logisticsとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > マネジメント用語 > logisticsの意味・解説 

ロジスティクス

【英】:Logistics

ロジスティクスは、もともと軍隊用語で兵站へいたん)と訳される。

作戦計画に従って兵器兵員確保し、管理し、補給するまでの全ての活動を言う。前線戦闘従事する前方業務に対して後方業務または後方支援呼ばれる業務領域を指す。

ロジスティクスという言葉は、「物流」と同義語的に扱われることも多いが、本来のロジスティクスは、調達から販売消耗部品供給という物流的な側面の他に、設備メンテナンス体制製品ライフサイクル課題にする広範領域業務対象とする。

あえて見方識別すれば、ロジスティクスは、物本来の機能発揮させるための支援着目しているのに対し、物流は、物の移動滞留着目しているとも言える

なお、「物流」という言葉は、Physical Distributionの訳である「物的流通」の省略形が定着したものである。

ロジスティクス

【英】:logistics

軍事用語の「兵站」から派生して経営に用いられるようになった単語で、単なる物流physical distribution)という意味に加えて戦略性を帯びた意味合いを持つ。企業内の従来縦割り経営改革し、購買生産販売物流各部門のデータ全社共有させ、市場動向沿って市場が必要とするものを、必要なだけ、必要な時にしかもローコスト供給していく経営手法である。

【兵站】(へいたん)

Logistics.

軍隊組織戦闘能力維持するために必要な雑務総称
実際に戦闘を行う部隊よりもはるかに巨大部門で、現代では総兵員数の9割以上を占めるほどである。
経済的にも甚大な負担であり、近年では業務一部コストの低いPMC委託するケースも増えている。

実際に行う活動としてはおおむね以下の要素含まれる

部外者の目からはあまり目立たないが、実態としては軍隊中核占める。
戦争決着は敵の兵站を破壊する事によって行われ前線部隊排除するのはその手に過ぎない
実際、ほとんど交戦しないまま兵站不足によって自壊してしまった軍隊歴史上数多ある。

例えば、現代陸軍機械化歩兵1個師団戦闘態勢活動させるには、1日あたり2,000~3,500トン各種物資が必要になる。
その物資後方から毎日欠かさず、しかも不定期機動する前線まで滞りなく送り届けなければならない
また、兵站網そのもの維持するためにも、前線に送る数倍以上の兵站がさらに必要とされる

そして、それらの補給が滞った途端前線部隊撤退死守か、さもなくば降伏かの決断を迫られる事になる
機械化された軍隊が無補給で戦えるのは、長くとも数日程度に過ぎないからだ。

関連輜重 酒保 AFN

「輜重輸卒(しちょう・ゆそつ)が兵隊ならば、蝶々とんぼも鳥のうち」

日本旧軍において、兵士の間で歌われていたざれ歌。
陸海軍を問わず、旧軍には兵站要員一段下に見る風潮があった事を示す傍証といえる
兵科間での軋轢軍隊において珍しいものではないが、多数派である兵站が軽蔑されるのは珍しい。

軍事史研究によれば旧軍作戦用兵段階でも兵站を軽視する傾向強かった。
正面戦力だけは当時列強追随可能な水準にあったものの、それを支える兵站は総じて貧弱であった。
その弱点第二次世界大戦において露呈し、太平洋戦争後半における数々悲惨戦局生み出す原因となった。

とはいえ、これを無能怠慢だと考えるのは必ずしも正しくない。
当時日本には、その正面戦力見合った兵站を維持しうる経済力は備わっていなかった。
また翻って当時国際情勢下で国家の独立を保つには軍拡殊に正面戦力拡充)が急務であり、兵站に見合った軍隊しか持たないのは国家的自殺等しかった。
当時まだ中小国に過ぎなかった日本にとって、兵站軽視より合理的な決断があり得たものかは疑わしい

ただし、こうした決断将兵偏見をもたらし、兵站軽視慣習化・常態化する要因になった可能性否定できないし、そのような決断自体が十分に配慮されていない短絡的判断であった可能性もまた否定できない


ロジスティクス

英語 logistics

マシンパーツ機材などの輸送流通システムのこと。WRCではヨーロッパラウンドを2セットヨーロッパ外のラリー1セット機材カバーするが、F1のようにパッケージ輸送はなく、各チームが独自のアレンジを行う。14か国を転戦するため輸送方法エアコンテナ船陸路など多岐にわたり、確実にラリー実行するためにはロジスティクスが重要となる。ワークスチームでは専門担当員をおき、ロジスティクスを委託するエージェントも2つ程度集約している。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ロジスティクス

読み方ろじすてぃくす
【英】:logistics

概要

経済活動において, 顧客本当に要求するものを, 要求する量だけ, 要求するときに, 要求する場所へ供給するための諸活動をロジスティクスと呼ぶ. 効果的なロジスティクスを実現するためには, 個々物流業務の改善だけではなく, 調達, 生産, 物流, 販売などからなるシステム全体トータル捉え最適化が必要となる. もともとは軍事用語の「兵站」に対応し, 物資兵員供給などの後方支援を意味していた.

詳説

 経済活動では, 生産者から消費者製品サービスなどの商品供給することでさまざまな価値が生み出される. これを生産者立場からではなく, 顧客である消費者の側に立って考えると, 顧客本当に要求する商品を, 要求する量だけ, 要求する時に, 要求する場所まで供給することが重要であり, そのための諸活動をビジネスロジスティクス, または単にロジスティクスと呼んでいる.

 ロジスティクスとは, もともと兵站とか後方支援を意味する軍事用語であり, 戦地での物資兵員調達, 輸送, 管理トータル戦略もとづいて行うことを意味していた. この概念が, 企業活動の中で特に物流(physical distribution)の分野転用され, 現在では生産販売も含む概念拡張されて用いられるようになったのである. つまり, ロジスティクスとは, 「顧客要求適合することを目的として, 調達生産・物流・販売効率的総合的におこなうこと」ということもできる.

ロジスティクスを進める上で本質的な要因として, そもそも生産者消費者には, 空間的なギャップ, 時間的ギャップ, 社会的ギャップ3種類のギャップがある点が指摘できる.

さらに商品は, より消費者近づくにつれて個別品揃え要求されるのに対し, 生産者側では大量一括処理が効率の点から適しているという要因指摘することができる.


図1:ロジスティクス全体の流れ

図1:ロジスティクス全体流れ


これらの要因克服するために, 一般的には図1に示すような卸や小売りといった流通業者存在し, さらに物流業者も加わって物の流れ情報流れ媒介する機能担っている.

 近年, ロジスティクスが注目されるようになった背景には, 顧客要求がますます多様化し, より多頻度で多品種少量注文に対して最短リードタイム対処できることが求められるようになった点があげられる. そして, 発注方法, 納品方法についてもさまざまな要求に対応できなければならない. さらに, 公害交通渋滞など地域環境問題対す配慮も重要であり, このような点をすべて満足するような製品供給のしくみを, できるだけ低コスト実現なくてはならないのである. この問題対処するためには, 輸送, 保管, 流通加工, 包装, 荷役, 物流情報といった物流に関する基本機能部分的改善するアプローチでは限界があることは明らかであり, 部品資材メーカーから最終消費者に至るサプライチェーン全体物の流れ情報流れ最適化が必要となる.

 ロジスティクス全体最適化実現するためには, 今まで企業個々にもっていた物流システムおよび情報システム企業垣根を越えて統合し, それぞれのケースに応じて再構成することが求められている. 例えば, 物流統合化として, 配送先同一とするいくつかの企業グループ形成し, パレット共通化, 規格化などを経て, 共同配送, 共同輸送実現効果をあげている例が報告されている. また, メーカー流通機能取り込むケースやその逆のケースなど, 垂直的な統合も進められている. さらに, サードパーティー・ロジスティクス呼ばれる, 第三者主体的かつ総合的にロジスティクスを進めるケース見られる. そして, これらの物流システム統合化とあわせて, ロジスティクスを構成する企業間の情報システム統合進んでおり, VAN(付加価値通信網)を用いた共同受発注システムや, 小売店メーカー直結したCRP(連続充填プログラム), そしてインターネット利用したダイレクトマーケティングなど, 平的または垂直的なシステム統合再構成が現在盛んに行われている.




参考文献

[1] 阿保栄司, 『ロジスティクス革新戦略』, 日刊工業新聞社, 1993.

[2] 圓川隆夫, 『トータル・ロジスティクス -生販物統合化のキーポイントー』, 工業調査会, 1995.

[3] 苦瀬博仁, 『付加価値創造のロジスティクス』, 税務経理協会, 1999.

[4] 富士通ロジスティクスソリューションチーム編, 『先端事例に学ぶロジスティクスが会社変える』, 白桃書房, 1999.


ロジスティックス

【英】:logistics

ロジスティックスとは、もともと「兵站(へいたん):戦闘部隊後方にあって、人員兵器食料などの前送・補給にあたりまた、後方連絡線確保にあたる活動機能大辞林)」を表す軍事用語であり、経済において原材料調達から生産販売に至るまでの物流企業合理化するための手段をいう。「材料調達から, 生産最終ユーザーへの製品配達廃棄回収までのトータルなものの流れを扱う活動」と定義される。
国際保健分野では医薬品医療機材試薬等の消耗品におけるロジスティックスが問題であり、拡大予防接種計画におけるワクチンコールドチェーンcold chain整備ロジスティクスの1例である。ロジスティックスには施設配置需要予測生産計画調達輸送倉庫・保管在庫管理など多く過程が関係しており、また、中央レベルから地方、コミュニティレベルまで広範囲でかつ、多く施設・機関が関係するため、その整備改善容易ではないが、ロジスティックスの改善病院ヘルスセンター等の医療施設パフォーマンス直接、関係し、その医療サービスの質の改善深く結びついている。(三好知明)

参考資料:
高橋輝男 他,「ロジスティクス---理論実践」,白桃書房1997
JICAラオス事務所ホームページ保健ロジスティックス強化プロジェクト
http://www.jica.go.jp/laos/japan/activities/logist...

物流

(logistics から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/06 08:26 UTC 版)

物流(ぶつりゅう、英語: Logistics)とは、生産物生産者から消費者へ引き渡す(空間および時間を克服する)ことである。物的流通(ぶってきりゅうつう、PD: Physical Distribution)の略。






「物流」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「logistics」の関連用語

logisticsのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



logisticsのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.
日通総合研究所日通総合研究所
Copyright (c)2019 Nittsu Research Institute and Consulting,lnc.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2019 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
日本国際保健医療学会日本国際保健医療学会
Copyright (C) by Japan Association for International Health. All rights reserved,2019.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの物流 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS