logoとは? わかりやすく解説

ロゴ【logo】

ロゴタイプ2」の略。


ロゴ【LOGO】

ロゴ言語」の略。


ロゴ、ロゴタイプ 【logo、logo type】

各種タイトル商標・社標などのデザイン化された文字

ロゴ

英語 Logo

ラテン語LOGOSからきたもので、言葉、意味、理性を意味する。ここではいわば乗る自身表現。ロゴに乗ればきっと乗る人の生活がもっと豊かで楽しいものになる、という思い込めネーミングである。1996年10月発表

シティと同じポジションにあったベーシックカーで、全長3750mm、全幅1645mm、全高1490mmというサイズは、小さいが背は高<というコンセプトだった。ハッチバックスタイルで、3ドア5ドアがあった。駆動方式FFエンジン新設計の直4SOHC・1343ccで、低速トルク重視型。ミッションCVTホンダマルチマチック3速ATと5速MT発売3ドア10月5ドア11月からだった。

97年9月マイナーチェンジがあった。全グレード対象として抗菌ステアリング採用一部グレードキーレスエントリー付けた。ABS助手席SRSエアバッグ価格引き下げ、高級仕様のGオルフアを追加した。

98年11月一部変更車種追加ボディ前後デザインを変え、マルチリフレクターヘッドランプを採用インテリアではフロントシート形状変更抗菌部品多用した。安全性上策として、助手席SRSエアバッグABS(ブレーキアシスト付き)などを標準装備。ホンダマルチマチックSにはプロスマテック制御(上り下り坂などの自動変速制御のこと)を取り入れた。スポーティなTSグレード新設し、1.3L・91psエンジン搭載4WD仕様追加した。

2000年4月マイナーチェンジ。新フロントマスクや新シート表皮採用など内外リフレッシュ行った同時に、スポルティック(3/5ドア)というモデル設定した。従来からあるスポーティモデルの発展型ともいえる仕様で、ローダウンスポーティサスペンションを組み込んでいた。

フィットデビュー(2001年6月)で、その使命を終えた。

ロゴ

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

LOGO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 23:49 UTC 版)

カテゴリ / テンプレート


  1. ^ Harvey 1997aHarvey 1997bHarvey 1997c
  2. ^ Logo Foundation
  3. ^ ハワード・ラインゴールド 著、栗田昭平 監訳、青木真美 訳『思考のための道具 異端の天才たちはコンピュータに何を求めたか?』パーソナルメディア株式会社、1988年8月10日、336-341頁。ISBN 4-89362-035-5
  4. ^ Origine du langage LOGO "Les origines du langage LOGO par Wallace Feurzeig"
  5. ^ Cynthia Solomon
  6. ^ Logo Foundation
  7. ^ Logo Programming Language at the Logo Foundation website
  8. ^ The Logo Tree Project
  9. ^ Welcome to LCSI
  10. ^ Berkeley Logo (UCBLogo)
  11. ^ Home - FMSLogo
  12. ^ StarLogo
  13. ^ StarLogo
  14. ^ Elica
  15. ^ Crikets
  16. ^ Object Logo
  17. ^ Logo3D - SourceForge.net
  18. ^ 早過ぎた孤独な予言者 - @IT自分戦略研究所
  19. ^ http://www.h6.dion.ne.jp/~origami/LOGO.html
  20. ^ Boxer
  21. ^ The programming language used in KTurtle is loosely based on Logo.
  22. ^ KTurtle





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「logo」の関連用語

logoのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



logoのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
印刷関係用語集印刷関係用語集
Copyright (C) 2022 K'sBookshelf All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのLOGO (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS