ビーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 音楽 > ビーの意味・解説 

ビー【B/b】

英語のアルファベットの第2字。

順序段階等級などの2番目。第2位

〈B〉物の表裏ABで表す場合の裏。「テープB面

音楽で、音名の一。ロ音

〈B〉《basementビルなどの地階を表す略号

black鉛筆硬度黒さ)を表す記号の一。「2B」→H →F

〈B〉《boron硼素(ほうそ)の元素記号

ABO式血液型B型

〈B〉紙の規格寸法B判。→A

10 〈B〉《bustバストを表す記号

11 〈B〉インフルエンザウイルスの型。

12 〈B〉俗にペッティングのこと。Aをキス、Cをセックスとして、その間段階ということから。


ビー【bee】


ビー

〔名〕 (英 B, b)

① 英語のアルファベット第二字。

② 転じて、連続するものの二番目表わす記号また、成績評価では、Aに次ぐ段階のものを表わす。「ビー‐クラス

(b) 数学で、aに次ぐ第二既知数表わす記号

(B) 化学で、硼素(ほうそ)の元素記号

(5) (B) (英 black頭文字鉛筆のかたさ(黒さ)を表わす記号B・2B3B と数が増すほど軟かく、黒く書ける。

(6) (B) ビタミンB1以下の複合体

(7) (B) ABO式血液型一つB型

(8) (B) 紙の大きさ規格一つB判

(9) 音楽で、ロ音ロ調記号

(10) (B) (「B面」の略) 物の表裏ABで示す際の裏側レコード裏側の面など。

古川ロッパ日記昭和九年(1934)一二二八日「一枚すんで、二枚目のAだけやったが、Bの案無く、又一月吹込むことにした」

(11) (B) (英 bust頭文字) 「ウエスト(W)」「ヒップ(H)に対して胸回り表わすバスト略号

(12) (B) 機関車記号で、動輪軸数が二軸の機関車を示す。

(13) (B) (英 bomber頭文字爆撃機

(14) (英 beauty頭文字美人をいう学生仲間隠語。〔舶来便覧(1912)〕


.b

読み方:ビー

.bとは、1970年開発されたプログラミング言語である B言語ソースファイルに付く拡張子のことである。


ビー

作者半村良

収載図書となりの宇宙人
出版社河出書房新社
刊行年月2007.10
シリーズ名河出文庫


ビー

名前 BieBeeBeahBeecherBi

ビー

読み方:びー

  1. 遊女
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 02:18 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

ビー

関連項目





ビーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ビー」に関係したコラム

  • 株式売買を行う日本国内の証券会社の一覧

    個人投資家が株式投資を行う場合、証券会社を通じて株式売買を行うのが一般的です。証券会社は、株式などの有価証券の売買をはじめ、店頭デリバティブ取引や有価証券の管理を主な業務としています。日本国内の証券会...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ビー」の関連用語

ビーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ビーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.bの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS