する考え方改め直す。飯処に凶々婆訪れ姫子椅子変えられ処分される所を庇い凶々婆要求拒否し姫子と共にから逃走したほどなくして阿修羅現れ助言与えられ二人救出奮闘する失敗し凶々婆に皿の姿に変えられるその際阿修羅助言姫子伝え万事休す呪いを解くことに成功した凶々婆成敗された後は黒姫作った呪解無弾で元の姿戻り最後村の人々とともに二人見送った

※この「七(ナナ)」の解説は、「魔砲使い黒姫」の解説の一部です。
「七(ナナ)」を含む「魔砲使い黒姫」の記事については、「魔砲使い黒姫」の概要を参照ください。


七(なな)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 20:14 UTC 版)

ノラガミ」の記事における「七(なな)」の解説

古代、天に反旗を翻した祝の器。祝が「葬」ともいわれるようになった元凶神器で、長い間封印され続けていた。左頬に十字の模様刻んだ少女。「巴」の一族には加えられていない。天に対して激し憎悪抱いており、天を食い尽くすために毘沙門協力することを決める。

※この「七(なな)」の解説は、「ノラガミ」の解説の一部です。
「七(なな)」を含む「ノラガミ」の記事については、「ノラガミ」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 21:05 UTC 版)

漢数字」の記事における「七」の解説

「七」は小刀で骨を切る様子を表す象形字である。7 として使うのは仮借である。「七」に意符の「刀」を加えた「切」が、元の意味に充てられている。

※この「七」の解説は、「漢数字」の解説の一部です。
「七」を含む「漢数字」の記事については、「漢数字」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/02 09:24 UTC 版)

六死八活」の記事における「七」の解説

石が7個のときは、どちらが先手かによって生死変わる。黒が先手なら上辺の手順で生きる(1手目は黒aでもよい)。白が先手なら左辺ないし右辺の手順で死ぬ(右辺、白7は白1の下)。

※この「七」の解説は、「六死八活」の解説の一部です。
「七」を含む「六死八活」の記事については、「六死八活」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「七」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/06/29 14:10 UTC 版)

発音(?)

熟語

関連語

名詞

(なな、しち、方言:ひち)

  1. 7。より多い数。助数詞が続く場合小数部では一般にななと読む。しちと読む場合異なり促音便ならないの場合は別の語のなのかになる。

翻訳


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「七」の例文・使い方・用例・文例




七と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「七」の関連用語

1
92% |||||

2
92% |||||

3
92% |||||

4
92% |||||

5
92% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||

10
92% |||||

七のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



七のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの囲みCJK文字・月 (改訂履歴)、7 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのFOOKIES (改訂履歴)、南洲翁遺訓 (改訂履歴)、魔砲使い黒姫 (改訂履歴)、ノラガミ (改訂履歴)、漢数字 (改訂履歴)、六死八活 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS