石経とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 歴史 > > 石経の意味・解説 

せき‐けい【石経】

せっけい(石経)


せっ‐きょう〔セキキヤウ〕【石経】

石に刻んだ経文経典後世に残すことを目的したもので、中国の隋・唐代流行日本では福岡県宗像(むなかた)大社のものが有名。→せっけい(石経)


せっ‐けい〔セキ‐〕【石経】

石に刻した儒教道教経典。→せっきょう(石経)


せっ‐きょう セキキャウ 【石経】

〔名〕

① 石に刻んだ経文中国の漢以降経典永久に残すことを目的したもので、隋・唐代盛行日本では、福岡県宗像市にある宗像神社阿彌陀経碑が著名

俳諧喪の名残(1697)上「石経の墨を添けり初しぐれ〈丈艸〉」〔法苑珠林一八・智苑伝〕

② =せっけい(石経)


せっ‐けい セキ‥ 【石経】

〔名〕

中国で、経典をきざんだ石碑また、その経典経書正しテキスト伝えるためのもので、後漢の蔡邕(さいよう)が校定して書いたいわゆる熹平石経はじまり、以後、各時代につくられたが、唐の開成年間(八三六‐八四〇)にできた開成石経は、ほぼ現存して、経書校定書道史の貴重な資料となっている。

制度通1724一一後世いはゆる石経是なり」〔後漢書‐蔡邕伝〕

② ⇒せっきょう(石経)


石経

読み方:セッキョウ(sekkyou)

石面に刻書または墨書した経。


せききょう 【石経】

石壁磨崖(平らにした崖石面)・石板などの岩石仏教経典類を彫ったもの。→ 石経

せっけい 【石経】

儒教経典を石に刻み講学典拠とした碑。一七五年、勅命六経の文字正定して大学の門外に建てた熹平石経最古。→ 石経

石経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/07 09:25 UTC 版)

石経(せっけい, せっきょう)とは、古代中国において石碑断崖に刻まれた儒教仏教道教経典。特に儒教の石経は国家プロジェクトとして作成され、五経の定本および漢字の標準字体を示す役割を果たした。






「石経」の続きの解説一覧



石経と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石経」の関連用語

石経のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



石経のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石経 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS