マブナとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 動物名 > マブナの意味・解説 

真鮒

読み方:マブナ(mabuna)

フナ別称
コイ科フナ属淡水魚総称


フナ

(マブナ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/28 16:09 UTC 版)

フナ(鮒、鯽、鮅[1])は、コイ目コイ科コイ亜科フナ属Carassius)に分類される魚の総称。ユーラシア大陸において広く分布する魚の一種。


  1. ^ 「鮅」は「マス」と読むが、「類聚名義抄(8コマ目)」によれば「フナ」とある
  2. ^ a b c d 環境省レッドリスト2018
  3. ^ Froese, Rainer and Pauly, Daniel, eds. (2006). langsdorfii"Carassius auratus langsdorfii" in FishBase. April 2006 version.; Main reference: Masuda, H., K. Amaoka, C. Araga, T. Uyeno and T. Yoshino. 1984. (Ref. 559)
  4. ^ 鮒ずし-おら家の味 JA佐久浅間
  5. ^ 佐久市農村生活マイスターの会『母から子へ 孫へ伝える佐久の味』佐久市農村生活マイスターの会、2013年、21ページ。
  6. ^ こんなに怖い寄生虫 厚生労働省検疫所
  7. ^ 口虫(1/11) ※平成 22 年度食品安全確保総合調査 食品安全委員会 (PDF)
  8. ^ 水田を活用したフナおよびドジョウの増殖手法開発 長野県] (PDF)
  9. ^ 井口恵一朗、鶴田哲也ほか、長野県佐久地方における稲田フナ養殖の現状 水産技術 第4巻第1号 (PDF)


「フナ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マブナ」の関連用語

マブナのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マブナのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフナ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS