検収とは?

検収

読み方:けんしゅう

検収とは、商取引において、納品された品物発注した通り数量あるいは仕様間違いないことを確かめその上で品物受け取ることである。

検収の行程では、品物種類個数瑕疵有無などが確認される。文章イラストソフトウェアどのように実体のない生産物も、仕様通りかどうか確認するために検収が行われる。

一般的に、検収が完了した時点で、品物を正式に受け取ったものとして扱われる(「請求」の対象となる)。検収の行程の中で品物瑕疵不備見つかった場合納品者(受注した側)のミスみなされるが、検収が完了した後に瑕疵問題があると発覚した場合は検収者(発注した側)のミスみなされる

検収の「検」の字には「調べる」という字義がある。検査検索検証検討、といった語で用いられている。ちなみに常用外の読み方で「あらためる(検める)」という訓読みがある。検収の「収」は「手に入れる」「結果を得る」という意味の字である。

「検収」と似た言葉に「検品」が挙げられる。「検品」も「製品をよく確かめる」という意味で用いられるが、「検収」とは異なり品物受け取る」という意味合いが含まれない。また、品質確認する」という意味合いを含む場合が多い。

けん‐しゅう〔‐シウ〕【検収】

[名](スル)納入品が発注どおりか検査して受け取ること。品物種類数量破損有無機器動作確認などを行って品物引き取ること。また、コンピューターシステム開発外注したときに、納品されたシステム検証すること。「検収書


けん‐しゅう ‥シウ 【検収】

〔名〕 品物が、注文どおりか、規格に合っているかを調べ受け取ること。


検収

読み方けんしゅう

検収とは、納入品が発注者側の注文した仕様どおりにであるか否か検査することである。

通常受注者から納品された品は、数量システム動作などの事項について、発注者側で確認が行われる。仕様問題がないことが確認されるか、あるいは、問題があった場合には修正作業完了した時点で、納入品が支払い対象となる。一般的には、検収の完了した後に瑕疵見つかった場合は、発注者側のミスとなり、追加費用なしで修正させることはできないような内容契約が交わされていることが多い。


検収

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 01:35 UTC 版)

名詞

検 収けんしゅう

  1. 納入品の種類数量点検して受け取ること。

発音

け↗んしゅー

動詞

活用

サ行変格活用
検収-する



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「検収」の関連用語

検収のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



検収のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ検収の記事を利用しております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの検収 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS