医療人類学とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 学問 > 学問 > 医療人類学の意味・解説 

医療人類学

【英】:Medical Anthropology

医療人類学は一般的には「病気とは何か、それはどのような状態を指し、また何が原因病気になったのかについて人々考え方である疾病観念病気になったと人びとが考えた時病人周囲人々がとる対処方法、およびその知識特定の治療行為をすることを認めたり新たな治療者を養成する制度、またのはその治療法社会承認したり伝承したりする制度疾病観念治療方法直接結びつく身体観念など広範なものを研究対象とする。そして研究分析方法論には文化人類学方法論を用いる」学問と定義することができる。しかし、医療人類学の発達様々な学問的実践的領域理論方法論影響を受けてきており上記の定義を中核しながら理論方法論的幅は広い。その中でも、現在、特に国際医療保健の中でその理論方法論とにおいて重要な貢献をしている医療人類学の主なアプローチとして以下の3つが挙げられるであろう

1)生態人類学Ecological Anthropology):自然人類学流れをくみ、健康は環境への適応尺度であるという基本理念
2)民族誌医療研究(Ethnomedicine):病の象徴性、伝統的医療知識疾病観念身体観念がどう受診行動影響与えるかなどを研究し、病の文化的説明モデル」を構築
3)批判的医療人類学(Critical Medical Anthropology):個人地域社会、国レベルの健康は政治経済要因によって規定されるという立場から健康、疾病問題分析。(松山章子

参考資料:「医療人類学入門波平恵美子朝日選書4911994年

医療人類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/24 18:16 UTC 版)

医療人類学(いりょうじんるいがく、英語: medical anthropology)とは、病気健康保健)に関する人類学研究分野のことである。 当初は医学史医療医学の哲学領域から、考古・歴史上の過去の事象や、非西洋の同時代の異文化異民族の事象を検討することを通して、西洋近代医療概念を相対化するために、この学問領域が登場してきた。したがって医療・医学の研究から人類学の方法論や概念を身につけて研究した人たちと、人類学の分野から医療すなわち病気・健康・保健を対象とする学問を研究する人たちの2つに大別することができた。やがて人類学研究の細分化が加速し医療人類学の専門を名乗る人たちが出てきて、専門学会や研究会を組織し、学術雑誌を出すようになり、今日のような研究領域ができあがった。


  1. ^ Alexander Alland『文化と医療 : 医療人類学入門』欠田早苗訳、医歯薬出版、1973年。


「医療人類学」の続きの解説一覧




医療人類学と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「医療人類学」の関連用語

医療人類学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



医療人類学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本国際保健医療学会日本国際保健医療学会
Copyright (C) by Japan Association for International Health. All rights reserved,2021.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの医療人類学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS