運命愛とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 人生 > 運命 > 運命愛の意味・解説 

うん めいあい [3] 【運命愛】 〔ラテン amor fati〕


運命愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/01/14 07:03 UTC 版)

運命愛(うんめいあい)とは、フリードリヒ・ニーチェによって提唱された哲学用語永劫回帰の法則を受け入れるとともに、この世のあるがままの運命を受け入れ、そしてそれを愛するということ。この場合にはこの世に存在するすべてのものは必然的に存在しているということになる。人生において存在する物事とは好ましいものだけでなく、暗黒面とされるような恐ろしいもの邪悪なもの不気味なものも数多く存在しており、さらにそれらから生じるような苦痛というものも数多く存在する。これらのようなものに対して耐えるのみにとどまらず、これらを望ましいものとして愛するべきということであり、これらを単なる暗黒面として捉えるならばそれはニヒリズムに留まっているに過ぎない状態というわけであり、暗黒面とされていたようなものでさえも愛することができるようになりニヒリズムとなっていた状態を超えられたときこそが運命愛に至れた状態というわけである。




「運命愛」の続きの解説一覧





運命愛と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「運命愛」の関連用語

運命愛のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

杉本明洋

セミフラットプラン

STS-26

大きさの異なる箱を重ねるときの包み方

アレクサンダー

96式装輪装甲車

つづら棚田

ゴホンツノカブト





運命愛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの運命愛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS